ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


関子嶺温泉 台湾 (2012年10月26日~27日滞在)

関子嶺温泉 台湾 (2012年10月26日~27日滞在)

●温泉名

関子嶺温泉

●場所 行き方


より大きな地図で 関子嶺温泉 を表示

台湾南部嘉義市の20キロほど南方。白河から県道172号線を東へ10キロほど進んだ山間にある。

●入浴日

2012年10月26日~27日

●料金

関子嶺温泉大旅社に宿泊、二人で1泊800元(約2400円)

image_617_09_57関子嶺温泉は台湾南部、嘉義市近郊の山間にある温泉地。台湾4大温泉地として古くから有名です。また、強烈な泥湯としても全国に名を知られているようです。関子嶺の温泉街です。さすが、有名どころとあって町も広いです。

image_417_09_54今回は日本統治時代からの老舗温泉宿、「関子嶺温泉ホテル」に泊まることにしました。

image_517_09_55歴史のある旅館です。

image_117_09_50この宿、なんと「他他米」すなわち「畳み」の部屋があるらしいんです。

畳み部屋はベッドルームより安くて1人1泊400元(1200円)でした。

image_017_09_49台湾人は、安くても畳みの部屋にはあまり泊まらないそうです。こういう日本統治時代の部屋も建て替えが進めばそのうち無くなってしまうんでしょうね。残念ですねぇ。台湾の畳み宿に泊まりたい方は急いだ方が良さそうですよ。image_317_09_52温泉は強烈な泥湯です。

image_417_10_39別府にもすごい泥湯がありましたが、ここもかなり強烈。湯あたりしないよう長湯は禁物です。

image_717_09_58温泉街ではお土産に温泉の泥を乾燥させたものを売っていました。自宅へ持ち帰り水道水の湯船に入れて泥湯を楽しむためのもののようです。

image_317_10_38温泉街にあった看板、どこか日本的な雰囲気もありました。

« »