ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


世界遺産の町サカテカスへ 2015年1月30日

世界遺産の町サカテカスへ 2015年1月30日

P13001620

世界遺産の町サカテカスを目指して走ります。サカテカスは昔、銀山の採掘で栄えた町で、標高2500メートルの高地にあります。今日は朝から曇っているので、バイクで走ると寒いです。ジャケットの中にダウンも着込んで進みます。

 

P13001631

お昼ころになると晴れてきました。何の変哲のない町で、一軒大変流行っている様子の食堂が目に付きました。今日はそのタコス屋さんに入ってみることにします。値段を聞くと、何と1個8ペソ(70円)とのこと。バハ・カリフォルニアでは倍以上の値段だったのに。やっぱりメキシコ本土の物価はこんなものなのかな?

 

P13002544

安くて嬉しくなり、それぞれ具の違うタコスを4つ注文しました。タコスだけではなく、色々な付け合わせが山ほど出てきました。味も今までで一番美味しかったです。やはり、回転の速い店は肉が固くなったりせず、味も良いのでしょう。毎日通いたいくらいですが、先へ進みます。

 

P13001642

サカテカスはかなり活気のある町でした。何とか、カテドラルにも近くて駐車場もあるマリア・コンチータホテルという宿に落ち着きました。写真の緑色のビルがそうです。wifiはロビーでしか繋がらないということですが、歩道橋を渡った向かいがもう世界遺産の旧市街という観光に抜群な立地だし、1泊260ペソ(2200円)という値段も今までと比べても高くないです。

 

P13002615

部屋でちょっと休憩してから、夕方、町を散策にでかけました。裏通りの駄菓子屋さんの屋上にワンが2匹いました。

 

P13002686

こちらも、屋上でのワン公飼い。

 

P13002758

歩道橋を越えて旧市街へ向かっていきます。

 

P13002820

 旧市街にもワン公。

 

P13002850

そこには、スペイン植民地時代の古い町並みがありました。これもメキシコの魅力のひとつなのでしょうね。国内からの観光客も多いように感じました。

 

P13003029

石畳を歩いて周りの景色を見ているだけでもワクワクしてきます。明日は一日ゆっくり時間を取って、サカテカスの町を歩いてみたいと思います。

 

メキシコ9

サカテカスまでのルート。

今日の走行距離329キロ、合計29294キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« »

コメント

  • 橋本 英雄 より:

    けんさんへ

    転倒事故からの復帰よかったですね。毎日あなたの紀行文と
    写真を楽しんでいます。私は昔、商社の駐在員として中米を
    約12年間飛び回っていましたので、貴旅行記の一語一語が
    懐かしく昔を思い出させてくれます。
    私は幸いその間危険な事故にあったこともありませんが、
    あなたは一人旅、身辺にはくれぐれも気をつけて下さい。

    これからもお元気で楽しい便りを待っています。

  • shishido kaz より:

    ブリトー、タコスおいしそうな写真ありがとうございます。
    どうしても食べたくてタコスチップ買ってきました。
    本物たべたい。街並みもステキですね。
    日本は大寒まっただ中でとても寒い日が続いてます。
    蝋梅も盛り過ぎ、梅花チラホラです。
    またまた異国のそのままの写真お待ちしてます。
    スピード抑え安全運転で

  • けんいち より:

    橋本さんへ、ぽこけんを読んでくれているとのこと、嬉しく思います。

    12年間も中南米に滞在されたとは、色々ご苦労もあったでしょう。でも、旅行者には分からない生活者としての目で見て体験されたことは、貴重な体験ですね。うらやましくも思います。

    こちらは、スペイン語もヨチヨチ歩きですし、これから、中南米のいろんな解釈で間違ったことも書くかもしれません。暖かい目で見て頂ければ幸いです。

    今後もよろしくお願いします。

  • けんいち より:

    ししさん、こんにちは。

    メキシコの食べ物は本当に美味しいですよ。
    アメリカ人の料理人は皆メキシコへ修行に来た方が良いのでは?(笑)と思えるほどです。

    メキシコにはスペイン植民地時代の町並みの残るところが、あちこちにあるそうですが、私にとっては、ここ、サカテカスが初めてでした。

    昔のヨーロッパに迷い込んだような感じで、散歩しているだけで楽しめます。

  • まっくす より:

    LAで仕事仲間のメキシコ人家庭にお邪魔した時・・・
    グアダハラから来た新婚の奥様が居ました・・・

    まだ一言の英語も話せない、米国に来たばかりの美しい素敵な奥様、見たことも食べた事もないメキシコの家庭料理を食べさせて頂きました

    素朴な手料理の旨さに感激し、食文化の奥の深さに瞠目する1日でした・・・
    言葉の交流は無くとも、旨さの笑顔は奥様のハートにも確実に通じました

    奥様の笑顔に輝くようなメキシコの陽光を感じ、異文化のお料理のおもてなしに感激した素敵な時間・・・

    日本を離れると感慨もひとしおですね♪

  • けんいち より:

    まっくすさん、良いお話ですね。

    メキシコの家庭料理、美味しそうですね。店のメニューとはまた違った魅力があるでしょうね。新婚でロサンゼルスへ嫁いで来て、お仕事仲間を招いての食事会、いっそう腕によりをかけた料理だったのでしょうね。

    嫁いできた奥様が英語が一言も話せない、分かります。メキシコでは英語は全く通じませんね。私もまだ、スペイン語よりは英語の方が楽なんですが、その考えを捨てなければと痛感しています。

  • メガラッキー より:

    街の感じがテーマパークみたいで行ってみたいです。タコスにはコーラが合いそうですね。今のコーラは昔と比べるとカロリーとかいろいろ気にしすぎて美味しくなくなったと思うのですが、メキシコのコーラの味はいかがでしょうか?

    • けんいち より:

      メキシコの食堂では、日本のように無料の水などでてきませんし、店に置いてある飲み物も種類が少なくてほとんどの人がコーラを飲んでいるように思います。

      選択肢が無くてコーラというのが本当のところかな?日本ではコーラはもう何年も飲んでいないような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です