ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


カンニャ温泉 スリランカ (2013年8月2日入浴)

カンニャ温泉 スリランカ (2013年8月2日入浴)

●温泉名

カンニャ温泉

●場所 行き方

より大きな地図で カンニャ温泉 を表示

トリンコマリーの手前8キロ地点に看板がある。1キロ進む(南下する)とカンニャ温泉がある。

●入浴日

2013年8月2日

●料金

50スリランカルピー(約40円)

image_008_08_36

トリンコマリーに至る国道A12号線沿い8キロ手前にある温泉入口の看板です。ここから温泉までは1キロ。

image_108_08_36

土産物屋が並んだ先がカンニャ温泉入口のゲートです。車の駐車場は手前にありますが、バイクは中まで入っていけました。

image_208_08_37

ここで入浴料金を支払います。image_708_08_38

外国人は50ルピー(約40円)、スリランカ人は10ルピー(約8円)でした。

image_608_08_38

たくさんの人で賑わっていました。四角形の井戸のようなところが6つあり、そこから温泉が湧いていました。残念ながら、この四角形の囲いは湯船ではなく、ここから桶で温泉をかぶるしかないようです。同じく南国のインドネシアでは温泉に浸かるという文化がありましたが、ここスリランカではかぶるということにとどまっているようです。

image_408_08_37良質の温泉がどんどん湧きだしてくるのに、湯に浸かれないとは日本人としては残念な気がしますが、

image_308_08_37

スリランカで温泉をかぶって味わえるだけでも、ありがたいことかもしれません。

image_508_08_38

スリランカ人の中にも、温泉をかぶるのが目的でタオルやら石鹸やらを準備をして来る人もいれば、見学がてら足や手に湯をつけるだけで喜んでいる人と2通り居ました。スリランカでは、温泉が湧いているところが少ないので、ここも観光地のひとつになっているのかもしれません。

私はというと、もちろん腰巻を巻いてザブンザブンと豪快にかぶってきました。湯の温度は43度~44度くらいでした。湯を舐めてみましたが、特徴は感じませんでした。単純泉かもしれません。

スリランカで温泉に来れたことに満足してトリンコマリーへ向かいました。

« »