ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


トドスサントス・クチュマタン 2015年4月17日~18日

トドスサントス・クチュマタン 2015年4月17日~18日

2015年4月17日

トドスサントス・クチュマタンへなぜ行きたかったかというと、この辺一帯に住むマム族の人々の民族衣装、特に男性の衣装が素敵だからです。今までに世界各地の素敵な民族衣装を見てきましたが、女性の衣装の方が派手な地域がほとんどで、男性の衣装は単色だったり、ワンポイント刺繍が入っている程度だったり、あるいは、女性の衣装が素敵でも男性は普通の洋服を着ている場合だって少なくありません。ところが、ここは違うんです。男性の方がオシャレでしかも、男性も編み物を手仕事にするそうです。素晴らしいじゃないですか。

 

P4172119
山道を進んで行きます。ここでこの写真を撮った数秒後にバイクが右に倒れてバックミラーが割れ、ブレーキレバーが折れてしまいました。大ショックです。よく見るとかなり直立してるもんな~。

 

P4171343

標高3400メートルの峠を越えて、トドスサントス・クチュマタンを目指していきます。峠といっても村があって人は住んでいました。この高さでもXT250は余裕で登っていくことが分りました。以前、パキスタンで3800メートルの峠越えのとき、私の乗っていたスズキ・ジェベル250はエアフィルタを外さないと登りませんでしたが、ヤマハ・セローXT225は難なく登って行ったんですよ。エンジンは多少変わりましたが信頼しています。果たして、南米のアンデスで4000メートルを超えたときどうなるか心配ではありますが。

 

P4171344

トドスサントス・クチュマタンに着いてから食堂で遅めの昼食。ポヨ・ドラド(黄金のチキンの意味)というのを頼んだら、何のことないから揚げ定食でした。15ケツァル(230円)。宿も駐車場なし、wifiなしですが、50ケツァル(750円)のホテルトドスサントスに落ち着くことができました。田舎なので、バイクは路上駐車で大丈夫とのことです。

 

中米4

トドスサントス・クチュマタンへのルート。
今日の走行距離153キロ、合計35850キロ。

 

 

2015年4月18日

今日はちょうど土曜市があり、周辺の村々からマム族の人たちが集まり活気がありました。いつもより写真点数が多めになってしまいますが、素敵な民族衣装の写真なので載せることにします。

 

P4182295
トドスサントス・クチュマタンの町の様子。

 

P4182124

青空市で周辺の村々からたくさんの乗合いバスが広場へ到着します。交通整理に忙しいポリスも、ポリス用チョッキを着ているものの基本は民族衣装。

 

P4182154

渋めのおじさん。赤のストライプのズボンがよくお似合いです。

 

P4182179

ベンチに腰掛けお話し中の二人。

 

P4182195

靴磨きの少年がスペイン語の下手な外人(私)の相手をしてくれ、いろいろ教えてくれました。1回5ケツァル(75円)で1日50ケツァルほど稼ぐそうです。兄弟は同じく靴磨きをしていて、ここで毎日働いているとのこと。学校へは行ってるの?と聞いてみたかったんですが、もし、答えがNOだったらと思うと聞けませんでした。

 

P4182199

町の中心にある教会。

 

P4182202

教会から出て来るおばあさん。

 

P4182206

左は家族で若夫婦と子供、右の知り合いと合って広場で立ち話をしているところかな。

 

P4182215

今日、一番存在感のあったおじいさん。

 

P4182239

トドスサントスのわんこ。

 

P4182255

広場で休憩中の少年たちとおじさんたち。

 

P4182260

ベンチに座ったおじさん二人。

 

P4182272

帽子屋さん、製作中でした。

 

P4182277

教会前に座っていたおじいさんとおばあさん、知り合いというわけではなさそうです。

 

P4182280

子供もちゃんと正装しています。

 

これらの民族衣装は何も特別な日に着るものではなく普段着として着ているそうです。私たちも和服を着る機会がほとんどなくなり、世界中どんどんと洋服に変わってしまっています。こんな素敵な服を着て生活している地域がまだ残っているのを見て、世界はまだまだ広いなと思いました。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

« »

コメント

  • kamomosi より:

    おー路上駐車!まさかまさかのですね。さすがにそれはビビります。
    バイク転倒は悲しいですね。バックがクッション代わりになってくれてもミラーやブレーキレバーまではダメなんですか、知らないことが沢山あります。バイクのことも勉強しないといいけないなぁと思いました。

  • ダカール.D.タケヤン より:

    やはり倒れましたか…
    セロー真っ直ぐ立ちすぎなんですよね!
    週末試乗してきた時そう感じました。
    F6ダカールは逆に傾きすぎて下駄履かせてるのに…

    きずいたんですがXT250のスプロケって15-48丁?
    リアの形が旧型なんでもしかして15-45丁?

  • けんいち より:

    kamomoshiさん、アメリカやカナダでも何度か同じことやってますが、壊れたのは初めてです、当たり所が悪かったんでしょうね。

    バックミラーとレバーは今いる町では手に入らないことがわかり、日本から送ってもらうことにしました。

  • けんいち より:

    ダカール・D・タケヤンさん、こんなに重い荷物を付けてサイドスタンドを使うように設計されてないんでしょうね。今後気を付けなければと思いました。

    スプロケは48丁のようです。ちなみに、リアタイヤは日本版はチューブレスですが、カナダ版はチューブタイヤです。

  • ダカール.D.タケヤン より:

    日本から消耗部品持っていこうとしてたんで
    助かりました!
    リア回り以外はセローと共通っぽいんで
    旅仕様部品は日本から輸送予定。
    ちなみに乗り出しはXT250価格+αで65万円…
    円安のバカヤローって感じですけど
    2ヶ月後無事スタートさせたいっす。

  • けんいち より:

    ダカール・D・タケヤンさん、昨年の夏は北米組少なかったけど、今年はけっこう居るみたいですね。

    あと、2か月ですか、準備も含めて楽しんでくださいね。

  • メガラッキー より:

    今度は部品の取り寄せですか。一難去ってまた一難。でも焦らないで。これからもっと高い山を越えるのがちょっと心配です。

  • けんいち より:

    メガラッキーさん、中米と南米は雨季が逆な地域もあるんです。今いるあたりはこれから雨季に入っていきます。南米のアンデス地方はこれから乾季になっていきます。

    何とかうまいこと雨に当たらず南米入りしたいなと目論んでいます。グアテマラを出るのは5月初旬、南米入りを5月下旬か6月上旬には済ませたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です