ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


文山温泉 台湾 (2012年10月20日)

文山温泉 台湾 (2012年10月20日)

●温泉名

文山温泉

●場所 行き方

より大きな地図で 文山温泉 を表示
花蓮市から国道8号線に沿って、太魯閣(たろこ)峡谷を遡る。天祥をすぎ、4キロほど進むと泰山隊道(泰山トンネル)がある。トンネル入り口横から、渓谷へ向かって降りる遊歩道がある。進んでいくと吊り橋を渡ったところに文山温泉がある。

●入浴日

2012年10月20日

●料金

無料

image_014_01_23台湾随一の秘湯文山温泉へ行くには、太魯閣(たろこ)峡谷という、クネクネ崖っぷちの道を通っていきます。

これが、日本にはちょっとないくらい迫力満点の景勝地なんです。

台湾は現在の微妙な立場から、世界遺産登録がひとつもないのですが、ここが世界有数の自然遺産であることは間違いありません。

image_013_39_12太魯閣峡谷をどんどん進み、天祥を過ぎて、泰山隊道(トンネル)入り口の横にバイクを停めて、遊歩道を歩いて文山温泉を目指します。

image_113_34_20こんな感じの遊歩道を歩いていきます。

image_213_34_21しばらく歩くと、峡谷にかかる吊り橋があります。

ここを渡って行きます。

image_313_34_22吊り橋から見える景色です。

image_214_01_26よく目を凝らすと、眼下に入浴中の人が見えます。あそこが文山温泉のようです。

image_414_01_28かつては岩の割れ目から温泉が湧きだし、この大きな露天風呂に湯が満たされていたそうですが、水脈が変わってしまい、今は空っぽです。

image_413_34_24でも、かつての露天風呂の下からは、現在もコンコンと湯が湧き出しています。

水着に着替え、柵を乗り越えて入ってみることにします。

image_314_01_27それにしても、横を流れる川が大迫力ですねぇ。流されたらひとたまりもなさそうです。

image_613_34_26湯加減も景色も最高!

image_113_39_14と思っていると、吊り橋を渡ってくる10人くらいの若者グループが見えます。

水脈が変わっても、やはり、人気の温泉であることに変わりはないようです。

朝早い時間に来たので、ゆっくり入れてラッキーだったのかもしれません。

image_013_34_18大きなお風呂じゃないし、そろそろ潮時かなと文山温泉を後にすることにしました。

« »