ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


03月

西大巓BC 2020年3月23日

グランデコスキー場にやってきました。コロナウイルスで騒がれている割には、平日なのにお客さんでいっぱいです。というか、コロナだからこそ、オープンエアーで楽しめるスキーやボードが人気がでてるのかな?
福島県はコロナ感染者は現在2名。一人はクルーズ船の下船者。もう一人は大学に内緒でエジプトのナイル河クルーズに参加して感染した70代の女性教授。東京あたりからもお客さんの来るグランデコなので念のため、ゴンドラではなくてリフト利用でゲレンデトップまで上がることとしました。

標高を上げるに従い、太陽は隠れてしまいガスの中へ。

ニセ大巓が見えるころには、雪まで降ってきました。それより、問題はこのモナカ雪。下りが思いやられます・・・

南斜面。このあたりは樹氷の美しいエリアなのですが、すでに融けてしまいました。

もう、健康のための体力づくりと思って、展望のない中、山頂を目指します。

山頂到着。雪の状態がモナカなので、東斜面を楽しめることは無く、視界もあまりない状態。後は、シールを外してスキー場に安全に下るだけです。

モナカ雪は曲がりません。それが問題。というか、樹林帯ではかなり危険なんです。斜めに切りながらジグザグに直滑降を繰り返し、繰り返し、何とかスキー場にたどり着きました。

まぁ、こんな日もあるんですよ。あんまし良くないかな~と予感しても、やっぱり行っちゃうのが自分流。これでいいのだ!

今日のGPSトラック。

帰りに、磐梯熱海の味噌屋にてラーメンを食べました。ここは大のお気に入りの店。
今日は味噌屋ラーメン大盛味玉にチャーシュー4枚トッピングしました。

その後、郡山温泉で汗を流し、寝湯の露天風呂にて1時間ほど読書。
本が大好きなんですよね~。温泉の後は、郡山のブックオフでまた10冊ほど仕入れておきます。
常時、未読の本が10冊以上はないと不安になってしまうんです。

海外を8年以上も旅していたときは、日本人旅行者を見つけては本を交換したり、同じ本を何度も読み返したりでしのいでいました。そういう経験があるものですから、好きな本を好きなだけ読める状況、日本で働き日本で生活して、日本で日本語の本が読めることだけで幸せだと感じることができます。

湯殿山BC 2020年3月19日

晴れました!快晴です。道の駅寒河江で車中泊して、朝食はすき家。志津温泉は8時に出発。車は私たちの他に5台ほど。分岐からはシール登高とします。

ネイチャーセンターの横を通って行きます。

目の前には真っ白な湯殿山が見えます。しばらくは沢沿いに登って行きます。

今日はゴールデンウイーク並に暖かいです。帽子も手袋も脱いでしまいました。

沢を渡ってからは緩やかなブナ林を登って行きます。

登り詰めて行くと、やがて森林限界を越えて青と白だけの世界に。

稜線に出るとさすがに寒いので、ジャケット、帽子、手袋が必要になりました。

手前が湯殿山の山頂です。遠くに見えていたけど、大分登って来ました。

それにしても、雲一つない天気。

山頂付近から、東斜面を滑降したシュプールが1本ありました。

湯殿山の山頂に到着!やったー!イエィ!
後ろの山は月山です。

眼下には湯殿山の麓にある湯殿山神社がはっきりと見えます。

山頂で昼食を取った後は滑降開始。私たちは南斜面を滑ることにします。

雪は重くて滑りにくいけど、何しろ天気が良いので気分は最高です。

南斜面に2本のシュプールを刻む私たち。

滑ってきた湯殿山の南斜面。

大斜面を楽しんだ後はブナ林を滑ります。これもまた楽しい。

ネイチャーセンターまで戻ってきました。

一日中天気が良くて素晴らしい湯殿山のバックカントリースキーとなりました。

湯殿山BC動画です。

湯殿山BCのGPSトラック。

下山後は寒河江の「みいずみ温泉吉乃ゆ」で汗を流しました。

帰宅途中の夕方、小腹が減ったので赤湯辛みそラーメン龍上海で辛みそラーメンを食べました。相変わらず美味し。
で、米沢からは高速に乗って午後6時半に帰宅。

山寺 2020年3月18日

蔵王の刈田岳へ登ろうと、ライザスキー場で天気の回復を待っていたものの、一向に良くならないのであきらめて蔵王温泉に予定変更。上湯共同浴場に入ることにします。

誰も入ってなくて貸し切りでした。新鮮な硫黄泉が嬉しいです。本当は入浴料200円なんですが、去年、蔵王温泉の旅館に泊まった時にもらった無料券があったのを思い出しました。車のダッシュボードに入ってました。思いだして良かった良かった。

その後、山形市内のケンチャンラーメンへ。太めの麺に魚介系スープが絡んで美味しかったです。

その後は山寺へ久しぶりに行ってみることにしました。

サルがいっぱいいて写真を撮ると威嚇してきます。怖かったなぁ。

岩山にへばりつくように祠のようなものがたくさんありました。何だか去年行ったブータンのタクツァン僧院にそっくりだなぁと思いました。

一番てっぺんから山寺の集落を見下ろします。朝よりは天気は回復して来たみたいです。明日は晴れてほしいです。

明日は湯殿山へバックカントリースキーに行く予定で、今日は道の駅寒河江で車中泊です。

安達太良山BC 2020年3月13日

今日はぽこゆうこの誕生日。スキー場の雪はすっかり融けてしまい、コロナで人ごみにも行きたくない。やっぱり山しかないので近場の安達太良山へ。雪不足で登山口からシール登高できずに、スキーを背負って出発進行!

橋の上の雪も随分少なくなりました。

馬車道をショートカットする夏道の登山道をスキー担いで登って行きます。

勢至平の手前でシール登高にしました、勢至平を突っ切る夏道は藪で前々回に懲りているので、くろがね小屋の手前から振子沢に沿って登って行くことにします。

木々が少なく、雪で埋まっているので楽ちんでした。

振子沢を登り詰めていきます。雪面が固いのでスキーアイゼンも使いましました。

くろがね小屋から峰の辻への夏道に合流しましたが、夏道は無視してそのまま振子沢を矢筈森に向けて登って行きます。急登なので雪質によってはシールが効かない時もあるこのルートですが、今日は何とかなりそうです。

矢筈森へ向けての急登。がんばって登ります。

ここが矢筈森。スキー登山の場合、安達太良山の山頂はここ。冬場は矢筈森ばかりで、ほとんど安達太良山の本当の山頂へ登ることはありません。矢筈森からは烏川右股、振子沢とスキーに適した長い滑走斜面が広がっています。いつ行っても誰も居ない、雪質も最高、福島県のバックカントリーの聖地みたいなところです。



矢筈森に到着。ここでランチ休憩をして、いよいよ、烏川右股源頭部をスキー滑降します。

安達太良山の沢源頭部のBCスキー動画です。

滑ってきました~!やっぱり最高ですねBCスキー!一日一本快適なスキーが滑れれば良い、そのために何時間もスキーを担いで山を登ることもまた楽しい、そんな感じです。

峰の辻から安達太良山の山頂を望みます。ここからは振子沢を滑って下ることにしましょう。

例年より雪不足とは言いながらも、安達太良山頂付近では素晴らしいスキーができました。でも、馬車道の半分から下まで滑って来るともうダメです。再びスキーを担いで下山することにします。

今日のGPSトラック。

ぽこゆうこの誕生日でもあるので、下山後は福島県の高湯温泉たまご湯旅館に泊まることにします。

部屋も広々。なかなか落ち着けます。

温泉はもちろんグーですが、雰囲気もグーですよ。

温泉に浸かって、浸かって、癒されて・・・
また明日も頑張ろうという気持ちになりました。

晩飯も美味しくいただき・・・

朝飯も美味くて・・・納豆をかき混ぜるけんいちです。
このあと、高速乗って出勤しました。雪焼けで顔が真っ赤なのは毎年のこと・・・

やはり、福島は住みやすいです。緩く仕事しながら、ガッツリ趣味を楽しめる、結果、豊かな人生が歩める気がします。

スダレ山BC 2020年3月4日

今日は那須のマウントジーンズスキー場から、中の大倉尾根を登ってスダレ山まで行ってみようと思います。

すでにガスっているので、スダレ山までは行けないかも。

やはり、雪は少なめ。

両脇の笹は埋まり切ってないのでなるべく夏道に沿って登って行きます。

登って行くと、風も強くなり、ガスも濃くなってきました。

スダレ山の手前で撤退することにします。

上の方は藪の埋まっているところも多く、それなりに滑ることができました。

笹を避ければ何とか滑れるけれど・・・

雪がもっとあればなぁ・・・

マウントジーンズスキー場はゴンドラにペットも乗れます。犬と一緒にスノーシュートレッキングをしている方がいたので、写真を撮らせていただきました。

下山後は那須湯本温泉、小鹿の湯へ。

ここ、お気に入りの温泉です。

白河へ移動し、あずま食堂でワンタンメンを食べて帰宅。

今日のGPSトラック。

安達太良山BC 2020年3月3日

今日明日と連休だけど、天気予報がぱっとしないので、近場で遊ぼうということで近場の安達太良山へ来てみました。雪が溶けて減っているかな?と心配していましたが、逆に少し増えていました。

橋を渡るところ。この辺りは晴れていたのですが。

勢至平まで登ると、風も強く、行く手は白いガスに包まれています。

くろがね小屋が見えてきました。

くろがね小屋の手前まで来ました。今日はここから、夏道を外れ、振り子沢を登ってみようと思います。

振子沢には雪がたっぷり溜まっていて、楽に登ることができました。帰りも快適に滑ってこれそうです。

峰の辻まで登ったところでホワイトアウトになってしまいました。ここから沢の源頭部まで登りつめると快適なスキーができるんですが、視界が無いのでは無理です。今日は、ここで撤退することにします。

登山口のスキー場まで降りてくると晴れていましたが、やっぱり山頂方面は雲に覆われていました。

お昼を食べていなかったので、下山後、郡山のタイ料理店「ライタイ」でクァイティアオ(米の麺)を食べました。タイの人がやってるので味は本格的。700円ほどで食べられます。

郡山温泉で汗を流して帰宅しました。

今日のGPSトラック。