ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


世界遺産ティエラデントロ 2015年6月15日

世界遺産ティエラデントロ 2015年6月15日

P6152249世界遺産の見学だけであれば2泊で足りたはずのサンアグスティン滞在でしたが、充電器騒動のせいで4泊するはめになってしまいました。雨の中、標高3000メートル以上のダートの峠を往復280キロも走ったり、気持ち的にも喜んだり、懐疑的になったり、落ち込んだりとアップダウンが激しかったのですが、結果的には万々歳。昨日夕方、問題は解決しました。
さて、今日はもう一つの世界遺産、ティエラデントロを目指します。ティエラデントロは数日前、サンアグスティンへ来る前にポパヤンから行こうとしましたが、大雨、がけ崩れ、道ドロドロのため断念して引き返しました。今回は別のルートからアプローチしてみます。

 

P6152241

世界遺産というと、道もちゃんと舗装されていると思いがちですが、とんでもないです。ダートが延々と続きます。

 

P6152244

やっと到着。入場料20000ペソ(1000円)を払って中に進むといきなりこんな橋がありました。ティエラデントロの遺跡は広範囲に点在していて、全て見学しようとすると2日間トレッキングしなければならないそうです。私は一番代表的なセゴビアの丘のみ見学することにしました。

 

P6152245

セゴビアの丘までは、先ほどの橋を渡ってこのような山道を30分登れば着くそうです。

 

P6152249

セゴビアの丘に到着しました。広々とした高台に小屋のようなものがいくつも見えます。ティエラデントロは地下洞窟のお墓です。スペイン語で「ティアラ」は地球とか大地という意味、「デントロ」は~の中という意味です。何となく地下洞窟というイメージが伝わってくるなぁと勝手に解釈していましたが、実際は「中の土地」という意味で高山に囲まれ容易にアクセスできないことからスペイン人が名付けたと言われているそうです。小屋の一つ一つが地下洞窟の入り口になっていました。

 

P6152914

それでは、中へ入って見ましょう。深さは大体4~5メートルくらい。階段を降りると地下洞窟そして洞窟の広さは10帖前後だったでしょうか。

 

P6152910

照明に照らされ、赤、黒で描かれた色々な形の模様を見ることができました。

 

P6152930

それぞれの地下洞窟によってデザインも異なり、人の顔をモチーフにしたと思われるデザインもありました。

 

P6152925

前回のサンアグスティンの石像のデザインも素晴らしかったですが、ここティエラデントロのデザインも素朴で愛らしくセンスの良さを感じます。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    昔の人は地下にお墓を作ったんですね。大変な労力だと思います。きっと特別な理由があったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です