ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


19日

羽鳥湖スキー場 2021年2月18日

大寒波で悪天候ということは分かっていたので、いつかは行ってみようと思っていた、氷の神殿とも言われている旧栗子峠のトンネル、二ツ小屋隧道へgo!のはずでした。
が、大寒波で国道4号線は早朝から大渋滞・・・

とりあえず、すき家須賀川店で朝飯食べながら家族会議。今日は、移動距離を極力少なくしてこの大寒波の良い面を楽しむべし。と、大人の結論。
幸い、木曜日は地元天栄村のグランディー羽鳥湖スキーリゾートのシニア・レディース半額デー。

5時間券1550円を2人で購入。シニア2枚と注文せずに何故かシニア1枚、レディース1枚と注文していたが・・・値段は一緒なので・・・


正直、スキー場って1日中滑るのは自分には無理!景色が変わらないんで飽きてしまいます。スキーも練習しようとか、滑り方を向上させようという気はあまり無いです。旅気分なので、あっちのコース、こっちのコースとオリエンテーリング的な楽しみ方をするんです。全コースを滑り終えて、スキー場の地形を認識できた時点で、ああ、こういう場所にこういう感じでコースを切り開いたんだということが分かったら、もうお腹いっぱいという感じになってしまうことが多いんです。たまに、非圧雪斜面に軽~い雪が降り積もってると、何度も同じところを滑ることもあります。そういう意味では、今日は珍しく同じ気に入った斜面を何度も滑りました。

猪苗代スキー場は急斜面の底なし沼のようなパウダーが楽しかったけど、やっぱり太ももへ負担が大きかったです。一生懸命滑らないと負けちゃうから・・・羽鳥湖は斜度が緩めなんですよ。だから、気合を入れずに立ったままのような疲れないポーズで、♪時の流れに身を任せ~♪みたいに滑れるのが良かったです。

ぽこゆうこ、滑走ちゅう。

それと別件ですが、最近、無駄な時間って駄目みたいな風潮ありますが・・・リフトに乗ってる時間って良いですね。まあ無駄と言えば無駄じゃないですか。滑るという目的のための数分間のい無駄な時間。でも、この無駄な感じが良いんじゃないかと改めて感じましたよ💛

10本ほど滑ったあとは白河へ出て、最近好評なえびまさへ。かなり美味しいラーメンを追求されてますが、やはり自分は「2代目今の家」の味のはうが好みかなぁと再認識。

猪苗代スキー場 2021年2月17日

大寒波到来でとても山へは行く気にならず、今季は平日無料開放の稲苗代スキー場へ。
相当軽い粉雪がどっさり降り積もっていて、底なし沼のような急斜面を滑れば、ターンのたびに頭上まで舞い上がるスプレー!素晴らしい粉雪を堪能できました。

今日はひとりで話し相手もいないので、スマホであいみょんを聞きながらの粉雪三昧でした。

喜多方ラーメンとミニソースカツ丼セット。リフトが無料なので、せめてもと1200円をスキー場に落としてきました。味も悪くなかったです。