ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


トーレス・デル・パイネ 2015年12月8日~10日

トーレス・デル・パイネ 2015年12月8日~10日

2015年12月8日

 

PC082905

一応、青空も見えるので意気込んでパイネへ向かったのですが、物凄い強風であります。どのくらい風が強いかというと、なかなか言葉で表現するのは私には難しいのですが、山登りをする人なら悪天時稜線で突風に耐えているときぐらいと言えばわかっていただけるでしょうか。バイクは横風に合うと車体を傾けていないとまっすぐ進みません。いつの間にか反対車線まで流されそうになります。駐車するときは、サイドスタンドを風下側にしないといけません。そんなわけで、今日は引き返そうかと思っていたところ、ドカーンと遠くにまさに、塔のような3本の峰が見えました。パイネには色々見どころがあるようですが、私が一番見たかったのはこの3本の切り立った岩山です。明日明後日、天気が回復する保証はありません。何せ、ここは悪天候で有名なパタゴニアです。この景色が見れただけで満足としよう、リベンジは無しだ、と決断するのですが、どうせなら、もう少しだけ。もう少しだけ、近づいてあの山をもっと近くで見たいと思いつつ、取りつかれたように進んでしまうのでした。

トーレス・デル・パイネ国立公園。世界中から山好きが集まって来る聖地のようなところであります。3つの切り立った岩山が象徴的なので私はトーレスはトレス、スペイン語で3の意味かと思っていたんですが、トーレスとは塔の意味だそうです。塔のように切り立った山がこの山域に多いから名付けられたようです。

 

PC080925

しばらく進むと、グアナコが群れていました。パタゴニアではこれまでも良く見てきた動物ですが、とにかく憶病でなかなか写真に撮れないでいました。リャマの仲間だそうです。

 

PC082911

強風の中、もう少し、もう少しと進んで行きます。

 

PC082934

もうこれ以上進むのはやめにします。天気は安定せず、この先は霧ももっと濃いようなので、パイネの角やグレイ湖の氷河などは行っても見れないかもしれません。何より、バイクを運転するような風の状態ではないので危険もあります。ここでゆっくりとサンドイッチの昼食を取りながら、3本の塔を眺め、自分のパイネを見納めることにします。

 

PC082946

寒い中、1時間この景色には見入っていたと思いますが、これ以上天気の回復は見込めません。撤退することにします。

 

PC080936

昨日と同じ、フィゲロア湖付近の野営地に戻りました。夕食はツナ玉丼。鶏肉の代わりにツナ缶を使って親子丼のようにする私の得意のキャンプメニューです。それと、アボガドはワサビ醤油で白ワインのつまみにしました。

 

PC080937

キャンプのお供は短波ラジオの日本語放送とケーナです。

 

今日の走行距離171キロ、合計67227キロ。

 

 

2015年12月9日

 

PC090938

とうとう来てしまいました。雨です。11月28日にカッパを失くして以降、2週間近くも雨に合わなかったのはむしろラッキーだったと思います。テントで降られた雨は出発がどうしてもおっくうになります。せめて雨がやんでから出発したいと思うし、びっしょり濡れたテントをたたんでパッキングするのも嫌なので、テントが乾いてから出発したいな、などと思っていると憂鬱になりもう一泊するか、という気分になってしまいます。今日も、お昼頃には雨はやんだのですが、相変わらずの強風が吹き荒れています。昨日より天気の状況は悪いです。幸い、食料と水はあるので停滞することにしました。

 

PC090939

今日は一日、サンテグジュペリの人間の土地を読んで過ごしました。一度読んでしまったものでも、持っていると、こういう時に役に立ちます。

 

 

2015年12月10日

 

PC100945

昨日の雨は、山では雪だったようです。今日も強風が吹いていますが、3泊もしてしまったフィゲロア湖にも、これ以上滞在するわけにはいきません。水も食料も調達しなければならないし、キャンプも5泊続いたので今日はシャワーを浴びたい気分です。天気にもよりますが、300キロ先にあるプンタ・アレーナスというパタゴニア最大と言っても人口13万人ですが、その町を目指してホテルに泊まろうと思います。

 

PC100949

晴れたり、曇ったり、天気は目まぐるしく変わりますが、西からの強風がおさまる様子はありません。高い木々もなく、隠れることのできる場所も見つからない大平原が続きます。もう随分南へ下って地球の極へ近づいて来ました。天候も風土も厳しさを増す一方です。整備されたキャンプ場があれば良いのですが、それもありません。そろそろ野宿地探しはあきらめなければならないところまで来たのかもしれません。

 

PC100947

樹木が常にさらされる強風のため、こんなふうに成長していました。

 

PC100957

パタゴニア最大の都市、プンタ・アレーナスに到着。椎名誠氏も泊まったという安宿、ホテル・モンテカルロに宿泊。安宿とはいっても1泊トイレ・シャワー別のシングルで16000ペソ(2700円)します。外観が黄色で一軒綺麗に見えますが、ペルーなら1泊1000円くらいのレベルの宿です。バイクは日中は路駐、夜は宿に入れてもらえることになりました。

 

 

パタゴニア10

プンタ・アーナスまでのルート。

 

今日の走行距離310キロ、合計67537キロ。

 

 

 
 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

« »

コメント

  • kamomosi より:

    カッパまだ手に入っていなかったのですね。風と雨のダブルパンチではたまったものではないですね。大きな町にいる間に手に入ることを祈っています。
    キャンプを諦めざるを得ない風なんて経験したこともありません。僕のテントもアメリカで竜巻(レンジャーは違うといっていましたがあれは竜巻です)で少しポールが曲がってしまったので心配です。でも読んでいるだけでワクワクしてくる記事、参考になります。短波ラジオが旅情を誘いますねー

    • けんいち より:

      この日の強風はすさまじかったです。自分が今まで経験した中で1番だと思います。

      晴れればパイネ国立公園はもっときれいなところいっぱいあったのでしょうが、仕方がないですね。

      かももしさんが来る時は良い天気だと良いですね。

  • DJEBEL66 より:

    いよいよフェゴ島上陸、そしてウシュアイアですネ。

    これからは益々風が強くなり、速度もガックンと落とされます。ガソリンスタンドも要注意です。

    上野山荘で、ゆっくり休めますように!
    南極クルーズはどうされるのですか? 

    *担当者に依るようですが、
    マゼラン海峡の渡船でお金を払おうとしたら、バイカーはいらないよ! と往復とも言われました。

    • けんいち より:

      いつの間にか、60から66になってますね。

      上野山荘は残念ながら今休業中のようです。
      南極は行かないことにしました。

      マゼラン海峡ですが、行はプンタアレーナスからポルベニールまで乗ったので1900円ほどかかりましたが、帰りは一番海峡の狭いところのフェリーを使いました、こっちは無料でした。

  • Masa より:

    もうすぐウシュアイアなんですね!
    私たちは、ニカラグアからクルマをエクアドルに送って、受け取るまで二か月近く時間があるので、イースター島に行ってきました。
    今は、サンティアゴにいて、11年ぶりに友達にあったりして楽しんでいます。
    これからどこに行くかをまだ考えていないので、ブログ参考にさせて頂きますね!

    • けんいち より:

      まさか、コスタリカへ入れないとはね、何が起こるかわからないものです。ニカラグアからエクアドルまで2か月もかかるのですか。なかなか大変そうですね。

      アンデスはこれから雨季になってしまいますね。コース取りを良くお考えになって南米自動車旅行を楽しんでくださいね。

  • 大矢 より:

    いつも会社帰りに楽しみに読んでいる 刀乗りの48歳 
    大矢と申します
    普段は1年に2度ある リフレッシュ休暇(9日間)で世界を周ってますが 定年を迎えたら 世界一周を考えております
    いろいろ参考になる事が多く 毎日更新されるのが楽しみです

    • けんいち より:

      大矢さん、はじめまして。
      このブログを楽しみにしているとのこと、ありがとうございます。

      年に2回も9連休があるなんて素晴らしい職場なんですね。
      このブログが旅の参考になれば幸いです。

  • メガラッキー より:

    3本の塔すごいですね。最初に見た人、きっと驚いたと思います。でも、この強風の中で動物たちはどうやってすごしているのでしょうねぇ。今回の旅で新しいケーナは購入できたのでしたっけ?

    • けんいち より:

      切り立った岩山、凄いですよね。
      天気は悪かったけど、見れて良かったです。

      動物は強風でも大丈夫なんじゃないでしょうか。
      やっぱり、辛いなぁとか思うのかな。

      ケーナはボリビアのラパスで買いましたよ。でも、こう風が強くては音が出ません。

  • なかなか辛いよね、パタゴニアの風は。

    • けんいち より:

      そうですね。これほど強い風が常に吹いているところは初めてでした。

      あんまり辛いので、余裕が持てずウシュアイア到達の後はすぐ北上しましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です