ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


カナディアンロッキー2日目(キャンプサイトに熊さんが) 2014年6月19日

カナディアンロッキー2日目(キャンプサイトに熊さんが) 2014年6月19日

カナディアンロッキー2日目です。バイクで走っていると、次から次へこれでもかと絶景が現れるカナディアンロッキー。今日はどこまで行こうとかは決めていません。好きな風景の中で飽きるまでいて、また移動する。夕方になったらキャンプ場にテントを張って眠る、そんな感じで行ってみます。

P61907030

モスキートクリークキャンプ場の朝。キャンピングカーがずらりと並んでいます。ヨーロッパや日本のような小型のキャンピングカーは少数派で、バスのような大型のものや中型クラスのものが主流です。とは言ってもこうしたデラックス版はお年寄りが多いです。若者やファミリーはまだまだテント派も多いです。今まだ朝の6時半、寒いです。起きているのは犬の散歩をしている人と私くらいであとはみんなグースカ寝ています。

 

P61907241

もう一度モレイン湖が見たくて向かう途中、ハーバード湖の湖面に山々が写りこんでとてもきれいに見えました。モレイン湖もこうだといいのだけれど。

 

P61907362

モレイン湖への道です。

 

P61907313

望遠レンズで向こうの山を見てみました。

 

P61907464

ここの坂を下っていけば、モレイン湖。

 

P61907585

残念ながら、今日も湖面はさざ波が立っていて、逆さ写しの山々は見ることができませんでした。これでも、充分きれいですけど。モレイン湖はレイクルイーズに比べ、水の色が緑がかっていますけど、それは石が水に溶けているからだと誰かが言っていました。

 

P61907706

また、お気に入りのモレイン湖で2時間以上過ごしてしまいました。今度はカナディアンロッキーを貫く、アイスフィールド・パークウェーを北上して行きます。

 

P61907808

ボウ湖に着きました。ここまで来ると標高も2000メートル近くあるので寒いです。湖も6月中旬というのにまだ凍っていました。ちなみに、私は日本では冬でもモモヒキをはかないんですが、カナダに来てからは手放せません。毎日はいています。それくらい寒いんです、山は特に。

 

P61907797

ボウ湖のレストエリアで昼食休憩。カナダのレストエリアはテーブルとイスがあるのがありがたいです。毎日、お昼にお世話になっています。

 

P61908299

昼食後はボウ峠からちょっと歩いてペイトー湖の展望台へ。絵の具のインクのような不思議な色をした湖。そういえば、カレンダーか何かでこの湖の写真、今までに見たことのあるような気がします。

 

P619084610

夕方になってきたので、キャンプ場まで移動します。アイスフィールド・パークウェーの途中、ビッグホーンシープを見かけました。今日の動物はこれだけかな?と思っていたんですが。。。

 

P619086812

ランパートクリークキャンプ場、17,6ドル(1760円)でテントを張って、キャンプ場内の薪置き場から薪を取りに行った帰り、何とブラックベアーの熊さんとばったり会っちゃいました。熊さんはお前なんてカンケーネーみたいな感じなんですが。。。

 

P619086011

そして、私のテントサイトにまで来て洗濯したばかりのモモヒキをクンクン匂いを嗅いだりしているんです。そのうち、石をひっくり返してみたりして、何だつまんねーみたいな感じで他の人のサイトの方へ行ってしまいました。

これが、日本なら当然皆さん避難ということになるんでしょうが、熊さんが居て当たり前なのがカナダなんでしょうね。カナダにびっくりしっぱなしです。日本の常識が世界の常識ではないんですね、日々実感しています。

 

P619087013

食べ物や食器類はこのフードボックスに保管します。ぶきっちょな熊さんには開けられないような仕組みになっています。テントに食糧の匂いが無ければ安全ということで、私もテントでグッスリ寝ました。熊さんも近くのどっかでグッスリ寝ていたことでしょう。

 

バンクーバー近郊7

ランパートクリークまでのルート。今日の走行距離183キロ。合計2673キロ。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

« »

コメント

  • 食料はテントに保管してはいけないのですね。知らない事ばかりです。くれぐれもお気を付けて。しかし綺麗なところです。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、そうなんです。

    熊というだけで、びっくりしてしまいますが、何も人間を襲おうといつも思っているわけではないようです。

    食べ物を探して歩いているだけなので、食べ物をテントから離した保管庫や、熊の手の届かない木の上に保管すれば、100%安全とは言えないものの大丈夫のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です