ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


世界遺産チャビン・デ・ワンタル遺跡へ 2015年8月3日

世界遺産チャビン・デ・ワンタル遺跡へ 2015年8月3日

P8030251

バイクの整備などのため5泊したワラスを出発。世界遺産にも登録されているチャビン遺跡のあるチャビン村へ向かいます。ワラスを出てしばらくは標高3500メートル前後の草原地帯を走ります。森林限界を超えており、なだらかな起伏が連続するためとても眺めも良く爽快なツーリングルートでした。

 

P8030252

標高3980メートルのケロコチャ湖に到着。水が澄んでいてとても美しい湖でした。

 

P8030210

どうも、お久しぶりです、開口けんいちです。20センチほどのニジマスが釣れました。コロンビアで釣れて以降、エクアドルでは空振り続きだったので、このペルー初ヒットは嬉しかったです。釣れないことが続くとマスなど居ないのじゃないか、竿を振っている自分が空しくなるものですが、1匹釣れると、ペルーのアンデスにもやっぱり居たか!と俄然やる気が出てきます。

 

P8030215

その後も、20センチ前後のニジマスが釣れて合計3匹の釣果でした。今日はキャンプではなく、チャビン村の宿に宿泊予定なので、魚は全てリリースしました。もっと大きくなれよ~、アディオス!

 

P8030216

更に標高は上がり、4500メートル付近でトンネルを越えます。快適なアスファルト道路はここまで。トンネルの先はダートでした。

 

P8030261

トンネルを越えた先の村です。山の斜面にへばりつくように村があり、周囲に畑が広がっていました。

 

P8040252

チャビン村に到着。1泊20ソル(800円)のオスタルに宿泊することにします。バイクは1階部分に入れてもらえることになりました。wifiは無しです。

 

P8030265

早速、世界遺産のチャビン・デ・ワンタル遺跡へ行って見ました。紀元前1000年、今から3000年以上前に作られた宗教都市です。石造りの建物は迷路のように入り組み、途中途中に部屋があり、地下室には最大の見どころ、4,5メートルもの高さがあるランソンと呼ばれる長い牙と蛇の髪を持つ主神体がありました。暗くて写真映えしないので、遺跡内にあったこちらの石塔の写真をアップしておきます。

 

P8030297

遺跡の外壁にはこのような頭の石彫がありました。遺跡の広場では気持ちよくケーナを吹くことができました。その後、西洋人のスピリチュアルグループのような人たちが何やら呪文のようなものを唱えていたら警備員に注意されていました。ケーナは良くても怪しい呪文は禁止のようです。

 

P8030300

遺跡巡りでのどが渇いたのでコーラタイム。ペルーといえばインカコーラです。味は、正直そんなに美味しくもなく甘い炭酸水で、色もどぎついのであまり好きではないのですが、ペルーを離れるとなかなかお目にかかれないので、この辺で飲んでおこうか、といったところです。

 

ワラス3

チャビン・デ・ワンタルまでのルート。

 
今日の走行128距離キロ、合計49131キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    魚釣れましたね! <°)))彡
    空と水の青さと山の斜面と綺麗な魚がとても綺麗です。
    ケーナも吹けて気分もきっと最高潮でしょう。ポンチョは無くても大丈夫です。(*^^)

    • けんいち より:

      はい、ニジマス釣れました!

      エクアドルではボウズだったので、1匹釣れると気分が違いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です