ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


ムアンカム温泉ナム・ホーンリゾート ラオス (2013年2月6日~7日滞在)

ムアンカム温泉ナム・ホーンリゾート ラオス (2013年2月6日~7日滞在)

●温泉名

ムアンカム温泉

●場所 行き方

ムアンカムの町から国道7号線を16キロ東へ進む、ナムホーンリゾートの看板がある。右折し5キロ南下したところに温泉リゾート施設がある。

●入浴日

2013年2月6日~7日

●料金

1泊100000キップ(約1200円)

image_212_33_38ムアンカムの町から国道7号線を東へ16キロ行くと右側に「ナムホーンリゾート」の大きな看板が目に入る。ここを右折(南下)して5キロ進むと、目指す温泉リゾート施設がある。

ちなみに、ラオス語でナムは水、ホーンは温かい、すなわちナムホーンとは温泉のこと。実に単純な名前のリゾート施設です。

image_912_33_47リゾートのスッタッフは英語は通じないので、片言のラオス語と泊まりたい旨をジェスチャーで伝えると、付いてこい、とのこと。

どのバンガローに泊まりたい?みたいに聞いてきました。

値段はどれも一緒、2人で100000キップ(約1200円)らしいです。

それにしても広い敷地。さすがはリゾートいうだけはあります。

image_012_33_35私たちはいろいろ見せてもらい、このバンガローに泊まることに決めました。

image_1012_33_49中も広々、とても清潔です。

image_712_33_45蛇口をひねれば適温の温泉がでてきて、24時間入り放題のようです。

image_512_33_42早速失礼します。

ラオスツーリング途中でこんな温泉に入れるなんて幸せです。

image_312_33_39リゾート内は広い公園のようです。植物や遊歩道が整備されていてゴミも落ちていません。

それも、おばあちゃんたちがリゾート内をいつも綺麗にしてくれているからです。

image_112_33_37遊歩道の先には源泉の湧き出る泉もありました。ここからお湯を引いているようです。日中は気温も高いのでこの写真では湯気がでていません、ただの池のようにも見えますが、気温の下がった翌朝行ってみるともうもうと湯気が立っていました。

image_013_17_46リゾートにはなぜかダチョウもいました。

image_812_33_46温水プールの後ろにあるのがリゾートに併設されたレストラン、ラオスらしからぬ雰囲気です。

image_612_33_44

夕食はレストランで取りました。ちょっと豪華にラープとソムタムとビール、それにカオニャオです。

84000キップ(約1000円)でした。

正直、ラオスにこのような温泉リゾートがあるのは驚きでした。

とても居心地良くおすすめです。次回もラオスツーリングに来ることがあったらぜひ再訪したいものです。

« »