ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


バハ・カリフォルニア半島 その4 2015年1月26日

バハ・カリフォルニア半島 その4 2015年1月26日

バハ・カリフォルニア半島は雨など降らないと思っていたのですが、何と今朝は雨音で目が覚めました。乾燥しているのは確かだけど、この時期の降水量グラフを見てもゼロではないのだし、全く雨が降らなかったらさすがのサボテンも育たないですものね。

 

P12600990

雨が上がったのを見て9時ころ出発。せっかくの海沿いルートですが、曇っていて色がさえません。

 

P12602387

内陸に入ると、険しい山並みも見られます。

 

P12602415

シウダード・コンスティトゥシオンの町でセビーチェ屋台の看板を見かけました。セビーチェとは、生のイカ、タコ、魚、トマト、玉ねぎなどを角切りにして、ライムや香菜、香辛料で味付けした魚介類のマリネです。ペルーで食べて大好きになりましたが、メキシコでは初めてお目にかかります。生ものですからね、おじさんマスクなどもして、衛生面に気を使っているのも感じられます。

 

P12602446

何というのでしょう、酸っぱさと辛さが絶妙、これを、トスターダというトウモロコシを練って広げた皮をカリカリに揚げたものに乗せて食べるとまた行けるんです!アボガドも良いアクセントになってます。セルベッサ(ビール)が欲しくなりますが、まだお昼なのでがまん、がまん。相当美味しかったです。1杯65ペソ(560円)と値段はそれなりにしました、魚介類はメキシコでも高級ですからね、でも、満足できましたよ。

 

P12601011

やったぜ、ベイベー!、又はミスター、ガッツマン?

 

P12601062

日は雨が降ったりやんだりです。でも、おかげで虹を見ることが出来ました。肉眼で見たときはこの外側にも薄い輪があって二重の虹だったんですが、写真には写っていませんね。老眼のせいではない、確かに出ていたはずですけど。

 

P12601103

5時には暗くなってしまいます。今日は、500キロ以上走って半島の南端、ラパスという大きな町まで来ました。町の中心部をグルグル回って見つけた宿、ペンション・カリフォルニア、1泊250ペソは良いですが設備はかなりくたびれています。1泊なので、まあ、良しとしましょう。

 

P12601124

もう時間も遅いので、夕食はコンビニ「オクソ」でホットドッグとブリトーとビールで83ペソ(720円)。

夕食後、インターネットでバハ・カリフォルニア半島から本土へ渡るフェリーについて調べました。本当に、便利な時代になりました。

バハフェリーのHP

フェリーのホームページによると、明日の火曜日は17時マサトラン行き(料金バイク込2006ペソ)と14時発トポロバンポ行き(料金バイク込1728ペソ)があるようです。

トポロバンポ行きは午後9時に下船して宿探しが面倒そうです。一方、マサトラン行きだと距離も稼げるし、料金は割高だけれど船内で1泊でき、宿泊費が浮いて一石二鳥。マサトラン行きで行こうかと思います。

 

メキシコ6

ラパスまでのルート。

今日の走行距離520キロ、合計28043キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

« »

コメント

  • shishido kaz より:

    セビーチェおいしそうですね。
    ライムや香菜、香辛料の味付けがイイのでしょうね。
    白のワインでいきたいですね。
    セビーチェで栄養つきサボテンのガッツポーズに送られ
    またまた安全運転で走行お願いします。
    また航海の無事お祈りします。
    船ではゆっくりしてください。
    こちらは明日源氏山で友人とコーヒーとラーメンして来ます。

    • けんいち より:

      ししさん、白ワインとっても合うでしょうね。

      見かけたらまた食べたいですが、本土へ渡ったら山の方へ向かいます。

  • かももし より:

    ついにセビチェですね。広大な大地と青い空が綺麗ですね。平坦なオフロードも快適そうです。フェリーもお高いですね。バイクに船旅なんてゴージャス感がすごい!楽しんでください。

    • けんいち より:

      かももしさん、バハ・カリフォルニアは北米と中米の良いクッションかもしれないですね。

      フェリーを下りれば、いよいよ本当の中米がはじまります。

  • まっくす より:

    セビーチェ お国が異なると料理アレンジも多彩で面白いですね~~~~♪

    カップ提供・・・ルーツ?

    あの安藤百福氏(日清製粉:カップ麺創始者)が米国にインスタント板状ラーメンをセールスに行ったら、米国人バイヤーがマグCUPに半割にしてお湯かけて喰ったとか・・・

    それが、カップ麺の発想起源らしいです(*´▽`*)

    確かに便利な提供方法

    • けんいち より:

      まっくすさん、なかなか海外では生の魚介食べる機会がないですから、セビーチェは嬉しいです。

      メキシコの人は、単に皿を洗うのがめんどうで使い捨て食器を使ってるんだと思いますよ。でも、カップに入れると見た目もなかなかですね。

  • メガラッキー より:

    屋台で買ったのはドリンクかと思っちゃいましたよ(>_<)。
    半島からはフェリーがあったのですね!てっきり陸路で戻るのかと。

    • けんいち より:

      これが、かなり美味しかったんです。また食べたい。

      そうなんです、フェリーで本土へ渡ります。

  • 昔のライダー より:

    大昔、自分もバイクでメキシコを旅していました。それから何十回ときており、今もグアダラハラというところにあと少しステイします。

    食べたのはひょっとするとセビーチェでなくコクテル・デ・マリスコというものではないでしょうか? cocktail del camaron 英語でshrimp cocktailも
    メキシコスタイルの方が断然旨い! 機会があればお試しを!
    Buen viaje!

    • けんいち より:

      昔のライダーさん、ぽこけんへようこそ。

      バイクでメキシコを旅されてたんですね。メキシコ雰囲気良いですね。私も大好きです。

      なるほど、コクテル・デ・マリスコというのがあるんですか。セビーチェと頼んだんだけど、そっちを出してくれたのかもしれませんね。

      エビも美味そうですね。見かけたらぜひ試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です