ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


サンタクルスへ 2015年10月5日~7日

サンタクルスへ 2015年10月5日~7日

2015年10月5日

 

PA050125

ポトシから、かつての首都であったスクレへ向かいました。標高4070Mのポトシは銀を採掘するための前線基地、そしてスクレは標高2750M、元々は銀を管理するための町だったけれど、過ごしやすい気候から後に行政上の中心地へ発展し、現在もボリビアの憲法上の首都となっています。町の中心5月25日広場からわずか1ブロックの場所に、バイクを停められる安宿ラ・プラタ(銀という意味)がありました。1泊40ボリビアーノ(680円)です。wifiはつながるという話でしたが、パスワードを跳ねられつながらず。隣のホステルのパスワードを教えてもらい何とかつなぐことができました。

 

PA052061

世界遺産にも登録されている町は白壁に統一されてとてもきれいです。気候も良く、便利なエリアに安宿を見つけることができたのですが、何か響いてこないというんでしょうか。ごちゃごちゃした感じがないのが面白みに欠けるというか...

 

PA052074

スクレの一番の見どころ、独立宣言の調印が行われ、何度もクーデターの舞台になったという「自由の家」は月曜日のため休館。なので、織物博物館へ行って見ました。スクレ近郊にはハルカやタラブコというボリビアの中でも特に織物技術に優れた村があるらしく、それらの作品を見ることができました。入館料10ボリビアーノ(170円)。

 

PA052076

世界中の織物や布を見るのが好きなので、私は充分楽しむことができました。中南米ではグアテマラの刺繍も素晴らしかったですが、色使いと言う点では渋みのあるボリビアの方が私は好みかな。

今日の走行距離140キロ、合計57136キロ。

 

 

2015年10月6日

 

PA060129

スクレは1泊で出ることにしました。サンタクルスへ向けて未舗装路を進んで行きます。

 

PA060131

この紫の花の木はジャガランタでしょうか?アフリカ南部でよく見た木に似ている気がします。標高が下がり気温がぐんぐん上がり暑いです。植生も高原とは大分変わって来たようです。

 

PA060132

暑くて暑くて、バイクのジャケットを着ているのが辛いです。数日前、雪が降るところに居たというのに...30度はありそうな感じです。

 

PA060134

のどがカラカラなので、商店へ飛び込み量が多そうなジュースを買います。マンサナというジュース、はじめて飲みます。色があやしいですが、味はまあまあ、インカコーラと同じような味でした。620ccで3ボリビアーノ(50円)でした。

 

PA060136

今日はサマイパタという世界遺産のプレ・インカ時代の遺跡がある村で宿泊。のんびりした雰囲気の居心地の良さそうな村でした。長期滞在のツーリストも多そうです。かといって、ツーリスティックではなく雰囲気が良いので10人くらい住み着いてしまった人がいる、というような感じでしょうか。宿にはwifiなし。夕方になると恐ろしい量の蚊が出てきました。アメリカ以降でしょうか、久しぶりに蚊取り線香の世話になりました。村に白人のおっちゃんのやっているピザ屋があったので買って見ることにしました。スペシャルミックスという何でも乗せの一番高いヤツにしたので、ゴテゴテして見栄えは悪いですが、最高に美味しくてびっくりしました。ハーフで26ボリビアーノ(440円)。近くにこの店があれば、1週間に1回は通いたい、そう思わせてくれるピザ屋でした。

今日の走行距離402キロ、合計57538キロ。

 

 

2015年10月7日

 

PA070137

サマイパタの村を出発。これは村の中心広場の教会です。これから9キロ離れた遺跡へ行って見ます。

 

PA072088

世界遺産のサマイパタの砦という遺跡です。スペイン語だとエル・フエルテ・デ・サマイパタ。直訳だと強いサマイパタとなりますが、強いという意味の「フエルテfuerte」というスペイン語は英語の「フォートfort」、つまり砦や要塞という意味も持っているようです。初めてしりました。入場料50ボリビアーノ(850円)。

 

PA072103

まさに、要塞という感じでした。作られた当時は石を削った面もはっきりしていたのでしょうが、風雨にさらされ丸みを帯びてしまっているのが残念な気がします。

 

PA070145

サマイパタのむらの市場でちょっと早めの昼食を食べました。スープと鳥の煮込み、ジャガイモ、パスタ。ご飯、サラダ、とうもろこし。15ボリビアーノ(260円)。

 

PA070147

サンタクルスに到着。駐車場付の安宿が少なくて探すのに苦労しましたが、イザベル・ラ・カトリカ通りにある、レシデンシアル・バラデロを見つけました。レシデンシアルというのは住宅という意味ですが、ボリビアでは安宿を指すことがあります。他にもアロハミエント、ペンシオン、オスペダヘ、オスタルなど安宿を指す言葉が多いのでややこしいです。今回のサンタクルスの宿レシデンシアル・バラデロは1泊50ボリビアーノ(850円)wifi付。

今日の走行距離179キロ、合計57717キロ。

 

ボリビア5

サンタクルスまでのルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

« »

コメント

  • ぽこ より:

    けんいち、マンサナはりんごって意味だよ。

  • メガラッキー より:

    広場の名前などには何月何日とかの日付が入っているのですね。きっと何かの記念日なのでしょう。りんごジュース、合成着色料満載だった昔の日本のジュースの色を思い出しましたが、今よりあの頃の方が美味しかった気がしますが私だけでしょうかねぇ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です