ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ペナン島ツーリング 2014年2月28日

ペナン島ツーリング 2014年2月28日

昨晩の家族会議の結果、帰国日を延長してシンガポールまで行ってみようではないか、ということになりました。

それで、大韓航空に変更手続きをしているうちに10時を過ぎてしまい、朝食は抜き。

昨日リトルインディアの町を通ったとき、南インド料理店を見つけたので早めの昼食のつもりで行ってみました。

 

P22802070

日本でも、インドカレーというと北インドの料理が主流で、南インドのカレー屋さんはなかなかありません。バナナの葉っぱをお皿がわりに、ご飯の上にトロミのないカレーをかけて食べるのが南インドの定番カレーです。

 

P22802101

このカレーが最高に美味しいんです。私たちはインドカレーといえば断然南インド派ですね。もちろん右手で食べます。もう、美味くてたまりません~~~~~!5リンギ(160円)でした。福島にも南インド料理店できないかな~。

カレーを食べたら、今日は日帰りでペナン島一周ツーリングに出発。小さい島なので半日もあれば充分回れるくらいです。

 

P22802282

まずは、バトゥフェリンギというビーチリゾートへ行ってみました。沢木耕太郎が書いた「深夜特急」という本があります。香港からロンドンまでの旅行記ですが、大沢たかお主演でテレビドラマにもなりました。その舞台となったアーベンゲストハウスという宿がここにあったはずなのですが、すでに取り壊されあたらしいリゾートホテルが建設されている最中でした。バトゥフェリンギ自体、高級ビーチリゾートになっていて、バックパッカーが気軽に来るような雰囲気はもうなくなっていました。この並びに数軒古いゲストハウスが並んでいましたが、風前の灯といった風情でした。

 

P22802293

ビーチにはかろうじてドラマの面影も残っているような気もします。

 

P22896205

テロッバハンのロータリーのデザインは何と食虫植物。

 

P22802384

ペナン島の東側のスンガイビナンの町。あわただしいジョージタウンと違って陽射しだけの強い眠ったような町でした。

 

P22896261

ガソリンスタンドで給油。マレーシアはセルフ式が多いみたいです。リッター2.1リンギ(67円)という値段は産油国ならでは。ちなみに今まで一番安かったのはトルクメニスタンのリッター2円、次はイランの8円。一番高かったのはノルウェーの200円だったかな?トルコも同じく200円くらいした気がします。10年以上前のことなので今はわかりませんが。。。

 

P22802466

ペナン島の自動車教習所です。バイクの教習車はカブのようです。ムスリムのお嬢さんが教習中でした。

 

P22896292

今は乾季なので快適ですが、雨季には相当雨量が多いと聞いています。バケツをひっくり返したように降るのかもしれません。道路脇には雨の待避所がちゃんと設けてあるんですね。こういうのは初めて見ました。

 

P22896709

ジョージタウンに戻ってからは宿にバイクを置いて町を歩きました。マレーシアに来てからはくわえたばこで町を歩いているような人は見かけません。たぶん法律で禁じられているのでしょうか。中国人ほどたばこの好きな民族は居ないと思っていたのに、華僑となると随分たばこに対する意識も違うようですね。

 

P228965010

スリスリゴロゴロニャン公でした。人間は大好きのようですが、猫社会ではいろいろあるようで喧嘩の傷跡がたくさんあるニャン公でした。

 

P22802829

気温は35~6度はあるでしょう。この暑さではトライショー(自転車タクシー)商売も大変ですね。

 

P22802737

夕食はフードコート(屋台村アーケード街)で食べました。

 

P22802718

今日の夕食は福建麺。5リンギ(160円)。オレンジジュース2.2リンギ(70円)。インドに中華と食べ物がバラエティーに富んでいて楽しいです。

明日はペナン島を出て、赤道直下のシンガポールを目指し更に南下します。

にほんブログ村 旅行ブログへ  

« »

コメント

  • Y より:

    Wow! さすがぽこけんのお二人、訪星を決められたようですね。

    マラッカに立ち寄られるのであれば、以下のBlogのお店に立ち寄られる事をお勧めします。
    (お店のアドレスが分からず申し訳ありません。
     マラッカ観光地域の中心部の目立つ場所にあります。)

    http://1simpleplan.blogspot.com/2011/12/famosa-chicken-rice-ball-jonker-street.html

    中国大陸で最も美味い海南鶏飯は北京の国貿3期の上階にあるホテルの
    展望レストランのものですが、マラッカのこの海南鶏飯はそれを凌ぎます。
    (私の判定です、恐縮ですw)

    ちなみに、海南島には「海南鶏飯」と呼ばれる料理がそもそも無いようです。
    中国33市省自治区を全て廻りましたが、他の地方にある「海南鶏飯」は
    海南島には存在しないのが不思議ですね。
    (私の知る限り、メジャーではないです。
     そもそも「海南」という呼称をとった、「鶏飯」すら主流ではないです)

    中国から東南アジアに渡ったカオ・マンガイは各地に色々とありますが、
    このマラッカのチキン・ライスは格別でした。

    もし立ち寄られるようでしたら、ぜひご判定をお願いします!
    (肉厚でジューシーな感じでした。朝食抜きの腹ペコだったせいかもw)

  • ぽこけん より:

    Yさん、旨い物情報ありがとうございます。

    今日、マラッカに着いたので早速食べて来ました。
    肉もかなり美味しかったですが、タレが気に入りました。

    東南アジアの旅は食の楽しみが多くてたまらんですね!

  • メガラッキー より:

    天気も良くガソリンも安いと言う事ないでしょうが、暑すぎるみたいですね。

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、寒かったベトナムに少し気温を分けてあげたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です