ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


世界一標高の高いチャカルタヤ・スキー場 2015年9月27日

世界一標高の高いチャカルタヤ・スキー場 2015年9月27日

ボリボアの首都ラパス近郊に世界一標高の高いチャカルタヤスキー場があります。その標高は5300メートルでギネスブックにも紹介されているそうです。1939年にオープンして以来、万年雪で1年中滑走できるスキー場でした。スキー大好きの私はかねてから1度滑ってみたいと思っていたのですが、地球温暖化によって万年雪が解け、降雪量も少なくなり2009年から閉鎖されてしまいました。とても残念です。ですので、正確には世界一標高の高かったスキー場跡地ということになります。ここ数日、天気予報とにらめっこして、行く日を検討していました。今日は快晴なので、バイクで行って見たいと思います。

 

P9271707

ラパスを出発し、エル・アルトを経由してチャカルタヤスキー場へ続く未舗装路へ進みます。行く先に見えるのがスキー場跡です。

 

P9271718

閉鎖された後でも観光地となっていて、続々と車やバスが登っていきます。道路脇に雪が見えてきました。前の2台の車はボリビア人の裕福そうな若者グループ。人口の大半が3000メートル以上の高地に暮らすボリビア人にとっても雪は珍しいようで、子供のようにはしゃいでいます。

 

P9271750

道をどんどん登って行くとチャカルタヤスキー場に到着。5300Mの表示があります。

 

P9271056

ロッジの向こうに見えるのがゲレンデです。万年雪があり2009年まで約70年間も通年営業していた面影はもはやありませんでした。

 

P9271728

駐車場横にはこんな危なげな建物も。スキー場営業時は、売店か食堂だったのでしょうか。

 

P9271729

ロッジの中へ入って見ます。暖炉の横にクラシックなスキー板がディスプレーされていました。

 

P9271732

昔のポスターが飾ってありました。

 

P9271733

ラパスのスキー愛好家たちでしょうか。どんな気持ちでスキー場閉鎖を受け止めたのか。

 

P9271727

いい感んじのヘタウマ画もありました。

 

P9271741

ロッジの横からゲレンデを眺めてみます。昔はボリビアのスキーオリンピック選手もここで練習したそうですが、こんなに雪が少なくてはとても滑れません。今までボリビアでスキーに親しんできた人たちのことを思うと残念でなりません。地球温暖化は他人事ではなく、私の家の近くでスキーができなくなることが将来あるかと思うと本当に辛い思いです。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    富士山よりも高い所にあるなんて信じられません。空気が薄くて息苦しいイメージがあります。そんな高い所でも雪が殆どないのは残念です。この地球の将来が心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です