ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


北極圏への旅 デンプスターハイウェー往路 2014年7月2日~5日

北極圏への旅 デンプスターハイウェー往路 2014年7月2日~5日

北極圏にあるイヌビックという町を目指してデンプスターハイウェーというダート(未舗装路)を北上していく旅のはじまりです。

2014年7月2日

 

P70204420

国道2号線からデンプスターハイウェーの看板に従って右折。ここからダートで735キロ先にイヌビックの町があります。

 

P70204512

今日はずっと天気が思わしくなく雨が降りそうな空でした。適当な川原を見つけて昼食休憩にします。

 

P70204503

今日の昼食は韓国製の即席めん、その名もキムチヌードルです。サッポロ一番ばかりだったので新鮮な味です。

XT250は燃費がリッター約40キロ。バイクのタンクと予備で携帯するガソリンタンクを足すと合計16リットル。ダートで燃費が落ちることを考えると約600キロ走ることができます。

 P70204524

今日はエンジニールクリークキャンプ場に泊まります。

デンプスターハイウェーの入り口にガソリンスタンドはあったのですが、カードでの支払いのみの無人スタンドでした。なので給油せずに走りタンクのガソリンを使い切り、予備タンクから給油しました。ここから170キロ先にガソリンスタンドがあるので、そこまでは余裕で走れるはずです。明日、再び満タンにします。

今日の走行距離335キロ。合計6079キロ。

2014年7月3日

 

P70304672

朝は曇りだったのに、雨がぽつぽつと降って来てしまいました。雨の中土の道をバイクで走ったことのある人はわかると思うんですが、道がツルツル滑って、それはそれは運転に気を使います。転ぶとケガの危険だけでなく、バイクを起こすのに手こずると、ガソリンが漏れて次のスタンドまでたどり着けなくなる恐れもあります。ここは、何としても転倒を避けなければなりません。時速30キロくらいで慎重に進んでいきます。

  P70304690 もちろん、バイクもドロドロになります。

 

 

 

 

P70304700

カッパを着て走りましたが、足元もこの通りドロだらけ。

無事にイーグルプラインスという地点で給油をし満タンになりましたが、リッター173ドル(173円)と高くなってきました。

  P70304994

何とか雨地帯を走り抜け、北緯3366分、これより北極圏の看板のところまでたどり着き記念撮影。

  P70313807

とにかく、落ち着けるキャンプ場まで走らなくてはなりません。さっきまで雨で景色を見る余裕もなかったけれど、北極圏は木々が低いため視界が広々しています。

  P70305082

今日はロックリバーキャンプ場に泊まります。12ドル(1200円)バイクを買って6000キロを超えたので3度目のオイル交換。本来ならフィルターも換えたいところですが、今回は延期。今は数に限りがあるので3回に1回の割合にしておきます。

  P70305071

本日の(も?)パスタ。具とパスタの種類を昨日とちょっと変え、ハム&アスパラのペンネです。我ながらかなり美味ですぞ。

 

今日の走行距離271キロ。合計6350キロ。

 

2014年7月4日

 

P70405112

こんな空なんです。晴れている部分もあるけれども荒れ模様。せっかくの北極圏をまた雨の中走るのではもったいないので、今日は停滞日とします。

  P70405123

幸い、キャンプ場の横が川なので洗濯しました。

 

P70405090

屋根付き小屋もあるので、蚊や雨から守ってくれるので快適に過ごせました。

  P70405101

電気はないものの、ケーナ(アンデスの笛)の練習をしたり、読書をしたり楽しく過ごせました。そうこうするうちにあっという間に一日が過ぎて行きます。

 

 

2014年7月5日

 

一日待った甲斐あって今日はドカーン!と晴れています。ロックリバーキャンプ場を出発です。

  P70514105

ほどなくすると前方に雲がナイアガラの滝状態になっているではありませんか。さすが北極圏の景色は違うなぁ、などと感心している場合ではありません。今日はライト峠という峠を越えなければならないはず。ということは、峠の向こうは雲の中?

  P70514196

ライト峠に近づいて来ました。青空と雲のコントラストがきれいですが、やはり向こう側の天気は悪そうです。

  P70514237

ライト峠のてっぺんです。やっぱり雲の中でした。ここまではユーコン準州でしたが、ここからはノースウエスト準州に入って行きます。

  P70514549

数十キロは雲の中でしたが、やがて天気は快晴に変わりました。標高は下がっているはずなのに、木々の背丈がどんどん低くなり、大展望が広がっています。どこまでも続く地平線を見ながら、地球はやっぱり丸いんだな、などと感心しながら一本道のダートを進みました。

  P70505211

天気が良く、余裕も出て来たので釣りをしてみます。何という魚かわかりません。知っている人がいたら教えてください。

※後日、ノーザンパイクと判明。インフォメーションにあったユーコンの魚という小冊子にはノーザンパイクには鋭い歯があると書かれていました

 

この後、別の湖で立て続けに糸を切られてしまいました。謎の怪魚?とにかく歯のある魚だとは思うのですが、ナイロンの糸では全く太刀打ちできません、無駄にルアーを3つも取られてしまいました。3つで18ドル(1800円)の損失も大きいけれど、ルアーに食いついた魚の今後の人生?(魚生)が気の毒です。食べてあげれば成仏できただろうに。。。釣り師というのは罪深いものですね。

 

P70505300

ちょっと脇道に入ったところで昼食休憩。ワイルドさは全然求めていない普通の旅行者なんですが、ベンチもないし、服もドロだらけになるし、仕方なくワイルド系になってしまいますな。

 

P705146110

イヌビックまでの道沿いに、ピール川とマッケンジー川と2か所フェリーで川を渡るか所があります。どちらも無料で、バイク1台のためだけにも船を動かしてくれます。アフリカでは、法外な渡し賃の値下げ交渉で1時間以上なんてこともあったなぁと懐かしく思い出しました。

    P705141412

今日はほとんど絶景の中を走ることができて満足な一日でした。人口3000人の北極圏の町イヌビックに到着です。

 アラスカ5

イヌビックまでのルート。今日の走行距離322キロ。合計、6672キロ。

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村

« »

コメント

  • hide より:

    ナイアガラの滝ような雲がみごとです。

    釣りも魚影が濃くていいなぁ~!

    物価は高いけどフェリーは公費?で無料なんですね。

  • ぽこけん より:

    hideさん、滝も見事でしたが、山の向こうも見事に曇っていましたよ。

    魚影は素晴らしく濃いです、でも、北へ行けばいくほどというわけでもないような気がします。南の方が釣れていたような気がします。

    北へ来ると通れる道路が少なくなるので、その分、人が入っていける川や湖も限られるため、釣り人も増えてしまうのかな?なんて思っています。

    フェリーは無料ですね。ノルウェーはフィヨルドでたくさんフェリーを使わなければならなかったけど、確かあっちは有料でした。

  • メガラッキー より:

    キャンプ場の屋根付き小屋は、誰も居なければ夜に寝る事も出来そうですね(-_-)゜zzz…
    段々と自然が厳しくなってきてる様ですね。
    ガソリンも早めの給油を心がけて欲しいなどと、いらぬ心配をしてしまいます。。。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、一番楽な季節を見ているだけなので何とも言えませんが、北極圏に入ると自然も厳しいように感じます。、その分きれいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です