ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


パパジャクタ温泉 2015年7月6日

パパジャクタ温泉 2015年7月6日

今日はキトから約80キロ東にあるパパジャクタ温泉へ行ってみることにします。エクアドルでは初の温泉入浴となります、どんな温泉なのか楽しみです。

 

P7063835

キトで宿泊していたホテル・スクレを出発。写真は管理人のホセ、ホテルの玄関前で記念撮影。今、ホテルには外国人バックパッカーが多く宿泊していますが、ホセとしては以前のように日本人にたくさん来てほしいようです。トータルで1週間ほど滞在しましたが日本人旅行者にはひとりも会いませんでした。一時、盗難があったようですが、ホテル内には防犯カメラも設置されたし、鍵も自前の南京錠を掛ければ問題ありませんし、ガラパゴスへ行ったとき荷物を預けましたが、荷物預け室の管理も鍵を掛けてしっかり行っていました。バイクも1階の階段横に2週間停めて置きましたがいたずらもされませんでした。1泊6ドルで個室に泊まれて、サンフランシスコ広場に面した眺めも最高です。おススメだと思いますよ。

キトを出発し東へ進み、30キロちょっと行ったトゥンバコという町で宿にチェックイン。荷物を置いて温泉へ向かいます。というのは、温泉のあるパパジャクタに安い宿があるか情報もなかったし、キトから日帰りもできるのですが、夕方、大都会の渋滞に巻き込まれながら戻るのも嫌だったので、今日はキト郊外に泊まることにしたのです。

 

P7063840

そのあと、宿に荷物を置いて温泉へ。道はどんどん登りになり標高4065メートルの峠に着きました。天気はどんより、標高が高いのでさすがに寒いです、雲の中にいるような感じで雨は降っていないのにヘルメットのシールドに水滴が付きます。今回のツーリングで4000メートル以上というのは最高ですが、バイクは特に問題なく、80キロくらいのスピードは出ました。この後のアンデス旅行でも高いところをたくさん通ることになるでしょうから、ひとまず安心しました。

 

P7062428

パパジャクタ温泉に到着。温泉に併設された高級ロッジもあるし、周辺には安そうな宿も数軒ありました。パパジャクタの町には食堂もあったので滞在もできたでしょうが、ここも3700メートルくらいあるので夜の寒さは覚悟が必要です。やはり、手前のトゥンバコに宿をとって正解だったと思います。

入浴料8,5ドルを払って中へ。

 

パパジャクタ温泉の場所。

 

P7062438

プール感覚の巨大な露天風呂がまず目に飛び込んできました。家族連れが多いようでかなりの賑わい。今日は月曜日なのに、子供たち学校は行かないのかな?それともエクアドルでは温泉行くから学校休みま~す、というのもありなのかな?

 

P7062434

露天風呂は大きく分けると5つあります。着替えるところやシャワー、食事どころ、休憩室など設備も整っていました。敷地も広いし掃除も行き届いていてかなりの好印象。

 

P7062432

そして、パパジャクタ温泉で私が気に入ったのはここ。他の4エリアは全て温泉の温度が38度位なのにくらべ、ここは42度くらいありました。エクアドルの人には熱すぎて人気がないようですが、日本人にはこれくらいが丁度良い湯加減ですよね。なかなか海外では、特に設備の整ったところほど湯の温度を低く管理してしまうので、ここパパジャクタの42度は貴重な存在だと思います。

 

P7062445

源泉は触っていられないほどの熱さでした。60度くらいなんでしょうか。小指を付けてなめてみましたが、特に味は感じられませんでした。泉質は単純泉かなぁという印象です。

 

P7062443

この温泉、階段状に深くなっていて中央付近は立って入るような作りになってました。

 

P7062446

久しぶりに良い湯加減の温泉に入ることができ大満足。標高が高いのでのぼせると危険ですが、出たい入ったりを繰り返し2時間ほど楽しんで夕方戻ることにしました。

実はここ、パパジャクタ温泉付近の川ではニジマスが釣れるらしいのですが、川の水量が多く流れが速すぎて釣りになりませんでした。午前中に上流の湖へも行ってみましたが、残念ながら釣果ゼロでした。

 

P7062452

帰り道にリャマでしょうか、道路を歩いているところに遭遇しいした。大分アンデスらしくなってきました。

 

エクアドル4

パパジャクタ温泉へのルート。

今日の走行距離202キロ、合計44589キロ。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

« »

コメント

  • kamomosi より:

    こんにちは
    ホワイトホースで1泊しました。ビジターセンターで日本人のパッカーとチャリダーと出会って3人でキャンプ場をシェアしたのでとても安く泊まれシャワーに豪華な夕食と贅沢してしまいました。
    今日は初めてこの近くの温泉に入ります。よければそのまま泊まって風呂三昧といきたいところです。

    • けんいち より:

      ホワイトホースまで行きましたか。もう、オーロラ圏ですね。
      デンプスターハイウェーは行かれるんでしょうか。

      大自然いっぱいのカナダの旅、お楽しみください。

  • メガラッキー より:

    そんなに標高が高いのですね。富士山より上だと雪が降ってもおかしくないかも知れないですね。バイクの調子も良さそうなので安心です。外国の温泉は日本よりも温度が低い所が多いのですね。きっと、お風呂で温まると言う習慣がないのでしょうね。

    • けんいち より:

      そうですね、赤道直下といえ、4000メートル近ければ雪が降っても不思議はないですよね。
      温度を低く管理している所が多いですね。何時間も入っていられるくらいの温度ですね。

      北米ではアメリカ先住民の温泉があったし、南米もインカの人々は湯に浸かっていたそうですが、今は植民地の宗主国の習慣でプール感覚になってしまってるところが多いのではないかなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です