ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


絵本のような町グアタぺ 2015年6月6日~7日

絵本のような町グアタぺ 2015年6月6日~7日

2015年6月6日

P6062059

シパキラを出発し、2800メートルの峠を越えます。峠の西側は晴れていたのに東側は霧がかかっていました。ここから一気に標高を下げて行きます。

 

P6062061

Y字路でおじさんたちに道を尋ねました。いかにもアンデスのおじさんという雰囲気。ポンチョが渋いです。この道、ガーミンのGPSマップには載ってなかったんですよね、グーグルマップには載っていたので大丈夫だと思うんですが。

 

P6062072

眺めの良い道が続きますが、アスファルトだったのは最初のうちだけ、クネクネのダートが続きます。

 

P6062077

陸の孤島のようなオタンチェという村で昼食。流行っていそうな食堂に入りました。チキンの定食、とても美味しかったです。6000ペソ(300円)でした。

 

P6062084

この日は、標高170メートルまで下がり大きな川を渡って対岸を少し進んだドラダルという町で泊まりました。昨日まではダウンジャケットを着ていたのに、ここは部屋の中は扇風機全開で裸でいても汗が出てきます。赤道に近いことを思い知らされます。

 

今日の走行距離346キロ、合計41615キロ。

 

 

 

2015年6月7日

 

P6072094

今日は再び標高を上げて行きます。今日目指すのはグアタぺという町で標高2000メートルあります。コロンビアは南北に2本大きな山脈が走っていて、首都ボゴタがある山脈と第2の都市メディリンがある山脈は別なんですね。行き来するには昨日私が来たように一旦標高170メートルまで下がらなければならないんです。

途中で良さそうな川があったので、釣りをしましたが釣れませんでした。川から上がってくると、銃を持った軍の兵士が待っていて質問をされました。ただ釣りをしていただけと言うと信じてもらえました。コロンビアは反政府ゲリラの活動が盛んなせいか、軍や警察官が至るところに目につきます。

 

P6072825

グアタぺに着くとすごい数の観光客でした。そんなに有名な観光地なのかなと思って宿で聞いてみると、今日は日曜日で明日はコロンビアの祝日(ディア・デ・コルパス・クリスティー)、3連休のため観光客でいっぱいになっているということでした。宿も値上がりしていてしかも、数軒聞いてみるも満室で断られました。何とか安普請の宿に交渉して45000ペソ(2250円)で部屋を確保。

 

P6072678

まずは、町の郊外にあって一際目立つ、「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」へ。悪魔の岩とも言われているそうです。高さが220メートルもある一枚岩です。ジッパーのように見える部分は階段で登ることもできます。料金は12000ペソ(600円)。連休で大混雑していることもあって私は下から眺めるだけにしました。このエル・ペニョールの岩ですが、駐車場から見るともっと丸々と太った感じに見えるんですが、ここからの角度が岩がとがって見えて悪魔の岩に相応しいかと思います。

 

P6072802

グアタぺの町の特徴は、家々の壁の色がとてもカラフル、しかも絵や模様が描いてあったりしてとてもボニート(可愛らしい)。まるで絵本のような町と言われているそうです。坂道の途中で地元の子供たちが遊んでいました。

 

P6072814

壁にはこんなヘタウマ風の絵が描かれています。モチーフは様々で絵を見ながら歩いているだけでも楽しくなってきます。

 

P6072782

元々は、町おこしとして家々の壁に絵や模様を描こうとなったそうです。近くには綺麗なペニョール湖や、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールもありますが、この演出で更に有名観光地になったのではないでしょうか。とはいっても私はコロンビアにこんな町があるなんてぜんぜん知りませんでした。

 

P6072808

軽トラみたいな、トゥクトゥクみたいな、なんでしょう?

 

P6072719

後ろの絵は行けてませんね。もっと素晴らしい絵はたくさんあるんですが、ワンコウが行けているので採用します!

 

グアタぺ、とても美しい町です。最初は何泊かするつもりでしたが、連休で宿も値上がりしているし人が混雑しすぎているので明日は移動しようと思います。

 

今日の走行距離165キロ、41780計4キロ。

 

 

コロンビア2

グアタぺまでのルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

« »

コメント

  • kamomosi より:

    こんにちは
    南米の川釣りはあまり聞きませんね。何が釣れるのか楽しみです。それにしても軍に職質なんてかなり怖いですよ。
    もたもたとしていますが、そろそろ傷も回復し、北上するフェリーの日程と出発日をにらめっこしています。後はクマ!結構グリズリーは脅かされています。スプレーは用意されていきましたか?
    うーん、愚問でした。

    • けんいち より:

      Kamomoshiさん、こんにちは。
      ブラジルではツクナレというブラックバスに似た魚やピラニアを釣ったことがあります。どちらも美味しかったですよ。
      コロンビアの標高の高い付近は気候も涼しく水温も低いのでニジマスなどが釣れればいいなと思っています。
      この後も、エクアドル、ペルー、ボリビアと高地が続くので釣れるかどうかわかりませんが試してみたいと思います。

      グリズリーは一度見かけました。ブラックベアーはしょっちゅう見かけました。テントの周りをウロウロされたこともありました。
      食べ物の管理には十分気を付けた方が良いと思います。私はスプレーは持っていませんでした。別に愚問ではないと思いますが。自転車の旅行者は持っているようですね、バイクもあった方が安心だと思います。特に釣りをする人は魚の臭いが付きそうですしね。

  • メガラッキー より:

    あの岩のてっぺんには展望台のような物が見えますが、どうやって建築の材料を運んだのか不思議です。。。

    • けんいち より:

      ヘリコプターでしょうか。
      意外とてっぺんは広いんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です