ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


会津湯巡り(西山・宮下・玉梨・八町・湯倉) 2016年3月12日~13日

会津湯巡り(西山・宮下・玉梨・八町・湯倉) 2016年3月12日~13日

P3120414

お昼前に我が家を出発。一番のお気に入りのラーメン屋で昼食とします。福島県三春町の「村田や」。

 

P3120412

いつもはワンタンメンを頼むのだけれど、1年以上ぶりなので思い切ってチャーシューワンタンメンを食べることにします。普通のワンタンメンには右側4枚の豚バラチャーシューが付きません。久しぶりなので思わず贅沢してしまいました。出費は1050円、まあ、たまには良いでしょう。味の方は、相変わらず最高級でした。

 

この日は、磐梯熱海温泉の大型日帰り入浴施設「ゆらっくす熱海」に寄ったあと、喜多方市の道の駅「喜多の郷」に宿泊しました。翌日、高曽根山へ登る予定でいましたが腰が重たいような感覚が取れないので山スキーは中止することにしました。自分の体は自分が一番よくわかります。腰がこんな状態のときに無理すると更に悪化してぎっくり腰になってしまいます。原因は過去数回の山スキーにあります。悪雪での滑走が腰に負担を掛けていたのだと思います。そういうことなので、無理をせず、今日は温泉巡りに予定を変更することにしました。

 

P3130086

会津の流れる只見川近辺には極上の温泉がそろっています。まず一湯目は西山温泉へ。

 

P3120419

西山温泉といえば、神の湯で有名な老神温泉旅館へ行くことが多かったのですが、今日は前から気になっていた「下の湯」へ行ってみることにしました。

 

P3130090 (2)

看板も出ていなくてわかりにくいです。建物には「下の湯」ではなく、家の表札が出ているのみ。ちょっと入るのに勇気が要りましたが、入浴したいというと快く受け入れていただけました。木のお風呂が心地よい湯船に硫黄臭のあるとろりとした湯が注がれています。いつまでも入っていたくなるような湯でした。泉質はナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉で入浴料金は400円。これくらいお湯が良いと、泊まってみたいと思いますね。

 

P3130098

いくら西山温泉が良いとっても、今日は湯めぐりの日。他の温泉も入らなければと次に向かったのは宮下温泉。「まっとうな温泉」という温泉本の提示で無料入浴できるので「栄光館」という旅館へ行ってみました。

 

P3130094

宮下温泉は初めての入浴でしたが、ここも西山温泉に負けないくらい良い湯でした。西山のように硫黄臭はありませんが、カルシウム?のような析出物が湯船にくっついていました。タイルが茶色に変色していたので鉄分も含まれているのでしょう。泉質は、ナトリウム―塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉です。

 

P3130443

更に只見川をさかのぼり、会津川口から国道400号を昭和村方面へ数キロ行くと玉梨・八町温泉があります。まずは、玉梨温泉共同浴場から入ることにします。

 

P3130436

西山・宮下と明らかに違うのは鉄分の香りが多いこと、そして、シュワシュワ感があるのは温泉に炭酸がふくまれてるから?でしょうか。素人なので良くわかりませんが、湯に浸かっているとさわやかな感覚を味わえました。

 

P3130438

泉質は、ナトリウム―炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉です。温泉分析表で炭酸水素塩の文字が最初に来ているのがシュワシュワ感の正体でしょうか?入浴料は200円。

 

P3130445

玉梨温泉の川の対岸には八町温泉の共同浴場があります。

 

P3130454

こちらは、玉梨温泉と八町温泉のブレンド湯のはずでしたが、今日は片方から湯が出ていません。私はどっちのパイプがどっちの温泉なのかわかりません。今日の湯は玉梨オンリーなのか、八町オンリーなのか?泉質は、ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉でした。ここは、共同湯ながら湯船が広く開放感もあるので、長湯したくなる雰囲気ですね。

 

P3130456協力金の200円はこちらの箱に入れましょう。

 

P3130459

会津を旅行したり、釣りして回ったりで一番困るのが昼飯問題です。どこの食堂も全体的に高いのですね。都会ならかつ丼が600円くらいで食べられるのに、田舎の会津では1,5倍の900円とかするわけです。高いからと言ってコンビニ弁当やカップ麺で済まそうかと思っても、コンビニそのものがないわけです。キャンプ道具はそろってるので自炊してもいいんですけど、久しぶりにおふくろ食堂に入ってにることにしました。

 

P3130460

昨日贅沢しちゃったので、メニューで一番安い500円のラーメンにしました。量はちょっと少な目かな。

 

P3130462

最後の締めくくりは湯倉温泉共同浴場へ。いつの間にかリニューアルしていました。きれいになりすぎてびっくり。お客さんもたの共同湯に比べると多いようです。値段は変わらずの200円。畳の共有スペースも健在なので、読書でもしながら何度も温泉に入ったり出たりという過ごし方もできます。泉質は、ナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉。リニューアルして喜ぶべきなのでしょうが、私は昔の湯小屋のような風情のほうが好きでした。

今日は会津の5つの温泉を巡りました。正直、今日の1番只見良かった温泉は西山温泉「下の湯」でしたね、最高でした。只見川沿いにはこの他にもまだ柳津、早川、大塩、小栗山、滝沢など魅力的な温泉地がたくさんあります。県内に住んでいてもなかなかすべてを回り切れていません。今年からうつくしま(福島)100名山を登りながら周辺の温泉巡りもする予定でいます。また、近いうちに只見川沿いの温泉地へ来てみたいと思います。

 

今回立ち寄った温泉、食堂など。

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    家の表札が出てて温泉???個人で楽しむために作ったのでしょうか?

    • けんいち より:

      もともとは旅館、または湯治宿だったのだと思いますが、高齢化で規模縮小しながら営業を続けているかも?

      真相はわかりませんが。

  • 黒滝英樹 より:

    温泉もさながら、ラーメンの図も垂涎ものですね♪次の長旅まで、
    お仕事頑張って下さい。

    • けんいち より:

      福島の温泉もなかなか良いですよ。今度いらしてみてください。

      あちこち行きましたが、やっぱり東南アジアが一番落ち着くというか、快適で面白おかしく旅行できるような気がします。老後はアジアを中心に旅したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です