ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


海外ツーリングの準備④ (荷造り)

海外ツーリングの準備④ (荷造り)

北中南米ツーリングスタートまであと10日ほどに迫って来ました。そろそろ具体的な準備も進めて行かなければなりません。

 

航空券も買いました

大韓航空6月2日出発で、行きは成田→バンクーバー便。帰りは12月1日出発のロサンゼルス→成田便。帰国便を1年まで延長できるチケットが117,040円でした。今までの経験上、自分は、旅のモチベーションが半年くらいで下がって来るので、気持ちをリセットするためにも半年後に一旦日本に帰って来ようと思います。一時帰国の時は、バイクはメキシコあたりで保管してもらえるところを探すことになるのかなと考えていますが、細かいことはまだ未定です。

 

海外旅行保険にも加入しました

3か月以内であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険で良いのですが、延長はできないので3か月以上の場合は出国前に保険に加入しなければなりません。アジアなどだと、長期の海外旅行保険に加入するよりも、エアアジアなどの安い航空券で3か月ごとに帰国する方が安かったりします。私が今回旅行するのは日本からの航空券料金が高い北中南米方面なので、3か月ごとにクレジットカード付帯の保険を利用するよりは、出発前に長期の海外旅行保険に加入した方が安くつきます。

今回はAIUの海外旅行保険に6か月入りました。料金は76,050円のプランにしました。AIUの海外旅行保険はマックスで6か月です。私は6か月で帰って来るのでこれで良かったのですが、もし何かあっても延長ができません。東京海上日動だと2年までのプランがあるようです。6か月のつもりで加入して家族が手続きすれば延長もできるし、長めに契約して帰国が早まったら1か月単位で解約できるようです。これを知ったのはAIU加入後でした。次回からは東京海上日動にしようと思いました。その他、日本興亜損保も2年まで、損保ジャパンは5年までの海外旅行保険があるようなので、長期で海外ツーリングされる方はいろいろ調べてみてはいかがでしょうか。

 

準備期間はたっぷりあったので、必要なものはある程度そろえてきたつもりですが、まだ、あっちこっちバラバラで荷物をまとめてはいませんでした。今日は、それらを集めて、荷造りの予行演習をやってみようと思います。。

 

それでは荷造りしてみます

P52100860

まずはキャンプ道具から始めます。左上からテント。モンベルのクロノスドーム2というのを新しく買いました。23,000円くらいでした。その他は家にあったキャンプ道具をそのまま持っていきます。エアマット、寝袋、燃料ボトル大小2本。調理のためのガソリンストーブはバンクーバーで新品を買うつもりです。左下から、コッヘル、フライパン、カップ、箸、まな板、ナイフ、プラスティック水筒が2袋。こんなところでしょうか。できれば、キャンプの時にくつろぐための椅子などもバンクーバーで買いたいですね。

 

P52100841

着替えや衣類です。左上から寒い時用の手袋、ユニクロのダウンジャケット、Tシャツ1枚、長袖Tシャツ1枚、タオル2枚、アカスリ1枚。左下から靴下1足、パンツ1枚、ももひき1枚、海水パンツ1枚、ズボン1本。これらは荷物に入れる衣類で、着て行く服は別です。ウエアや靴などはバイク用にこだわらず、町歩きがしやすいような普段着の格好になると思います。

 

P52100872

工具関係一式です。実は今回バンクーバーで買うバイク(XT250北米モデル)とほとんど同じバイク(セロー250)が我が家にあるので工具選びは楽でした。左上の端はパンク修理の時サイドスタンドの逆側のつっかえ棒。これがあると後輪を浮かせることができるので整備に便利。その横が空気入れ、タイヤレバー、メガネレンチ、ボックスレンチ、六角レンチ、ドライバー、などなどです。足りないものがあれば買い足して行きたいと思います。また、この他にスペアパーツとして、スプロケット前後、ブレーキパット前後、オイルフィルタ、ヘッドライトバルブ、タイヤチューブをバンクーバーで揃えて持って行く予定です。

 

P52100905

次は電気関係など。パソコン、ハードディスク、DVDリーダー、カメラ、三脚、ラジオ、ヘッドランプ、充電関係、GPS、予備眼鏡など。この他、予備カメラも1台持っていきます。今まで海外ツーリングにGPSを持って行ったことはなくて、紙の地図一辺倒でした。それで不自由したことはなかったつもりでした。

先日、北米のキャンプ事情を聞くため、入江さん(ブログ・鉄馬転がし)とスカイプで会話しました。入江さんはちょうどオーストラリアツーリングを終え、メルボルンに滞在中で、北中南米も2010年から2011 年にかけて走っています。60代とは思えないパワフルな方です。ためになる北米情報をいただくことができました。そのとき、GPSの便利さを力説されていましたので、私も今回は使って見ようと思いました。私自身、GPSそのものは、テレマークスキーで冬山を登ったり滑ったりしているので扱いには慣れています。世界中の地図が無料でダウンロードできるし、海外ツーリングへ行くなら絶対便利ということです。何といっても、世界地図が無料というのはありがたいです。

このホームページに分かりやすく解説されています。やりかたに従って操作するとメールが送られてきて簡単にガーミンの北米・中米の地図がダウンロードできました。

 

P52100893

本関係です。ガイドブック、地球の歩き方が5冊。かなり重いですが、やはり現地ではあると便利です。左下からスペイン語の辞典、これは分からないとき調べるため。スペイン語常用会話辞典(良く使うフレーズ集)、これは勉強用。英和-和英ミニ辞典。日記。まだ、増えるかもしれません。

 

P52100940

それと遊び関係、これが一番大事だったりして。左はアンデスの縦笛、ケーナ。そして釣り道具、4本継の竿1本(トラウト用で柔らかめ)、ふりだし竿1本(バス用で固め)、リールは1つだけどスプールは2つ。釣り針、ルアー、ペンチ。そして万能バケツ。これは折りたためて便利です。正直、海外では釣りで使うことはあまりなく、もっぱら、毎日の洗濯の時とバイクのオイル交換時(バケツにレジ袋を被せてエンジンオイルを抜き、新聞紙を入れて廃油を吸わせて捨てます)に活躍します。

写真に写ってなくて持って行く物もまだあるなぁ。ヘルメット、雨合羽、サンダル。あとは何か忘れ物は無いかな?

 

P52100930

プラスチック製のトップケースは13年前のクラウザー製。色が焼けていたので、つや消しブラックのスプレーペンキで塗り直したらきれいになりました。サイドバッグはラフ&ロード製の布バッグを買いました。16000円ほどでした。この3つのバッグに荷物が収まれば良いのですが、はみ出す場合は防水の布バッグを持って行くことになるかもしれません。

今日は、とりあえずの大まかな荷造りでした。こんなもの持って行くと良いよとか、別の物で代用できるよとか、何か良いアイディアがあったらコメントください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ  

« »

コメント

  • 古川 昭夫 より:

    西会津のフェスタでお会いした古川です。

    アメリカ大陸縦断ツーリングいよいよですね、気を付けて行ってきてください。

    モンベルのクロノスドーム2 最近気になって調べていました。
    専用のグランドシートがあれば、グランドシートとフライシートだけで自立するので、雨の時インナーテントを先に畳めるのが良いかなと…

    こちらのサイトで例がでています。

    http://ridersonthestorm.naturum.ne.jp/e831296.html

    http://nagapon.exblog.jp/17923425

  • アフロあきら より:

    写真のGPSは、「GPS MAP 60C」ですか?
    ラフロードのサイドバックは、36L(両方で72L)の最大タイプですか?
    うちもオーストラリアやアフリカ、そしてこないだの西会津のツーリングで使ってますが、オフ車だとマフラーに当たる側が熱でとけて、中のプラスチック板が変形しやすいので要注意です

  • sung taehan より:

    you going with your wife or you alone?
    anyway, we cant see you this year.
    we miss you.
    have a wonderful travel and be care of your health.
    good luck!!

  • ぽこけん より:

    吉川さんこんにちは。

    テントの使用例見てみました。なるほど、こんな風に使えるのかと感心しました。

    実は雨のときに便利かとグランドシートもすでに買っていましたが、タープとして使ったり雨天時に本体を先に撤収できるなど、便利な使い方があるのは教えて頂いて初めて知りました。

    山用テントに比べて生地が厚くてちょっとかさばる感じはしますが、値段が山用の半額程度と安いのと、出入り口が大きく通気性も良さそうなので気に入りました。使うのが楽しみです。

  • ぽこけん より:

    アフロさんこんにちは。

    GPSは60CSxというやつみたいです。

    サイドバッグはラフ&ロードで布のサイドバッグでは一番大きいやつのようです。以前の長期ツーリングでも同じタイプのを使ってましたが、やはり熱でちょっとやられました。

    今度はワイズギアで出している、サイドバッグサポートという鉄の棒のようなものをキャリアに付けるので少しは良いかもしれませんが、油断は禁物ですね。

  • ぽこけん より:

    Hello!Le Ciel(sung taehan)

    I’m going to go alone next travel.

    because I’m free but pocoyuko is busy in summertime to work.

    I hope she travel join with me from winter.but not sure.

    anyway I try to travel north america to south america by motorcycle.

    we miss you too,thank you very much.and if you do not mind come to pocoken.com

  • ひみつ基地 より:

    キャンプメインで電源の獲保が難しいようなら、
    バイクにシガーライターのソケットを取り付け、
    インバーターを介して100V電源をとれるようにすると、走行中にバッテリ関係を充電できますよ。

    http://ecx.images-amazon.com/images/I/31-lwUgo-5L._SL500_AA300_.jpg

    ご要望があれば作りますよ!

  • ぽこけん より:

    ひみつ基地さん、アドバイスありがとうございます。

    そういう方法もあるんですね。

    昔と違って旅も充電の時代になっちゃいましたね。パソコン、カメラ、GPS、ヘッドランプ・・・。

    東南アジアではクーラー、ホットシャワー、WIFI付きのクリーンで快適な宿がツインで1000円くらいだったのに、北米ではキャンプ場でももっと高そうです。参ったな~。

    充電の悩みは尽きませんが、自分のことだから誰も居ないところなどで、ヘマしてバッテリー上がりを起こしちゃうと大変なことになるのでシガーソケットは今回は保留にしてどんなもんだか様子を見てみます。

    やっぱりだめだ、バイクで充電だ!というときはお力添え、よろしくお願いします。

  • メガラッキー より:

    車ではなく、バイクでは荷物に制限があるので、大変ですね。最低限の物、優先順位が難しいですね。お気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です