ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ヒンダット温泉 2014年2月16日

ヒンダット温泉 2014年2月16日

今日はカンチャナブリーから120キロほど離れたヒンダット温泉へ日帰り入浴へ行ってきます。タイ在住のチェンダオナマズさんに教えてもらいました。なかなか雰囲気のある温泉とのことで期待しています。

 

P21690080

 クワイ川沿いのバンガロー、エアコンは無くても快適に眠れました。朝、ネットをチェックしていると、隣の家のゴブちゃんというワン公が遊びに来ました。1泊150バーツ(500円)という値段も気に入ったので今日も連泊します。

 

P21692480

温泉に入る準備をしてバイクで出発。カンチャナブリーの市場のこのおばちゃんのお店で朝食にします。

 

P21692501

今日はセンヤイ(極細)のクエッティオ(米麺)です。細くても太くても、お腹に入ってしまえば一緒なのですが、食感はかなり違います。具はチャーシューとひき肉。20バーツ(70円)。

 

P21690152

カンチャナブリーから323号線を北西へしばらく進むと、タイガーテンプルという有名な寺が見えてきました。日本のテレビなどでも取り上げられたことがあるので、聞いたことがある人もいるかもしれません。獰猛なはずのトラが人間に慣れていて、一緒に写真撮影できることで知られています。入場料は600バーツ(1980円)で写真撮影は1000バーツ(3300円)だそうです。

名目上はトラを保護していて飼育代として入場料を取っているということですがいかにも胡散臭く、観光バスが連日乗り付け、収益の多さは計り知れないとのこと。トラも保護しているのではなく、密猟者から購入しているという噂や、不自然に従順なことから、薬を投与されているのではなど、何かと話題になっているようです。

私たちはもちろん600バーツの入場料など払うつもりはなく、入口まで行ってみたところ、営業時間は12時からとのこと、ということは、トラは常に従順ではないのかな?怪しいタイガーテンプル、真相はどうなんでしょうか?

 

P21692522

更に323号線を数十キロ進んでいくとヒンダット温泉の看板が見えてきました。

 

 

より大きな地図で ヒンダット温泉 を表示

 

正確な位置はここです。

カンチャナブリーの中心部の時計台から国道323号線を北西方向(ミャンマー国境方面)に121キロ進み、ヒンダット温泉の看板を右折し数百メートル進むと見えてきます。

 

P21692623

ここが入口。

 

P21692665

入浴料40バーツ(130円)のチケットを買って中に入ります。元々は、第二次世界大戦中、日本軍がこの温泉を発見したということです。

 

P21692604

すると、ロシア人の団体さんで凄いことになっているではありませんか!大露天風呂はイモ洗い状態です。

 

P21692746

ロシア人のバンコク近郊の団体旅行にここの温泉入浴が組み込まれているのでしょう。お昼近くになると、サーっとロシアの団体さんは引き揚げ、タイ人だらけになりましたが、それにしてもすごい人気なのに変わりはありません。

海外で温泉を求めて行くと、日本人とロシア人がかち合うということがあります。中国でも温泉地にはロシア人がいっぱいでした。温泉好きの国民代表は西がロシア人、東が日本人なのかもしれません。

 

P21692807

泉質は炭酸水素塩泉かな?お湯は緑がかった色で源泉近くで43度くらい、ぬるいところで40度くらいでした。混んではいますが、温泉も広いので気にはならなかったです。それより、ロシア人やタイ人が温泉を楽しむ姿が観察できて楽しかったです。簡単な単語ですが、温泉に浸かりながら、ロシア人が「オーチンハラショー」、タイ人が「サバーイ」などと言っているのが聞き取れました。

 

P216929510

温泉の一角にはタイマッサージのスペースもあり、せっかくなのでやってもらうことにしました。体がほぐれて気持ち良かったですよ~。20分コースが100バーツ(330円)でした。

 

P216930211

温泉の食堂で昼食。カオパット・ガイ・カイダーオ(チキンチャーハン目玉焼き乗せ)が40バーツ(130円)。観光地などでは、間違いのない無難なメニューがこれ。チャーハンを不味く作るの難しいですからね。。。

 

チェンマイ4

地図で見てもわかる通りかなり寄り道です。向かう先は遥か南のマレーシア、時間がないなんて言ってる割にはこれですからね。ここへ行っておけば良かったのに、という後悔はないのですが、なかなか目的地にたどり着かない、そんな旅のスタイルはなかなか変えられませんね。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ  

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です