ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


パラグアイのエンカルナシオンへ 2016年1月16日~18日

パラグアイのエンカルナシオンへ 2016年1月16日~18日

2016年1月16日

 

P1161219

ホテルは朝食付きでしたが、アルゼンチンの朝食は甘い菓子パンとコーヒーというパターン。日本人には今一つピンと来ないメニューであります。8時半ころ出発してひたすら14号線を北上します。土曜日のためか家族連れが多く、ガソリンスタンドが混んでいました。日中は暑さとの戦いです。天気予報でも連日37度の表示が出ています。町と町の間もかなり離れていて昼食も食べはぐれてしまいました。

 

P1161221

夕方、サント・トメという町でホテルを探すものの2軒立て続けに満室で断られました。先へ進んでビラソロの郊外でキャンプすることにします。どうせ、雨など降らない毎日が灼熱地獄。テントのフライシートも張らずに夕暮れを迎えました。シャワーも浴びれず汗だくで気持ち悪いですが、夜はホタルが舞っていて、テントの回りがキラキラ光っていたのには感動しました。

 

今日の走行距離681キロ、合計73341キロ。

 

 

2016年1月17日

 

P1171222

7時前には出発。パラグアイとの国境の町ポサダスへ向かいます。今日はパラグアイのエンカルナシオンまで行き、明日月曜日にブラジル領事館でビザの申請をするつもりです。バイクの旅はパラグアイで終えるつもりですが、南米最後はブラジルサンパウロから飛行機で飛ぶつもりなので、ブラジルビザが必要なのです。

 

P1171223

アルゼンチン側国境施設で、アルゼンチン出国スタンプとパラグアイ入国スタンプをパスパートに押してもらい、アルゼンチンのペルミソを返却。その後、橋を渡ってパラグアイ側へ行くと、イミグレで再び車両のチェックがありパスポートとバイクの登録証を提示。パソコンに打ち込んでいました。どうやら、車両で入国する場合は最初のイミグレには行く必要はなかったみたいです。そのまま流れに乗って行くと、税関も寄らずにパラグアイへ入国してしまいました。したがって、ペルミソは作っていません。

 

P1171224

ブラジル領事館からも近い安宿に落ち着きました。1泊50000グアラニー(1000円)と安いのは良いですが、つながると言っていたwifiはつながらず。

 

P1171226

物価の安いパラグアイへ来たので、アルゼンチンでは我慢していた外食も余裕でできちゃいます。3種類の焼肉セットにサラダ、パン、マンジョッカ芋で20000グアラニー(400円)。ビールが1リットル12000グアラニー(240円)。お昼から豪勢にやってしまいましょう。日中は37度もあるので町を散策することもできませんので昼寝することにします。

 

P1171229

夕方になってやっと外を歩けるような気温になってきました。

 

今日の走行距離117キロ、合計73458キロ。

 

 

2016年1月18日

 

P1181230

朝8時から早速ブラジルビザの申請に向かいます。必要なものは、事前にブラジル大使館ホームページのビザ申請フォームに必要事項を記載してプリントアウトした書類に顔写真を貼ったもの、それとクレジットカードのみです。行くとすぐに受理され、同日11時に発行さ言われました。

 

P1181235

11時まで時間があるので、30キロほど離れたトリニダー遺跡へ向かうことにしました。映画「ザ・ミッション」はイグアスの滝上部のグアラニー族に宣教活動をした記録を元に作られたそうです(私はまだ観たことはないのですが)。その、宣教の拠点となった教会やグアラニー族の住居が世界遺産となっています。1700年代に建てられたので、遺跡というにはまだ新しいですが、細かな模様も残っていてなかなか見ごたえがありました。ただ、炎天下なので、歩いて回るのはちょっと辛かったです。

領事館へ行って見ると、90日マルチプルエントリーのブラジルビザが発行されていました。値段は162500グアラニー(28ドル)です。

これから次の目的地イグアスの滝へ向かうこともできますが、もう暑い時間になって来たし、昨日インターネットにつなげなかったので今日はエンカルナシオンの別の宿でもう1泊して、明日朝早く涼しい内にスタートすることにしました。

 

 

P1181242

今日はwifiのつながる宿へ引っ越し。1泊80000グアラニー(1600円)。ブエノスで会った日本人ライダー松江さんもたまたまエンカルナシオンへ来ていることがSNSでわかり一緒に夕食を食べました。松江さんも同じ国境を越えてパラグアイへ入国しましたが、自ら税関に出向いてペルミソを作ってもらったそうです。ペルミソを作っても、作らなくてもバイクで入国できちゃうあたり、パラグアイ、かなり好感が持てます。明日は私はアルゼンチンへ戻りますが、たぶん、出るときも問題ないでしょう。松江さんは、パラグアイを縦断してブラジルへ向かうそうです。互い今後の旅の安全を願って別れました。

 

今日の走行距離70キロ、合計73528キロ。

 

パラグアイ2

エンカルナシオンまでのルート。

 

 

アルゼンチンデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 935キロ
滞在日数 2日
通貨 1ペソ=8円
使ったお金 79ドル (一日平均40ドル)

宿 ホテル1泊400ペソ(3200円)

 

 

« »

コメント

  • Masa より:

    けんいちさん、お疲れさまです!
    やっぱり、パラグアイでのブラジルビザ取得が一番簡単なのですかね?
    私たちは、クルマでパラグアイに入れない可能性があるので、どうするか悩み中です。

    • けんいち より:

      無事に、車を通関されたのでしょうか。

      パラグアイも入れないかもしれないのですか?制約があるんですね。

      ブラジルビザはパラグアイのエンカルナシオンが取りやすいようですが、国境の町なので、アルゼンチンに車を停めて、人間だけパラグアイに入国してビザを取る方法もあると思いますよ。

      • Masa より:

        けんいちさん、本日漸く南米ドライブがスタート出来ました。

        結局、コンテナには5600ドルもかかりましたが。。。

        エンカルナシオン、人間だけ行くってのもありですね!
        ビザさえ取れれば、いいですものね。

        アドバイス、ありがとうございます!

  • メガラッキー より:

    蛍ですか?!大自然ですねぇ。羨ましいです。でも、かなり暑そうなので。。。物価が安いのはとてもありがたいですね。美味しいものいっぱい食べてください(*^^)

    • けんいち より:

      久しぶりにホタルを見て福島が懐かしくなりました。

      気温は相当なものです、37℃くらいになっています。午前中は動けますが、午後はもう日陰でダウンするしかないです。

      パラグアイに入って物価が安いのでほっとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です