ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


チェンダオ温泉 タイ(2012年12月16日入浴)

チェンダオ温泉 タイ(2012年12月16日入浴)

●温泉名

チェンダオ温泉

●場所 行き方

タイ北部の大都市チェンマイから70キロ北のチェンダオという町へ。そこからチェンダオ山麓を東へチェンダオ・ワイルドライフ・サンクチュアリー方面へ5キロほど進む。ワイルドライフ・サンクチュアリーのゲート手前左側の川沿いに天然の露天風呂がある。

●入浴日

2012年12月16日

●料金

無料

311_03_55東南アジアツーリングと温泉のエキスパート、タイ在住のチェンダオ鯰さん宅からチェンダオ山を望む。

011_03_50ちょっとその辺にはない美しい山、標高は2175メートルあるとのこと。そして、あの山の山麓には極上の温泉が湧いているらしい。

翌日、さっそく行ってみることにしました。

711_04_01温泉には土管のようなものが7つ立ち並び、自然湧出した温泉がそれぞれの湯船にパイプで引かれていました。地元の人にも人気らしく、先客もいました。硫黄臭もしてきます。湯船に手を入れてみると湯船によって多少違いはありますが、湯加減も40度から42度くらいでいい感じです。

111_03_52元々、自然湧出で川に垂れ流しであったものを、10年くらい前、チェンダオ鯰さんがタイの人と一緒にパイプを引き、土管を設置して作ったものだそうです。最初の2つの土管はチェンダオ鯰さんとタイの人で作りました。湯船に身体を浸すという文化を持たないタイの人達でしたが、徐々に温泉にはまる人が増えだし、そりゃあそうでしょう、ここの温泉の泉質も湯加減も最高ですから。。。タイ人有志によって、土管湯船が少しずつ増えて行ったんですって。

411_03_56温泉無しでは生きていけない。。。もうはまってしまって抜け出せない地元タイの方。

511_03_58この一人用の土管湯船がたまらなく良い!ちょうど良い大きさで何だか落ち着くんですよね。手前はけんいち、奥の人が、チェンダオ鯰さんです。

211_03_53ぽことチェンダオ鯰さんの奥さんのデュアンさん。

611_03_59温泉や滝など水辺でゆっくり遊んで、ゴザを引いて食事を楽しむのががタイのスタイルということでした。

素晴らしい温泉でした。正直、タイにこんな良い温泉があるのは驚きでした。チェンダオに行ったときはまた入浴したいと思います。

チェンダオ鯰さん、良い温泉案内してくれてありがとうございました。

 

»