ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ラグーナ・パロン 2015年7月25日

ラグーナ・パロン 2015年7月25日

P7254257

雪山がきれいに見えたので、もっと近づいて山が見えるところでキャンプしてみようと思い立ち、カラスの町の市場で食料を買いこみました。

 

P7254288

カラスの町も標高は2300メートルほどありますが、そこからダートの道を登って行くとアンデスの農村地帯が広がっていました。これは、花を育てているところ、何の花でしょうか。

 

P7254297

三又に細工した木の棒でわらを空中に放り投げ、選別しているのでしょう。

 

P7254301

こちらは、種まき作業のようです。

 

P7254312

しばらく進むと農村を抜けて国立公園になりました。入るとき、名前やパスポートナンバーを登録して5ソル(200円)支払いました。山がだんだん近づいてきます。

 

P7254337

後ろに見えているのが、ワンドイ山(6395m)です。

 

P7254322

ダート道のどんずまりまで行くと綺麗な湖、ラグーナ・パロンがありました。ここで標高は4200メートル。ここは四方を山にぐるりと囲まれ、氷河もすぐそこ、手の届くような位置に見ることができました。正面の山はピラミデ・デ・ガルシラソ山(5885m)。

 

P7254404

ピラミデ・デ・ガルシラソを望遠で撮影。

 

P7254358

湖の横は景色は良いのですが、風が吹きっさらしで寒そうなので、ちょっと離れたところにテントを張りました。ここだって、後ろはワンドイ山が見えるしなかなか良い場所だと思います。周りには誰も居ないし、夕食の時間までケーナの練習をして過ごしました。

 

P7254416

夕食はペンネのパスタです。お酒などもちびちびやりながら、でも、標高4200メートルなので飲みすぎは注意です。

 

P7254424

テントから見える、夕日に照らされたワンドイ。たまらん。

夜、さすがに寒かったです、朝はテントに霜が降りていました。

 

ペルー6

ラグーナ・パロンまでのルート。

 

今日の走行距離71キロ、合計48326キロ。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

« »

コメント

  • 夕日に照らされた山、雪を被った山々、登山の様ですが、自然の美しさが魅力的です。地球って素晴らしいです。

  • XT250.D.タケヤン より:

    オイル交換しようとしたらデンプスターのダート
    1500kmかっ飛ばしたせいか
    オイルが半分に減ってて焦っちゃいました!
    ダートかっ飛ばしはXT250には不向きですね。
    只今ホワイトホースでユーコン川下りの準備中
    一週間ほどバイクからカヌーへ乗り換えっす。

    • けんいち より:

      そんなにオイル減りますか、確かに100キロ近くで走ると燃費は30キロ前半くらいまで落ちましたけど。
      ユーコン川でカヌー下りですか、優雅で良いですね。そろそろオーロラも出るころですかね、いいなぁ。

      こっちは、今ペルーアンデス、とても良いところですが、XT250のフロントフォークからのオイル漏れが酷くなってきました。
      今日、現地のヤマハに聞いたところ、部品がリマにあるとのことで3日くらいで手に入りそうでほっとしています。
      たぶん、南米で売られているブラジル製のXTZ250と共通パーツなのだと思います。

  • XT250.D.タケヤン より:

    半分は言い過ぎました1/4ぐらいでした。

  • kamomosi より:

    4200mでのキャンプ!どんななのでしょう?カナダでさえいっぱいなのにこれからもっと試練が続くと思うとワクワクしてきます。
    今日は案山子農場に泊まって静養です。いいとこですね、思わず2泊と言ってしまいました。ワンコににゃんこも元気でしたよ。カカシの日本語をお父さん覚えてました。
    夕立の後、キレイな虹が出てました。ずっと着っぱなしのライダーパンツとジャケットを洗濯です。明後日にはジャスパーからバンフへと抜けてバンクーバーに戻ります

    • けんいち より:

      試練だなんて。別に標高の高いところへ行かなくても良いんですよ。
      でも、kamomoshiさんは山好きそうですね。

      え!案山子農場行きましたか。懐かしいです。そうか、日本語で案山子って何て言うのの聞かれ教えました。そうか、覚えててくれたんですね。
      案山子農場から、50キロくらい東、国道沿いで何匹か大きなドリーバーテン釣ったけど西へ進むんですね。
      ということは、カナディアンロッキーですね。山綺麗ですよ、楽しんできてください。熊や他の動物もいっぱいです。

  • XT250.D.タケヤン より:

    フォークのシールが弱いとは…
    ウィンドベルでこれも注文しとかないと!

    • けんいち より:

      リアのサスペンションもグリス切れのまま長距離走ったせいでいかれてしまい、こっちはペルーには無いので日本から取り寄せなくてはならなくなってしまいました。

      XT250のシールが弱いというより、メキシコ以降延々と続くスピードを抑えるためのトぺと呼ばれるギャップのせいだと思っています。

      わかりますか?道路がボコンと盛り上がっていてそれを無数に越えなければ行けないのが中南米の道なんですよね。

      リアに関しては時々グリスアップすれば良かったんでしょうが、XT250にはニップルが付いてないので、いちいち部品をばらさなければならないのが面倒ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です