ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


01日

安達太良山 2021年2月1日

このところ、運よく休みと天気のタイミングが合っています。今日の安達太良山も雲ひとつ無い快晴です。勢至平の積雪量も増えたかなと思って行ってみると、うるさくない程度の藪で一安心。抜けると目の前には矢筈森と振子沢が見えてきます。だいぶ仕上がった感じですね。気持ちよく滑走できそうです。

峰の辻まで登って来ました。目の前が安達太良山頂です。

私が目指すのは安達太良山頂ではなく、こちらの矢筈森。

矢筈森に登りながら、安達太良山を振り返ったところ。

矢筈森のドロップポイントに到着しました。

滑走する側の反対側は絶壁で、その向こうには鉄山が見えます。

矢筈森からの滑走。
曲がりにくいちょっと難しい雪質でした。

矢筈森から烏川右股の源頭部に刻んだシュプール。
天気に大満足できたし、雪質が滑るには難しい雪なので、おかわり滑走はせずに、そのまま下山しました。

今日のGPSトラック。

山伏岳 2021年1月28日

泥湯温泉の朝食。

今日は、泥湯温泉から山伏岳を目指します。温泉旅館が登山口って良いですよね。

目指す山伏岳が見えてきました、が、昨日の雨で雪質が最悪、ガリンガリンです。山頂までは行かず、安全第一で今日は偵察に留めることにします。

東の方に、八幡平が見えてきました。

今日は標高1100M地点で終了。ここからはシールを外して下山です。

意外とアップダウンが多くてめんどくさい山です。雪が良ければそんな印象払拭できるんですが、雪がガリガリ君だと欠点が目についてしまいます。

ようやく、泥湯温泉へ帰ってきました。

4日間のコロナ禍での冬休みもこれで終了です。

宿のご厚意で下山後も汗を流していって下さいと、温泉に入らせてもらいました。
後はひたすら福島目指して帰るだけ・・・

山伏岳のGPSトラックです。

移動日(水沢温泉~泥湯温泉) 2021年1月27日

水沢温泉青荷山荘の朝食。今日は雨なので、山へは行かずに移動日とします。

のんびりと宿で過ごし、ギリギリの時間にチェックアウト。
横手市増田の漫画美術館へ行ってみることにします。ちょうど、矢口高雄の追悼展をやっていました。ここは矢口高雄のふるさとでもあります。

原画も展示されていました。
雪深い所で育った矢口さん、雪景色の絵が絶妙に巧いしリアルだなぁと思いました。

まんが美術館の内部。

お昼は稲庭うどんの老舗、佐藤養助へ。
久しぶりに食べましたが、やっぱり美味しいです。

今日は泥湯温泉に泊まります。

夕食も豪華でした。山の中ですが、wi-fiもつながります。

森吉山 2021年1月26日

駒ケ岳温泉の朝食。とっても美味しかったです。時間も色々選べて便利。私たちは7時に食べてすぐにチェックアウト。今日は森吉山を目指します。

森吉山は10年ぶりです。山頂に立ってはいますが、やはりホワイトアウトでどんな山だったのかの記憶はかなり曖昧です。

昨日の秋田駒に比べると天気は薄雲りで今一つですが、視界が効くだけ良しとしたいと思います。

阿仁スキー場トップから登り始めます。

森吉山の山頂が見えてきました。なだらかな山容です。樹氷で有名な山ですが、暖かい日があり雪が落ちてしまったのは残念です。又、ここ数日降雪が無いようで、雪質が固めな上、足跡だらけ・・・

避難小屋です。こんなんだっけ?と10年ぶりなので・・・

標高を上げて行くと、しっかりとした樹氷原が広がっていました。

岩木山がしっかりと見えます。遠くまで来ているんだと実感。その他、八甲田、岩手山などもはっきりと見ることができました。

樹氷原の間をぬって、山頂へ向かいます。

森吉山の山頂到着!
薄曇りながらも、360度の展望に大満足です。

場所を選べばまっさらな雪を滑ることもできました。見た目とは大違いでなかなか滑るには難しい雪でした。それも、山スキーの面白い所ですが・・・

動画です。

森吉山のGPSトラックです。

今日は水沢温泉の青荷山荘に宿泊。