ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


カナダの秘湯、スローケット温泉 2014年6月6日

カナダの秘湯、スローケット温泉 2014年6月6日

温泉付きキャンプ場、スクークンチュック温泉。ここでさえ、国道から林道を50キロ入ったところにあるので、日本で言えば秘湯と言えるかもしれませんが、今日向かう予定のスローケット温泉は更に林道を46キロ奥深く行ったところにある川沿いの野湯でした。林道を100キロも入ったところにある野湯がそれなりに管理されていて、駐車料金まで設定されているのが驚きでした。

 

P60601520

滞在しているセントアグネス温泉キャンプ場から数キロリルーエット川沿いの林道を下流方面へ下ると、部落と墓地が見えてきました。今回、この道沿いで見た唯一の部落です。部落の名前はスクークンチュック。自分が今滞在している温泉の名前と一緒でした。村というにはあまりに小さいので部落と言わせてもらいます。墓地は部落が見渡せる丘の上にありました。ちょっと興味があるので、部落の中までバイクで下って行ってみます。

 

P60601541

スクークンチュックの部落には古い教会がありました。写真を撮っていると部落の住民のネイティブインディアンの方に挨拶されました。カナダには初めて来ましたが、今まで旅行先で会ったカナダ人のほとんどが白人だったので、カナダは白人の人が住んでいる国というイメージが出来上がってしまっていたようです。ここの部落の人のようなネイティブインディアンの人も、私たちと同じ東洋人も、実はたくさん見かけます。今のところ、アメリカほど多くないですが、アフリカ系の人も見かけます。また一つ、カナダの知らないところが分かった気がしました。というより、これから旅する南北アメリカ大陸は、先住民族である彼らとの関わりが大事になってくるのかな?なんて感じています。名前こそ、インディアンだのインディヘナだのと言われていますが、大航海時代、ヨーロッパ人が勝手にアメリカをインドと勘違いして名付けてしまっただけで、本当は彼らこそがアメリカン、アメリカ人と呼ばれるに相応しいわけですものね。

 

P60601562

更に、どんどん林道を進みます。このような、割と走りやすい道もリルーエット川を渡るまで。渡った後は、日本の林道のような細い道になります。林道の分岐がたくさんあり、一応看板も出ていますが、それがどこを意味するのか旅行者には分かりにくいかもしれません。私はGPSで確認しながら進んでいきました。

 

P60601603
ようやく、目指すスローケット温泉の入り口に到着。国道分岐から林道を走ること96キロ、スクークンチュック温泉から46キロありました。一応キャンプ場もあり、キャンプ代は13ドル。日帰り入浴の場合は車1台駐車料金が5ドルと書いてありましたが、お金を入れる箱が見当たりませんでした。土日だけ人が来て徴収するようになっているのかなとも思いました。

 

P60601754

入口から川の流れる谷底の方へ山道を下って行くと、スローケット温泉です。温泉滝があり、その流れに沿って石で囲った野湯がありました。滝の上流に登って見てみると、地面からボコボコと源泉が湧き出でていました。

 

P60700915

たまらんです!誰もいないカナダの秘湯を満喫中です。でも。熊が来ることがあるみたいなので、ちょっとヒヤヒヤです。

 

P60700966

湯加減もいい感じです。泉質はなんでしょう。自分の地元の二岐温泉と似てる気がするけど。ならば、硫酸塩泉かな?単純泉かもしれないけど。くせのあまりない、いくらでも長湯できるようなマイルドな感じです。

 

 

バンクーバー近郊3

スローケット温泉までのルート。今日の走行距離100キロ。合計454キロ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

« »

コメント

  • name より:

    わかりやすくて素晴らしいレポートですね。
    僕にはとても真似できません(笑)
    早速カナダに行ってみたくなりました。

  • hide より:

    野湯でも有料なんですね。

    いい感じの温泉です!

  • メガラッキー より:

    まさかオオカミはいないですよね?

  • ぽこけん より:

    nameさんたちはまだチリですか?

    そこからカナダはかなり遠いですね。いつごろ会えるのか、楽しみにしています。それまでに良い旅情報を集めておきますね。

  • ぽこけん より:

    hideさん、国道から林道を100キロ行った野湯でも驚きだけど、当然無料と思いますよね。

    私は平日なので徴収されませんでしたが、土日はしっかり駐車料金とられるんじゃないかと思われます。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、あまり聞きませんが、どうなんでしょう?

    カナダとアラスカはとにかく熊に気を付けろと言われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です