ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


チチカカ湖へ 2015年9月15日~16日

チチカカ湖へ 2015年9月15日~16日

2015年9月15日

 

P9150754

思えば遠くへ来たものです。カナダを出発した時はクスコは遥か遠くの町でした。次の国のことを考えるのが精一杯という状態でしたが、毎日少しづつ進んで行くうちに、ここまでたどり着くことができました。

思い出の町ですが、さすがに長い年月が経てば変わっているところもありました。ちょっと郊外へ出ればまだまだ雑然とした雰囲気のクスコですが、アルマス広場周辺では露天商も居なくなり、高級店が目につくようになっていました。通る車もオンボロ車は見かけません。

そんな今のクスコですが、インカの石組み、白壁に赤茶色の瓦屋根、チョリータさんたちの民族衣装は変わっていませんでした。エクアドル以降、旅行のスピードががくんと落ちました。旅行者が訪れないような小さな町をはじめ、アンデスの山々や町や村を味わうようにじっくりと時間をかけて見て回って来ました。。自分は本当にアンデスの雰囲気や文化が好きなんだなぁと思います。
その中でもクスコはやはり特別な町、アンデスの魅力を凝縮したような町だとあらためて感じました。

アンデスの旅はもう少し続きます。今日、クスコを出発しチチカカ湖を経てボリビアへ向かいます。

 

P9150756

クスコを出ると標高は徐々に上がって行きます。小さな村々もだんだんと無くなりアルティプラのと呼ばれる標高4000M以上の高原地帯を進みます。乾季というのにラ・ラヤ峠では雷と雨に見舞われました。

 

P9150777

ラ・ラヤ峠を越えるとやがて天気は回復、アヤビリという町ではお祭りの最中でした。しばし、バイクを広場に停めてお祭りを見て回り先へ進みます。

 

P9150787

フリアカで宿泊。峠から下ってきたとはいえこの町も標高4000M近くあります。大きな町なのにインフラが行き届いていないのか町は埃っぽく、ペルーの辺境地を思わせる町でした。駐車場付、1泊25ソル(1000円)の宿に宿泊。

 

今日の走行距離381キロ、合計54577キロ。

 

2015年9月16日

 

P9160791

翌日、フリアカを出発。通常、旅行ルートはチチカカ湖の南側を通ってボリビアへ抜けるのが一般的です。チチカカ湖はペルーとボリビアにまたがった標高3850M、琵琶湖の12倍ある大きな湖で、北側と南側にそれぞれ国境が設けられています。私もボリビアへ抜けるときは南のルートを使うつもりですが、チチカカ湖の北側の景色も見てみたくなって、ボリビア国境まで往復して見ることにします。

裏街道と言いますか、辺境地と言いますか、人もあまり訪れないチチカカ湖の北側のワンカネ村には刑務所らしき建物がありました。やはり、こういう物はこういうところに建てるんですね。

 

P9160803

チチカカ湖畔の船着き場から、ニジマスを狙って見ますが全くアタリ無し。

 

P9160802

チチカカ湖畔北側のペルー最奥のマホ村。

 

P9160800

更に進んでボリビア国境へ行って見ました。小川の向こうはもうボリビアです。

 

P9160805

引き返して、チチカカ湖畔最大の町プーノを目指します。なるべく、大きな道を避けて湖畔のダートを通り、カパチカ半島へ向かいます。この半島沿いの道は山の斜面の高いところ通っているので、チチカカ湖の景色がとても良かったです。

 

P9160809

チチカカ湖沿いの高台のダート道をプーノに向けて走ります。

 

P9160812

プーノの町が見えてきました。大きな町です。クスコの重厚な街並みに比べると、プーノの人には失礼ですが、がっかりするような薄っぺらな町の作りに思えます。屋根は瓦ではなく銀色のトタン屋根でおおわれています。
歴史を感じない割にセントロは狭苦しい一歩通行のみ。駐車場を併設している宿はセントロには見つからず、ちょっと離れたところに泊まることにしました。

 

ペルー15

プーノまでのルート。

 

今日の走行距離350キロ、合計54927キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    世界で1番標高の高い所にある湖ですね。こんな高い所で、息苦しくないか不思議です。きっと湖に住む生き物も平地とは違うのでしょうね。

    • けんいち より:

      魚はカナダ産のニジマスとアルゼンチン産のぺヘレイが住んでいて、食用に養殖もされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です