ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


山岳民族の住む山懐へ 2014年1月23日

山岳民族の住む山懐へ 2014年1月23日

昨日からDream号が停止するたびにエンジンがプスンと止まってしまったいましたが、今日は朝からエンジンがかかりません。

P12375178

とりあえず、宿の前のフォー屋で朝食。

 

P12377120

今日も美味しいフォーでした。30000ドン(150円)

 フォー屋からバイクを押すこと100メートルほどでバイクの修理屋発見。東南アジアの町はどこにでもバイクの修理屋があるのでありがたいです。しかも、皆カブのスペシャリスト。プラグ交換とタペット調整をしてもらうと快調になりました。修理代金は100000ドン(500円)。

 

P12377201

カオバンの町を出て国道34号線を進みます。しばらく行くと山の景色がきれいに見えてきました。

 

P12375220

棚田が広がっています。こういう風景を見ると、美しいだけでなく、生きるために工夫して棚田を維持管理してきた人々の凄さを感じます。

 

P12377171

以前、中国の元陽というところで世界最大の棚田を見て感動したことがあります。季節は4月でちょうど水田に水が張られて一面鏡のようでした。このあたりも3月か4月になれば、そんな景色が見られるのかなぁ、次回はぜひ、その頃来てみたいと思いました。

 

P12375301

グイェンビンという町の市場には少数民族の人たちがたくさん買い物に来ていました。この人たちは女性が髪と眉毛を剃って、額を大きく見せるように頭の布を巻き、耳にピアスをしているのが特徴です。何族なのかわかりません。知っている人がいたら教えてほしいです。

 

P12377360

もう人グループは黒っぽい布に刺繍をした服を着ていました。ヘルメットをかぶっているのでライダーでもあるようです。

 

P12375782

ティントックという町山間の町まで来ました。ベトナム国旗の下で白ワンがまったりしていました。

 

P12377435

ティントックの食堂で昼食。厚揚げ、春巻き、青菜炒め、スープと盛りだくさんで70000ドン(350円)。味も良かったです。

 

P12375823

食堂から出ると、ちょうどフランス人のバイクツアーの一団が食堂に入るところでした。チェコのバイク、ミンスクでベトナム北部を巡る10日間のガイドツアーだそうです。

 

P12376064

ティントックの商店に子猫が3匹。

 

P12376185

ティントックの町並み、1階の屋根には猫がいます。

 

P12376196

屋根の上の猫

 

ティントックを過ぎると道はさらに標高を上げて行きます。

 

P12377767

眼下には山の村々が見えました。

 

P12377778

民族衣装で農作業をする人たちも見えます。

 

P12377859

村の家々。

 

P12376397

子供をおぶって、ヤギを連れ歩いていた若いお母さん。何族の人でしょう?黒字に赤い縁取りをした民族衣装を着ていました。

 今日はベトナム山岳部の大分奥地まで来ました。バオラックという町の宿に泊まります。ベトナムで無線ランのない宿2回目です。

4サパ

 バオラックまでのルート。

にほんブログ村 旅行ブログへ
 

« »

コメント

  • まち より:

    いつも楽しみに見せて読ませて戴いています^^ 3、4枚目の写真を見て、すぐ元陽を思い起こしました! 2011年2月下旬に元陽の棚田撮影ツアーに参加。(水が張られていました^^)昆明からバスでした。撮影は山の上から棚田を見下ろしてのもので、帰った後で棚田を守る人々の農作業の厳しさをTV番組で見て、結構ショックでした。黙々とただひたすら何の迷いもなく働いて「先祖から受け継いだものを確実に子孫に渡す」、それだけを考えて暮らしを続けている人達でした。ここは結構元陽に近いんですね^^

  • ぽこけん より:

    まちさん、私たちは2005年の4月に元陽へ行きました。

    2月下旬でも水田に水が張っているというのは貴重な情報です。やっぱり、水があると綺麗さが違いますからね。

    「先祖から受け継いだものを確実に子孫に残す」という意志で棚田を守ってるんですか、ベトナムの人たちも同じかもしれませんね。

  • まっくす より:

    拝見させて頂き、アジアの奥深さ、その民族性の多様さに多くの発見が有ります。

    これだけ多くの情報がWEB関連やTV報道でも氾濫する世界で、まだまだ知らない文化の奥深さ、彩の豊かさを感じ、ぽこけんさんのフロンティアアドベンチャーに・・はまりまくりん!

    しっ・・かし・・・150円・・破格?(日本価格イメージ)のフォー・・・・
    まじ喰いて~~~~!

  • ぽこけん より:

    まっくすさん、このエリアの情報はほとんどなくって、行き当たりばったりですが、かなりいいところです。欧米人数名は見かけました。ほとんど少人数ツアーです。日本人は見ないですねえ。地球の歩き方にもまったく載っていません。まあ、そういうところがいいんですけどね。

  • メガラッキー より:

    フランスのバイクツアーの人たちはお揃いのバイクはどうやって用意したのか???

  • ぽこけん より:

    メガラッキーさん、ツアー会社が用意しているのです。ミンスクのうような社会主義の遺物的なクラシックバイクが好きなので、人気のようです。カブのようにパーツがどこでもそろうわけじゃないので、私たちは選びませんが。ガイド付きなので、何かあってもなんとかしてくれるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です