ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


サンペドロ・デ・アタカマでバイクトラブル 2015年10月22日~26日

サンペドロ・デ・アタカマでバイクトラブル 2015年10月22日~26日

PA222365

サンペドロ・デ・アタカマの教会です。なかなかオシャレ。さすがチリという感じです。

 

バイクの方ですが、この町で急にアクセルを開けていてもストンとエンジンストップするようになってしまいました。この町は観光地なんですが、とても小さな町でバイク屋は1軒もありません。車の修理屋を訪ねたところ、一生懸命見てもらえました。プラグを磨いても症状変わらず、どうも、エンジンは調子良さそうだし燃料が行かないのが原因ではないかということで、燃料ポンプが故障したんじゃないかとのこと。

その日試運転をしてみると、全くエンジンストップの症状が無くなり、直ったと思ったのですが翌日乗ってみると再びエンジンストップの症状が出てしまいました。やはり、原因は素人の私が想像したようなガソリンの質などではなかったようです。思い返せば、このような状況がペルーのウルバンバへ向かう途中、1度ありました。あの頃から症状は出なかったものの、燃料ポンプは本調子ではなかったのかもしれません。

だましだまし、100キロ先のバイク屋のあるカマラという町まで行って見てもらおうか迷いましたが、チリ・ヤマハのホームページを見てやめました。販売されているバイクのラインナップが他の中南米と違うんですね。XT250かXTZ250が販売されてればパーツもチリ国内で手に入りやすいと思ったのですが当てが外れました。先進国なのでテネレ1200など大型バイクは販売されてるんですがね。もちろん私のバイクの燃料ポンプと共通パーツがチリで販売されているヤマハのバイクのどれかに使われている可能性はありますが、日本に頼んだほうが確実だと判断しました。

妻に聞くと、鹿児島で写真展があるなどの都合で迅速に手配できないということで、いつもお世話になっているペンション「ひみつ基地」にお願いすることにしました。元バイク屋さんなので、バイクが調子の悪い時相談にのってもらったり、今回のようにパーツを送ってもらったりお世話になっています。本当にありがたいことです。

 

 

PA222366

サンペドロ・デ・アタカマの町並みです。

 

ペルーの時が日本から送ってもらって7日で到着しました。ペルーは日本と直行便で結ばれているのに対し、チリは直行便がない事、前回は首都に送ってもらったけど今回は国の北外れの田舎町な事、でも、ペルーより仕事が早そうな事など考えてみると、予想は日本から10日前後で到着、かな。で、宿と交渉してあと2週間滞在するからと安くしてもらったのです。

ところが、この町、バイク屋もないくらいですから小さくてすぐに見終わってしまいました。一応遅いのですがネットもつながるので、ビデオは難しいですがユーチューブの朗読を聞いたり、青空文庫というページで古い文学作品を読んだりして時間をつぶしてみました。最初は、骨折の時よりましだなんて思っていたのですが、体が元気となると現金なもので、なかなかこの退屈さに耐えられなくなってきました。前回ペルーに送ってもらったパーツは数千キロそのまま走っても直接影響が出るパーツじゃなかったので、移動しながらのパーツ待ちでしたが、今回のはエンジンがストップしてしまうのでバイクは動かせません。

そんなこんなで4泊したところで、予定変更することにしました。チリからはイースター島へ行く予定でいました。サンチャゴからのフライトなので、ここからだと1700キロも離れていますが、バスだと100キロ先のカマラからサンチャゴまで24時間程度で行けるようです。バスに24時間も乗るのはうんざりですが、ここで太宰治ばかり読んでいるとかなりどんよりしてしまいそうです。

宿の人に聞いてみると荷物もバイク預かってくれるということなので、ネットでイースター島についてしらべてみました。フライトは日にちによって値段に差があるようです。物価も高いので滞在日数もあまり長くはできないな、と思っていたら、設備の整ったキャンプ場に1泊10ドル程度で泊まれることがわかりました。自炊&キャンプなら5泊しても大丈夫かな?色々比べてフライト日を決めました。往路10月31日、復路11月5日。フライト価格は648USドル(77000円)。5万円くらいかなと思っていたけど、元々行くつもりではあったのだから仕方がないでしょう。

今後の予定ができたので、前向きな気持ちになれてきました。後は、バイクのエンジンストップが燃料ポンプ交換で直るかどうか。バイク屋さんに見てもらったわけではなく、車の修理屋さんが、ここが怪しいと言っているだけなので、まだ安心はできないのです。パーツ交換で直ることを祈ります。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    バイク、ちゃんと直って欲しいですね。大袈裟かも知れませんが、命を預けている相棒なので、焦らず待ちましょう。

    • けんいち より:

      いつも、ありがたいお言葉ありがとうございます。

      何が海外旅行でで落ち込むかって、やっぱりバイクという相棒の不調です。日本ならすぐに直る物も海外ではそうは行きません。

      今回はバイク屋さんに見てもらうにも100キロ先、その間で再びエンジンストップが起こることも考え迷った末に、怪しいと思われる燃料タンク下にある燃料ポンプという部品を日本から送ってもらうことにしました。

      バイク屋の判断ではないので、部品交換で直る保証はありませんが、祈るような気持ちで部品到着を待っていました。

      本日、イースター島からサンペドロへ戻り、郵便局で荷物を受け取り、早速自分で部品を交換後、20キロばかり試運転してみました。明日はもうちょっと長い距離を試運転してみます。これで完治してほしいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です