ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


カルデラ温泉(ロス・ポサス温泉) 2015年5月25日

カルデラ温泉(ロス・ポサス温泉) 2015年5月25日

パナマのボケテに来ています。赤道に近いですが高原なので涼しく過ごしやすいところです。私の持っている中米の地図にもこの辺りに温泉マークが付いており、泊まっている宿にも温泉ツアー30ドルなどと書いてあるので有名な温泉のようです。

インターネットで調べてみたらいくつか入浴レポートが見つかりましたが、今一つ場所と行き方がはっきりしません。私も今日は何度か道に迷ってしまいましたが、何とかたどり着けました。

 

 

カルデラ温泉の場所です。

 

わかりにくい場所にあるので、行き方と曲がるポイントを説明します。

①ボケテの町から41号線を12,7キロ南下して、左折(東へ向かう)します。

②7キロ進むと道がY字路になっています。左折(北へ向かう)します。

 

P5251814

③すぐに橋があり5キロ進んだところに温泉の看板があります。

 

カルデラ温泉と書いてあったり、ロス・ポソス温泉と書いてあったり曖昧ですが、どちらも同じ温泉です。カルデラ地域のロス・ポソス地区にある温泉ということで、本当にややこしいです。このため、私はこの先迷ってしまうことになります。

 

 

P5251817

素朴な温泉の壁画もありました。

 

P5251820

ここから砂利道になります。

 

P5251821

④途中 、用水路の橋を渡って2キロほど進むと吊り橋に出ます。

 

P5251863

⑤吊り橋を渡ると、このように二つの看板が出ています。ややこしいですが、カルデラ温泉は青い看板が示す左の方へ向かいます。青い看板にはカルデラ温泉500メートルと書かれていました。右へ行っても温泉施設があるようですが、写真で見る限り料金も高そうな雰囲気です。

 

P5251860

⑥先ほどの分かれ道から200メートル進むと左側に、ロス・ポソスへようこその看板があります。温泉の文字が無いし、先ほどカルデラ温泉まで500メートルと書いてあったから、ここは違うだろうとまっすぐ進んだら大間違い。この看板を左折しなければ温泉へは行けません。注意ポイントです。カルデラでもロス・ポソスでもいいから名前を統一してほしいものです。私は、ここで左折せずに1キロも歩いて(この先道がひどくバイクを置いていった)汗だくになって戻ってきました。

 

P5251824

⑦先ほどのロス・ポソスの看板から200メートル進むと、車が数台置ける駐車スペースがあります。そこからは、歩きになります。

 

P5251826

⑧ホントにこの道でいいのかな?と誰もが不安になるかと思います。小さな橋などを渡ってさらに進んで行きます。

 

P5251859

⑨駐車スペースから400メートルほど森の中を進むと、馬やヤギを飼育している牧場があります。この牧場の方が温泉を管理しています。やっと、到着しました。

 

P5251858

おじさんが出てきて温泉へ案内してくれました。こちらは、足元湧出の温泉です。

 

P5251847

湯船の底からブクブクと温泉が湧いているのが分ります。味はかすかな苦味も感じられます。温度は丁度良い42度くらいでした。

 

P5251831

おじさんは更に案内してくれます。こっちはもっと大きくて開放感あるだろう、俺が作ったんだ。お湯だって新鮮で飲むと身体にいいんだぜ。さっき見た小さい温泉は2ドル、こっちは5ドル、さあどうする?と聞いてきます。温泉マニアとしては、さっきの足元湧出の方が興味あるんだけど、ここで2ドルしか払わなかったらおじさんがっかりするだろうなと思って5ドル払いました。

 

P5251835

お湯の質といい、温度といい、雰囲気といい、私が入浴した中米の温泉ではナンバーワンではないかと思います。パナマにこんな良い温泉があるとは知りませんでした。大満足でした。

 

P5251832

おじさん手作りの森の中の露天風呂、2段構えになっていて、上段が42度くらい、下段が40度くらいでした。さらにその下は渓流が流れています。この辺りはニジマスが居るのだそうですが、今朝、温泉に出発前に釣り道具を出して大ショック!何とリールが壊れていました。たぶん、グアテマでバイクを倒してしまったとき壊れたんだと思います。しばらく、釣りはできなくなってしまいました。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    見た感じ、個人経営的な小さな温泉ですが、それでも看板はしっかり出してよオジサン!!みたいな感じですね。こんな小さな橋を渡ってか。。。です。
    釣りはリールがダメでもなんとかなるでしょう(*^^)。

    • けんいち より:

      ここはオリエンテーリング並にたどり着くのが大変でした。

      でも、温泉のお湯といい、湯船の底から直接湧いていることといい、雰囲気といい最高ランクの温泉でした。

      リールはパナマシティーで買えました。パナマシティーは予想以上の大都会で何でもそろうんじゃないでしょうか。世界の交通の要所だから、お金も物も人も集まってくるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です