ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


アンティロープ・キャニオン 2014年9月14日

アンティロープ・キャニオン 2014年9月14日

ザ・ウエーブで二人の日本人女性が薦めていたアンティロープ・キャニオンへ行くことにします。

 

P91434570

アンティロープキャニオンにはアッパー(上流)、ローワー(下流)のキャニオンがあります。最初アッパーへ行くとツァー代金が40ドル、ナバホ族エリア入域料8ドル、計48ドルと言われました。じゃあ、ローワーはいくらなの?と聞くとツアー代金20ドル、ナバホ族エリア入域料8ドルで計、28ドルとのこと。どちらにしても高いなぁ、ツアーじゃないとダメなの?と聞くと、ツアーでしか入れないとのこと。まぁ、ローワーへ行くことにして、2軒ツアー会社があるうち、KEN’S TOURという馴染みやすい名前に惹かれてここに申し込みました。

 

P91434581

これが、プライスリストです。ここは国立公園ではなく、あくまでもナバホ族のエリアです。国立公園などよりかなり高めの料金設定で設備もそれなりではありますが、ここのキャニオンは本当に凄かったです。グランドキャニオンなどはもっと規模の小さいものはどこかで見たことがありましたが、この、アンティロープキャニオンのような世界は初めて見ました。結果、28ドルは私には全然高くなかったです。このような場所があったのかと感動しました。

 

P91436012

さて、アンティロープ・キャニオンとはどんなところなのかというと、一見、このような大地にあるただの割れ目です。割れ目の幅は1メートルほど、深さは5メートルから10メートルくらいだったでしょうか。鉄砲水によって岩が削られてできたそうですが、これが何とも美しい岩の曲線の不思議な世界でした。もし、小人になって人間の体の中を旅することができたら、こんな世界が見えるかも、そんなふうに思いました。では、中へ入っていきます。

 

P91434913

階段を10メートルくらい下りて川底に着いたところです。

 

P91434944

上の狭い割れ目から淡い光が差しています。ところどころ、人がひとり通るのがやっとの狭い場所があったり、いきなり広くなったりします。

 

P91435135

なぜこのように岩が削られたのでしょうか。

 

P91435186

曲線と淡い光が独特の世界を作り出しています。

 

P91435557

こんなところがあるとは全く知りませんでした。アンティロープ・キャニオン、かなりおススメです。

 

P91435638

彼女たちに教えてもらって、来ることができて良かったです。

 

P91436020

この日はさらに移動して、グランドキャニオン国立公園サウスリム付近でキャンプしました。

 

今日の走行距離420キロ、合計24137キロ。

 

アメリカ15

グランドキャニオン国立公園サウスリムまでのルート

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

« »

コメント

  • 林 慶子 より:

    アンテロープ、行かれたんですね!

  • 林 慶子 より:

    すみません、途中で送信してしまいました…
    28ドルでこんな絶景が見れるなんて‼︎ と思わせてくれるほどの価値ありますよね!
    ぽこけんさんに絶対見ていただきたかったので良かったです☆
    Facebookの件もありがとうございます♪

    • ぽこけん より:

      林慶子さん、アンティロープキャニオン、教えてもらって感謝しています。

      ウエーブといい、良い場所を沢山ご存じですね。また、今後向かう中南米でも良いところがあったら教えていただけると嬉しいです。
      私は今日、メキシコインしました。アメリカと雰囲気が違ってまた楽しそうです。

  • hide より:

    曲線と淡い光のグラデーションがとってもいいです。

    こんな観光名所があったんですね。

    • ぽこけん より:

      hideさん、私も全く知りませんでした。

      行って見て良かったと思います。世界はまだまだ色々不思議な風景があるなぁと思いました。

  • メガラッキー より:

    とっても綺麗です。別の惑星に来たみたい。これならお金を払っても行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です