ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


少数民族の人たちに会いに、再び山へ 2014年1月28日

少数民族の人たちに会いに、再び山へ 2014年1月28日

今日はイェンバイを出発し、棚田の美しい風景と少数民族に会いに再び山岳地へ入って行きます。今日も天気はスッキリしない曇り空。

 

P12878920

イェンバイで泊まっていた宿を出発します。

 

P12879021

町中のフォー屋で朝食。都会は食事処も活気があっていいですね。麺は2種類、平たいフォーまたは丸いブンを選びます。次に、ガラスケースの中の3種の具、牛肉、鶏肉、魚のつみれの中から好きなものを選べばOK。物事がチャッチャと進みます。山の中だと、客どころか店の人も居なくて、すみませ~んと呼んで出てきたあげくに、ないとか、家族が食事しているところ、ちょっとすみませんが、何か食べさせてもらえますか?みたいな感じのこともありました。

 

P12880630

今日のチョイスは魚のつみれ&牛肉の具、麺はフォー。スープも熱々で美味い!山の中とか、田舎だと火力が薪なので、タイミング外すとぬるいスープで出されちゃうんだよなぁ~。やっぱりベトナムの食事は都会が美味い!30000ドン(150円)。この味なら毎日食べたい!

 

P12880851

イェンバイで都会のフォーに舌鼓を打ったあとは、再び山へ入って行きます。40キロほど走ってトゥランフォーまで来ると、もうここから先はずっと少数民族のエリアです。まだ標高は高くないですが、この後どんどん山の中へ入って行きます。

 

P12879204

ンギアローという町で昼食にします。流行ってそうな食堂に入ってみます。隣の方も食堂に食べに来たお客さんなのですが、一緒に記念撮影をお願いしました。

 

P12879183

食堂の中です。ここでは、私たちこそ少数民族。かなり浮いてしまってます。

 

P12880942

ドンヴァンで1000円以上も請求されたことがあったので、こちらも警戒気味。値段を聞いてから注文することにしました。いくらなの?と聞くとひとり30000ドン(150円)とか40000ドン(200円)とかいろいろだよ、みたいなニュアンス。じゃあ、揚げ春巻きと、牛肉ハンバーグの香菜巻、厚揚げ豆腐の煮物、これでひとり40000ドンで適当に見繕って!と注文したつもり。

料理が出てきたときは、食べきれないほど出てきたので通じてなかったかな?と心配になりましたが、ちゃんと通じていたようです。ひとり40000ドンでした。

 

P12879152

同じく、食堂に食べに来ていた親子です。写真撮影にも快く応じてくれました。

 

P12879225

こちらも、同じく食堂に食べに来ていた少数民族ライダーです。

皆さんそれぞれ民族によって衣装が違っていて素敵です。

 

P12879366

トゥーレの町で雑貨屋カブを目撃。音楽を鳴らしながらのんびりと徘徊していました。もう3時、天気も回復しそうもないのでこの町で泊まることにします。

ニャンギー(ゲストハウス)・アンムオイが1泊150000ドン(750円)とのこと。インターネットの無線ランも使えて快適そうな部屋です。

 

P12879517

宿が決まったらさっそく町を歩いてみます。縦に一本国道32号線が走っていて、その横に商店や私たちの宿が並んでる200メートルくらいの区間がトゥーレの町です。真面目そうなワン公もいました。真面目でもやがて食べられちゃうのかな、やっぱり。

P12879728

こちらは、箒の横で小首をかしげるワン公。やっぱりこいつも食べられちゃうんだろうな。

 

P12880990

民族衣装のスカート屋さんです。

 

P12881150

こちらも、同じスカート屋さん。

 

P128798210

アクセサリー屋さんは若い女性に人気のようでした。

 

P128798411

男性の衣装は黒地で地味ながら、うしろに、さりげなく刺繍がしてあってオシャレです。こんな服かっこいいな、好きです。

 

P12881190

またしても、山の中の村の夕食問題ですが、今日は運よくブンにありつくことができました。味も都会並によく、値段は南ベトナム並の25000ドン(125円)。

 

 

サパ8

トゥーレまでのルート。明日は晴れるといいなぁ。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
 

« »

コメント

  • メガラッキー より:

    食堂の中では外国人は珍しいのか、奥のテーブルの人もこちらをみていますね。明日天気になあれ。(^^)

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、バイクだからこそ、こんな町に寄り道しますが、ふつうはツーリストなんかこないので、外国人は珍しいですよ。食堂のオヤジさんも日本人だというと喜んでくれました。こういうごくごく普通の人たちとの出会いがバイク旅の良さです。ツアーやバックパッカーだと移動が他人任せになるので、どうしても観光客相手の人たちにしか出会えなくなるんです。バイクだと旅のおもしろさが倍増です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です