ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ケガ・病気の近況

ケガ・病気の近況

メキシコをツーリング中、バイクで転倒して鎖骨骨折。旅を中断して一時帰国をしてから早くも1か月を過ぎました。骨折の方は、整形外科で2週間ごとにレントゲン撮影をして骨の付き具合を確認してもらっています。若者であればそろそろ骨がくっ付き始める頃らしいのですが、中年のためか遅れているようです。ただし、骨がずれたりはしていないようなので、寝返りなどに気を付けながら気長に療養しています。

 

10173638_1528474710698833_840164543683152833_n[1]0

10月下旬、急に熱が出て身体中に赤い発疹がでて通院しました。診断は水疱瘡。そういえば子供のころかかっていませんでした。大人になってからの水疱瘡はひどいと聞いていましたが、その通りでした。身体、顔どころか頭皮、口の中にまで発疹ができ熱が下がってからもしばらく頭痛と膀胱炎のような症状が続きましたが今は何とか完治して元気になりました。

 

tyubukan16[1]

数年前に右上腕がしびれていたのはいつの間にか治りましたが、半年ほど前から左手の小指と薬指外側がしびれるようになり5月ころ近くの整形外科を受診しました。首からくるものかもしれないと言われ、メチコバールを処方されました。医師に診察してもらえたのは初診のときだけ、2回目、3回目は診察もせず処方箋をくれるだけ、そのくせ診察料はきっちり請求されました。ひどい病院だと思い、以降通院はしていませんでした。

カナダ・アメリカをツーリング中もずっと左小指と薬指外側のしびれは続いていました。出てきている症状から、自分でインターネットで調べたところ、しびれの原因は肘から来る肘部管症候群ではないかと思い、先日、手外科専門医のいる大きな病院を受診しました。すると、肘部管症候群の可能性が高いので神経伝達検査を行いましょうということになりました。検査は明日行う予定です。

調べたところ、手外科の専門医は福島県に9名しかいません。自分で調べなければ、診察もせず処方箋だけ出すような病院にかかり続けて症状を悪化させてしまうケースもあるのではないかと思いました。もし、肘部管症候群ということになれば、圧迫されている神経を解放するような手術が必要になるかもしれません。手術というと、ちょっと緊張しますが、首の手術よりは気が楽ですし、一時帰国中の今、治しておくのは良いタイミングかもしれないと思います。

 

 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    外国へ行くと、今まで日本に居たら気がつかない事が沢山出てきましたね。メキシコでの事故は結果的には良かった気がします。今のうちに体のメンテナンスをしましょう。

  • けんいち より:

    メガラッキーさん、半年間しびれはあって気になっていたんです。病名もインターネットで調べてうすうすわかっていました。

    就職していると、何かと気を使ってしまい手術を先延ばしにしてしまったかもしれません。

    旅の一時帰国というこのタイミングでの手術は良い選択だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です