ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


キューバ・ツーリング その2 2015年3月13日

キューバ・ツーリング その2 2015年3月13日

P3130781

サンタ・クララを出発。馬車は観光用ではなくまだまだ現役です。ここは鉄道駅前。馬車が郊外へ行くための乗合いタクシーの役目もはたしているようです。今の時代、観光用でもない馬車タクシーが大きな町の中心部を闊歩している国など他に見たことがありません。

 

P3130786

昨日、地図を見ていて、50キロ以上に渡って海の上に道路が通っているところを見つけました。カヨ・サンタマリアという場所です。今日は、そこまで行ってみようと思います。まずは、軽食スタンドで朝食。安いのはありがたいんですが、どこもメニューは一緒で味もいまひとつ。天然フルーツジュースは美味しいです。グアバジュースは2人民ペソ(10円)です。

 

P3130790

海を埋め立てて作ったカヨ・サンタマリアへの道。両脇が海の絶景が50キロ以上続きました。バイクで来てよかったと思える道、最高に気持ちよかったです。この道はさすがに有料でした、バイクは2クック(260円)。

 

P3131542

カヨ・サンタマリアのビーチはとてもきれいな海の色をしていましたが、町があるではなく、4つ星ホテルが数軒あるのみ、こんなきれいな海を見ながら1泊してみたかったけれど、景色だけ楽しんで戻ることにします。

 

P3131545

海の道から戻って来ました。ここはカイバリエンという町。建物には南京錠の図とビラ・ハボン・カンダードとあります。直訳すると石鹸南京錠の別荘ということになりますが、本当はどういう意味があるんでしょう。

 

P3131548

今日はもう一つ先の、レメディオスという町に泊まることにします。このカテドラルから1ブロック先に宿がありました。時間の止まったようなのんびりとした町です。

 

P3131554

宿で夕食は?と聞かれたんだけど、外で食べると言ってしまい後悔。小さい町なんで食堂が探してもないんですね。カテドラル周辺にバーが3軒ほどあるだけ。困りました。人に聞いて、3ブロック先のバス亭とガソリンスタンド付近に行くと、軽食スタンドがありました。渋くて、古くて、美しい。でもメニューはいつもと一緒。

 

P3131561

缶ジュース10人民ペソ(50円)、卵入りパン2人民ペソ(10円)、目玉焼き2人民ペソ(10円)。野菜が食べたいです。

レメディオスという何の変哲もない、時間が止まったようなキューバの田舎町。夕食を食べることのできる食堂さえ見つからなくて困ったこんな町でのあれこれが、私の中のキューバの良い思い出となるような気がします。また、いつかこの町を再び訪れたいと思えば、お金を出せば訪れることは可能でしょう。でも、訪れたところで、再びいろいろ不便さに苦労するだけで、深く感じ入ることは無いと思います。やっぱり最初が肝心、2度目は感動が薄まってしまうと思います。レメディオスは私にとって、ああ、これがキューバの田舎なんだと思えた町です。これがキューバの魅力だと人に伝えるようになるのは、この国を離れたもっと先の事となりそうです。

 

キューバ2

レメディオスへのルート。
今日の走行距離205キロ、キューバ合計420キロ。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です