ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


雨で停滞、ガイドブックについて考えてみた 2015年2月2日~3日

雨で停滞、ガイドブックについて考えてみた 2015年2月2日~3日

 2015年2月2日

 

P20202030

天気予報によると、昨日から明日まで3日間はこの付近広い範囲に渡って雨が降り続けるようです。今日は特に雨脚が強く外出もままならないほどでした。メキシコは今乾季のはずですが、例外もあるんですね。雨の中無理して出発しても危険なので、明後日まで停滞することにします。

 

 

2015年2月3日

 

P20304030

今日も雨、最初の2日は観光日和でしたが後の3日が雨、サカテカスに結局5泊することになりました。お昼は市場の食堂へ足を運んで見ることにします。今日はこのおばちゃんの店で食べることにしましょう。

 

P20302101

ポージョ・エン・モーレというメキシコを代表する料理で、唐辛子、木の実、チョコレートを使ったモーレソースで鶏肉を煮込んだものだそうです。と「地球の歩き方」に書いてありました。40ぺソ(340円)でボリュームもたっぷり、美味しいです。

 

ガイドブックについて

ついでなので、ガイドブックについて自分の考えを書いてみます。

そもそも、ガイドブックを持たずに旅行するというスタイルの人も居ますが、私はガイドブック大好き派です。私の旅行スタイルは、移動がバイクなだけで基本的には観光旅行だと思っています。アウトドアを楽しむ、世界で暮らす人々の生活を知る、文化の違いや常識の違いを面白がる、などもありますが、基本的には名所旧跡や観光地を見て回ることが旅行目的の大きな部分を占めますし、ルート取りも観光地を基点に決めて行く感じです。例えば、遺跡へ観光に行ってガイドブックを読みながら回るのと、ガイドブック無しに回るのとでは理解度や面白さが全然違って来ます。だから、私にとってガイドブックはとても大事なのです。

英語版でロンリープラネットというのがあります。南米に限っては、ロンリープラネットの他にサウスアメリカンハンドブックというものもあります。英語版も地球の歩き方も一長一短があります。英語版は何といっても地球の歩き方より情報が多いのが特徴で、西アフリカなど、日本のガイドブックがカバーしていない国々のシリーズが充実しているのが長所ですが、短所として、1ページあたりの紙が厚く、ページ数の割に分厚く重いこと、地図が見難いことがあります。

地球の歩き方の長所は、まず母国語であること、写真が多く料理の説明などもあり、読んで楽しめること、地図が見やすいことがありますが、短所は情報量が少なく、バイクで訪れるような小さな町については全く紹介されてもいないことがあります。

しかしそれも五十歩百歩で、バイク旅行の場合、どちらのガイドブックにも載っていない町に泊まることが圧倒的に多いのです。そういう町では、人に聞いて宿を探したり、教えてもらった大して有名でない観光地を見学したりすることになりますが、そういう場所こそが深く印象に残ったりするものです。

私は、今回ロンリープラネットと地球の歩き方を併用して持つようにしました。最新版が良いに越したことはありませんが、たくさんそろえるとなると高価になるので、なるべく数年前の古本を安く手に入れています。最近は本を裁断してデータ化する方法もあり、軽量化を図る旅行者に受け入れられているようですが、私はどうも、そういうのは苦手で、重くてもかさばっても実物で何冊もバイクに積んでいます。

バイクでの旅行はスーツケースやリュックサックを背負う旅行スタイルより、たくさんの重い荷物を運ぶことが可能です。荷物はコンパクトに越したことはありませんが、工具やスペアパーツ、キャンプ道具などの他、釣り道具や楽器も持ち歩きたい、おまけに何冊ものガイドブックもとなると、私にはバイクでの旅行がやっぱり楽だなぁと思います。

 

さて、明日は降水確率0%。重い腰を上げてグアナファトを目指して走ります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

« »

コメント

  • 橋本 英雄 より:

    けんさんへ

    雨はイヤですね。まぁ走りずめでなく、たまにはゆっくり
    するのもいいでしょう。 もうトルティーヤは食べ飽きた
    でしょうね? 最初の頃はあのトウモロコシの匂いが
    苦手でしたが、慣れると「日本人の米」で、今でも時々
    自家製トルティーヤを楽しんでいます。ただ、日本では
    トウモロコシのカワが手に入らず、小麦粉製なので今一つと
    言ったところです。何を挟んでもうまいのですが、一番
    記憶に残っている具は「炭火で焼いたセボイータ」です。
    Recomiendote a probarlo.

    Buen viaje! 

    • けんいち より:

      橋本さん、雨はバイクの天敵です。

      でも、急いでもしかたがないので諦めるしかないですね。
      そういえば、アメリカではどこのスーパーでもパンコーナーにトルティージャが置いてあったのに、日本ではほとんど見かけませんね。
      キャンプのときの主食にフライパンで焼くだけなのでご飯を炊くより簡単で重宝しました。

      小麦粉のタコスもバハ・カリフォルニアで食べましたが、癖が無いですね。インドやパキスタンのローティーと同じ感じでしたが、やはり、メキシコ料理にはトウモロコシのトルティージャが合うなと思いました。
      主食というのは良くできたもので、飽きが来ないようにできているのでしょうか、トルティージャ日々大好きになっていきます、毎日でもOKです。

      セボイータというのは知りませんでした。セボーヤは玉ねぎですけど、親戚みたいなもの?でしょうか。おススメということですね、探してみたいと思います。

  • かももし より:

    僕も基本的に紙の本が大好きです。手触りやページをめくる感覚がない電子書籍は味気ないですが、大量にモテるメリットが魅力でした。家財一切を処分してしまったので僕の本はすべて電子書籍化されてしまいました。

    ガイドブックをどうするか迷うところです。情報は欲しいけど、あらかじめ画像で見てしまうことで新鮮さは失いたくない気持ちが混ぜこぜです。でも天候による停滞の時はガイドブックをながめてからフラッとでかけるのは楽しそうですね。

    先日、帰国された方から地球の歩き方をもらいました。まだ全然目を通していませんが読んでみようかなという気になりました。

    • けんいち より:

      かももしさん、こんにちは。

      どちらが良いというのではないので、ご自分のスタイルをゆっくり見つけていってください。要らないと思ったら処分したり、必要だと思った物は知り合いに送ってもらうこともできるでしょうから…

      ガイドブックだけでなく、バイク旅行者にとってそれ以上に重要な地図もデジタルか、アナログか、色々なスタイルがありますものね。

      私は全体的にアナログなんだと思います。そんな私でも旅行にパソコンを持って、こうして通信しているんですから凄い時代になったものだと思います。

  • メガラッキー より:

    最後の写真の食べ物は見た感じはカレーにも見えますが、チョコレートも使ってる???どんな味なのか。。。?

    • けんいち より:

      これは、説明しにくいですが、メキシコの代表料理のようです。辛くはないですね。
      市場ではなく、一度ちゃんとしたレストランで食べてみようと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です