ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


小春日和、花モン族に会いにバックハーへ 2014年2月1日

小春日和、花モン族に会いにバックハーへ 2014年2月1日

旧正月2日目。

昨日に引き続き、今日も暖かいです。ももひきと長袖下着を買い、持っている衣類を全て着込んでもまだ寒く、ダウンジャケットを買おうかどうか迷っていたのは何だったんでしょう?

ベトナム最北部の2月は、花が咲き小鳥もさえずっています。まさに春が来た!という感じ。ツーリングしていてもそよ風が心地良く感じます。

昨日に比べ営業している店も増えてきました。ラオカイ市内の国道70号線との分岐でフォー屋を見つけたので朝食。30000ドン(150円)でした。

 

P20183812

国道70号線を走っていると、初めて花モン族の女性に遭遇。水牛を連れて歩いていました。花モン族はベトナムで一番民族衣装が華やかなことで知られています。これは、作業着なので地味に抑えているのだと思われます。

今日向かうバックハー方面には花モン族の村がたくさんあるそうで、日曜マーケットにはたくさんの花モン族が集まるということです。明日は日曜日なのですが、旧正月3日目なので市が開かれるかどうかはわかりません。それでも、花モン族の人たちのエリアをツーリングするのは楽しそうなので行ってみることにします。

バックハーは小さな町ですが、ホテルがたくさんありました。やはり、花モン族の日曜マーケットを見るために外国人がたくさん来るからでしょう。とりあえず、ベランダから広場が見渡せる200000ドン(1000円)のニャーンギー(ゲストハウス)にチェックイン。

P20183883

その後、町をぶらぶら歩き昼食はフォー、30000ドン(150円)。麺がこれでもか!と入っていて満腹。チャーシューもたっぷりで美味しかったです。

しかし、閉まっている商店は多いしツーリストもぜんぜん居ません。やはり、明日の日曜市はないのかな?

 

P20183914

それでも、花モン族の人たちはちらほら居ることは居ました。お母さん、も子供も派手に着飾っていますね。

 

P20184015

おばあさんの衣装も華やかです。

 

P20184156

こちらは、何かおしゃべりしながら歩くおばさんたち。

 

P20182350

バックハーのワン公。最初吠えていましたが、のちにスリスリ寄ってきては甘えていました。

 

 

P20184160

バックハーの町で夕食を食べられるところを探すものの、レストラン、食堂は旧正月のため全てクローズ。一軒だけおかゆの屋台が開いてて良かった!1杯20000ドン(100円)でした。

 

サパ11

バックハーまでのルート。

にほんブログ村 旅行ブログへ  

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です