ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


リアドリバー温泉からプリンスジョージへ向かう 2014年8月2日~4日

リアドリバー温泉からプリンスジョージへ向かう 2014年8月2日~4日

2014年8月2日

 

アラスカハイウェー沿いにある人気の温泉と聞いていたので、混んでいる時間を避けて朝6時に入浴しに行きました。入浴料は5ドル(500円)でしたが、朝早くてチケットが買えず、無料で入浴することになりました。ここにある、53サイトあるキャンプ場は1サイト24ドルもするというのに、Full(空なし)の看板がかかっています。日中は相当混雑するとおもうので、早起きして来たのは正解でした。

 

P80221574

駐車場にバイクを停めて歩いて行きます。湿原の向こうにもうもうと湯けむりが見えてきました。あそこが温泉のようです。

 

P80221560

温泉が見えてきました。かなりきれいに整備されています。カナダによくあるプールのような温泉ではなく、源泉から湧き出した温泉の川をせき止めて作った野趣あふれる大露天風呂です。

 

P80221452

これは貸切だろうと中へ入って行きましたが先客がいました。何と聞こえてくるのはロシア語。私も世界中であちこち温泉に入っていますが、ロシア人の方には本当によく会います。日本人の次に温泉好きな国民はロシア人ではないかと思います。

P80221483

温泉は最上流部が源泉、そのあと30m×10mくらいの大露天風呂があって、その隣、下流部に小さ目の20m×5mくらいの露天風呂がありました。この写真は下流の小さい方です。温度は上流の一番高いところで44度くらい、下流では38度くらい、自分の好きな温度の所に入れます。

 

P80208331

カナダに入ってからぬるめの温泉ばかりに入っていたので、日本のような熱めの温泉がありがたかったです。

 

P80221675

1時間ほど入ってから出て来ると、ぞくぞく朝風呂へ向かう人たちとすれ違いました。あのロシア人の家族も私と同じ考えで空いている時間帯を狙って来ていたのかもしれません。その後は、きれいだけれども単調なアラスカハイウェーの道をどんどん進んで行きました。フォートネルソンという町のビジターセンターでwifiにつないでみると世界一周中のライダー、マサさんがあと数日でカナダ入りするということ。プリンスジヨージの町で会うことにしました。旅人とネットを介して会うことができるなんて、時代は変わりましたね。

 

P80221736

今日はプロペットリバーキャンプ場に泊まります。州立のキャンプ場ですが、ベンチもなくトイレだけあって無料です。隣は滑走路でした。看板も出ていないのでお客は私ひとり。笛の練習もできて無料なので私には最高のロケーションです。

今日の走行距離465キロ、合計13306キロ。

 

 

2014年8月3日

P80321740

アラスカから3000キロ以上も移動してきたのだから当然といえば当然ですが、テントでシュラフくるまって眠っていても全然寒くありません。ツーリング中もとてもももひきなど履いていられないほど暖かいです。ジャケット+2~3枚くらい着て走っています。ちょうど、真夏の北海道くらいの気候かもしれません。

 

P80321821

単調な風景が続きます。

 

P80321832

カナダ北部では道路の周りは一面の原野だったのに、人の手の加わった風景が目立ち始めました。北海道と似たような風景の中を進んで行きます。

 

P80321873

今日はピースキャニオンダムの横で野宿です。エンジンオイルも交換、廃油はたき火と一緒に燃やしました。

 

今日の走行距離420キロ、合計13726キロ。

 

2014年8月4日

 

夜中にトイレに行こうとして、いつもと様子が違うことに気が付きました。真っ暗で見えません。今まで白夜だったので懐中電灯など必要なく、荷物の底に入れっぱなしにしてありました。真っ暗な中、懐中電灯を必死に探し当てたと思ったら電池が入っていません。あきらめて、手探りでテントの外へ出ました。いつの間にか夜が戻って来たんです。

 

P80421901

今日も快晴の中出発。アラスカハイウェー沿いには綺麗な湖が点在しています。北上するとき使った37号線では毎日数回は熊や他の動物に遭遇できたのに、1分間に1台すれ違う程度の交通量では敏感な動物たちはなかなか姿を現してくれません。久しぶりに水鳥を見かけました。

 

P80408470

きれいな川があったので昼食休憩がてら釣り。ニジマスです。

 

P80421932

25センチほどのニジマスが2匹釣れました。

 

P80421953

捌いて昼食のおかずにしました。鮭のような赤身に見えますが、焼くと白くなります。

午後は、暖かいので川で体や頭も洗って髭までそり、リフレッシュしました。今日はプリンスジョージの手前120キロ地点で野宿。明日は、世界一周中のライダー、マサさんとプリンスジョージで落ち合う予定です。

今日の走行居距離271キロ、合計13997キロ。

 

BC州8

リアドリバー温泉からプリンスジョージまでのルート

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

« »

コメント

  • まっくす より:

    “いつの間にか夜が戻って来たんです”

    この感覚・・・ちょっと体験してみたいと思いました・・・
    緯度を駆けて、貴重な体験ですね(^_-)-☆

    • ぽこけん より:

      まっくすさん、良いこと言いますね!
      確かに寒かったのが暖かくなったという以上に、貴重な体験ですね。

      そのうちどんどん南下すると、お昼には自分の影が見えなくなって北の空に太陽が見えるようになるんですものね。

      そういえば、フェアバンクスダウンタウンの看板に世界各地の都市への距離が書いてあるモニュメントがありましたけど、ロサンゼルスより東京の方が近いらしく、その実感がわかずに不思議な感じがしました。
      世界というと何だか平面の地図を思い浮かべてしまいますけど、今度は地球儀を思い浮かべて旅をしてみたいと思います。

  • メガラッキー より:

    懐中電灯がいらない世界へ行ってたのですね、電池を買わないと。。。川に入れるぐらい暖かくなってきたのですね。

    • ぽこけん より:

      メガラッキーさん、白夜も最初こそ寝にくい感じはしましたが、慣れて来ると明るいのが当たり前になっていました。今度は普通に夜が暗くなってくると明るかったときの便利さがわかります。白夜を体験すると、どうしてもその逆の冬のアラスカや北欧の暮らしを想像してしまいます。

      長い長い夜、人々は一体どんな暮らしをしているのでしょう、一度そんな季節にも訪れてみたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です