ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


バイクトラブルでスタック中 2014年8月19日~23日

バイクトラブルでスタック中 2014年8月19日~23日

2014年8月19日

P81925921

イエローストーン国立公園の北入口にあるガーディナーの町です。今日はイエローストーンを出発して南下します。

 

P81909610

アシュトンという町の図書館です。アメリカではwifiは図書館でできるよと、バイクで世界一周6年目のマサさんに教えてもらいました。マクドナルドだと、あまりに多くの人がwifiを利用して繋がりが悪かったり、電源を使えないようにしてある店舗もあるとのことです。確かに図書館なら電源の心配もないし、落ち着いてブログを書くことが出来ます。アメリカの図書館、なかなか使えます。

 

P81909620

午後6時の閉館時間ギリギリに何とか昨日のイエローストーン国立公園の分までブログをアップできました。気分もスッキリでアシュトン郊外の森の中でキャンプです。

 

P81909640

今日はメキシコ風料理にチャレンジです。肉と野菜をトウモロコシの粉をのばしたトルティーヤに包んでタコスのようにして食べてみました。トルティーヤはどこのスーパーでも売っているし、料理も簡単しかもとても美味しかったのでまたやってみようと思いました。

今日の走行距離219キロ、合計18226キロ。

 

 

2014年8月20日

P82026070

アシュトンからソルトレイクシティーの方へ南下します。朝のうちはまだ晴れていました。

 

P82009663

でもだんだん雲行きがおかしくなってきて、そのうちどしゃ降りの雨と雷になってしまいました。どうも、アメリカへ来て以来天気が安定しません。イエローストーンだけ晴れてくれたのはラッキーでしたけれど。マサさんはアメリカには3週間居たけど一度も雨に降られなかったと言っていたのにおかしいなぁ。

 

P82009670

国道89号線のソルトリバー峠あたりで、今日は天気が悪いから早めに、キャンプ地を決めるかとここを入って 行ったのが、運命の分かれ道になるとは、この時は思いもしませんでした。

 

P82026082

分岐から1キロちょっと土の道を入ったところでキャンプ。

 

P82009681

この日の夕食は牛丼でした。肉が太いのはがまんするとして、味はなかなか良かったです。バンクーバーで買ったダシが活躍しています。しょう油は今や北米では一般的なようで、どんな小さなスーパーでもキッコーマンが手に入ります。値段も決して高くありません。

 

今日の走行距離269キロ、合計18495 キロ。

 

 

 

2014年8月21日

 

P82109690

夜中から雨が降り続き、朝になってもやみません。その後もずっと雨が降り続き今日は停滞決定です。

 

 

2014年8月22日

 

P82209710

今日も天気が悪かったのですが、3日も停滞していられないと無理に出発を決定、これが判断ミスでした。ずっと降り続いた雨が路面を凄まじくドロドロにしていたのです。

 

P82209721

何度もスタックしながらも何とかドロドロも道を進んでいきましたが、やがて、ギアが入らなくなってしまいました。半クラッチを使いすぎたため、クラッチ板をダメにしてしまったようです。

P82209763

タイヤにこびり付くドロを取っては押しをくりかえしますが、砂利道のところまでの200メートルがなかなか進めず、雨もやまず、この日はギブアップ。荷物を全て下して、砂利道部分まで運んでキャンプです。

 

P82209772

まったく雨は容赦なく降り続けてくれました。

 

2014年8月23日

 

P82309780

翌朝、何とかバイクを押して砂利道部分のテントを張った所まで戻って来ることができました。バンザーイ、と行きたいところですが、ここからが問題です。クラッチがつながらないので動けません。これはヒッチしかないでしょうと1キロほど離れた国道まで歩いて行きました。

アメリカは銃社会だからヒッチは止まってくれないと、どこかで誰かに聞いた言葉がひっかかりましたが、まあ、それ以外方法はないので何としてもヒッチするしかないでしょう。

 

P82309801

1台スルーされましたが、次のピックアップトラックが止まってくれました。事情を話すとバイクとテントのある所まで乗せて行ってくれ、バイクと荷物を荷台に2人で乗せました。デビッド・アームストロングさん、親切な人に巡り合って良かったです。その後、アフトンという町のバイク屋さんまで連れて行ってもらいました。写真はバイク屋に着いて、バイクを下すところです。奥がデビットさんで、梯子を準備しているのがバイク屋のダスティンさん。

今日は土曜日でメカニックが休みなので、月曜日に故障個所を見て、いつ修理可能か判断するとのことです。

ということで、数日はここアフトンの町に滞在することになりそうです。

 

P82309822

バイクをバイク屋に預けたあとは、町で一番安いというモーテルまで連れてきてくれました。バイク屋までも歩いてすぐだし、スーパーもまあまあ近いし、部屋にキッチンが付いているので自炊もできます。

 

デビットさんには感謝感謝です。旅にトラブルは付き物だけれど、大雨であれほど路面が悪化してしまうことを想像できなかったのは完全に自分のミスです。安全運転だけではなく、他の面でももっと慎重にならなければと痛感しました。

 

アメリカ4

アシュトンまでのルート

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

 

« »

コメント

  • きくちゃん より:

    いつも楽しみに拝見しています。アメリカはでかいですね!
    どこの国にも親切な方がいらっしゃいます、天の助けというのでしょうか。これからも気をつけて旅を続けてください。

  • まっくす より:

    けんさんのご苦労、バイクトラブル要因が・・雨・・・

    日本国も広島で大変な状況になってます・・・

    私もツーで久々に上下どっぷしでしたが・・・
    おパンツ寸止めでした!

    相棒マシンの復帰、待ってますよ!
    お手製料理で気合充実してね(*^-^*)

  • ぽこけん より:

    きくちゃん、こんにちは。

    いつも見てくれていたとは、光栄です。

    どこにも親切な人がいる、本当ですね。
    大変貴重な経験ができたと思います。

    ひとりで旅行しているつもりがでしたが、実は人々助けがないと成り立たないんだということを感じました。

    受けた親切をどこかで誰かに返せるようにしたいものです。

  • ぽこけん より:

    まっくすさん、雨はバイクの天敵ですね。

    晴れた日は鼻歌のひとつも出て来るくらい気分が良いのに、雨となるとガックリ来てしまいます。ましてや、物価の高い北米で雨のキャンプとなると、もう嫌~です。

    いつも応援ありがとうございます。

    早くバイク復活してくれないかな~。

  • ダカール・D・タケヤン より:

    2010年夏のアメリカ西部は1ヶ月走り周って
    2日それも数分ぐらいしか雨降られなかったから
    今年は日本同様アメリカも異常気象なのかもしれないですね。

    ダカールの故障原因はパルスセンサーでした。
    エンジンOHもしたからこいつで来年走り出したい所ですけど
    多分バンクーバーでXT250購入予定!

  • ぽこけん より:

    ダカール・D・タケヤン、こんにちは。

    そうですか、アメリカ西部の夏は雨少ないのが普通なんだ?降水量グラフを見て、東京より少ないはずなのにおかしいなぁと思っていました。

    今日、バイク屋さんへ行ってみたら、やっぱりクラッチ版がダメになっていました。いつパーツが手に入るか今、連絡待ちです。

    来年のツーリング楽しみですね。

  • hide より:

    クラッチが壊れてしまったのはとても不運でしたが、止まってくれたのがピックアップトラックでバイクを積むハシゴまであって親切な方にめぐり合えてよかったですね。
    パーツが早くきて旅がすぐにでも再開ができるとよいですね。

  • ぽこけん より:

    hideさん、こんにちは。

    バイクに長年載ってますが、クラッチ故障は初めてでした。
    知識として半クラッチの多用は良くないと知っていたものの、ドロにはまって動けなくてついついやってしまいました。

    以後の教訓になりました。

    ヒッチは苦労すると覚悟していたのに、意外にもすぐに親切な人に巡り合い助かりました。

    実は、梯子はバイク屋に着いてから下す場面の写真です。乗せるときは山の斜面を利用しました。

    モーテル滞在、バイク修理とお金は散財しそうが、のんびりとパーツ到着&修理完了をこの小さな町で待つほかありませんね。

    久しぶりにネットにつなぎ放題、電気使い放題ということで、古いドラマ、倉本聰脚本の「昨日、悲別で」など見入って居ります。

  • メガラッキー より:

    最初は砂利の道でテントなんて危ないと思ったのですが、それよりクラッチがいかれた方が怖いですね。悪い人が停まって命を落としたりってホント怖いですよ。。。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、旅に出てから、眼鏡に始まりいろいろ壊れましたが、まさか肝心のバイクが!

    ガス欠と同じで動かないわけですから、参りました。もっと山奥でなくて助かりました。

    カナダ、アラスカは動物の方が怖かったけれど、確かに、今後アメリカ・中米・南米と人への警戒が大切になってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です