ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2020年

刈田岳 2020年12月23日

日本海側は雪が多すぎてラッセルが辛そうなので、今日は宮城蔵王へ。登山口の澄川スキー場です。空はどんより・・・

リフトを3本乗り継いで、シールを貼って登山開始。今日はG3のファインダー86の板を使います。センター幅が100以上の板も持ってますが、最近はほとんど使わなくなってしまいました。86ミリで充分です。ターンの終わりで沈み込んだら、次のターンでちょっとジャンプしてまた雪面に上がれば良い。100ミリ以上の太い板でずっと浮いたままもいいけど、86ミリで浮き沈みするのも、いとおかし・・・

エコーラインに出ました。ミヤコーバスの大黒天停留所。

エコーライン沿いに行けば山頂まで行けたと思うけど、それも何だかなぁと思って、尾根に上がって刈田岳目指すも、1650Mあたりで本格的に真っ白で何も見えなくなってきたので撤退することにしました。

無事下山。次は温泉とラーメンかな?これでいいのだ!

今日のGPSトラック。

安達太良山 2020年12月22日

連休は月山方面へ行こうと考えていましたが、雪が多すぎて皆さん引き返していたり、人海戦術でラッセルしてもやっと姥沢までたどり着くような感じみたいなので、逆に雪が少なそうなところを狙ってとりあえず家から近い安達太良山へ偵察。

スキー場はオープンしていないものの、雪はたっぷりとありました。スタッフの都合もあるでしょうから、雪が降ったからと前倒しでのオープンは難しいのでしょう。

橋の辺りは約50センチ程度の積雪。
今日は新調したウロコ板で登ってみましたが、急坂はやはり登れないのですぐにシール登高に切り替え。

馬車道を登ります。スノーシューの足跡があり、ラッセルも無く楽ちん。雪もたっぷりなので、帰りもスキーで最後まで滑って来れそうです。

勢至平との分岐です。天気が好転してくれないかなと思いながら進みますが・・・

くろがね小屋が見えてきました。ガスはどんどん濃くなってきました。

くろがね小屋を眼下に見ながら急斜面をキックターンで登りきったあたりからは、雪が飛ばされ固くなっていて、岩も所々出ていました。下りはスキーを傷つけないように注意しないと・・・

峰の辻まで登りましたが、完全にホワイトアウト。下りはボーゲンで安全第一で視界の効くところまで降りました。
馬車道まで戻ってからは快適な林道滑走を楽しみ下山しました。

今日のGPSトラックです。

グランデコ登り 2020年12月18日

どっかーん!と来ましたねぇ。グランデコスキー場の朝8時半の光景。良いですねぇ、西大巓も西吾妻も真っ白です。スキー場の積雪情報では今朝は80センチとのこと。動いてるリフトは一番下の1本のみ。積雪量は充分でも客足が伸びる土日まではリフト一本でやりますよ、ということのようです。今年は1回券が600円もするので、望むところじゃ!ということで1回券を購入して登山開始!

第2リフト区間は一応圧雪されてましたが、リフトが動いていないので誰も居ません。ここが所謂デコ平と言われている地名の場所で、スキー場の名前の由来もここにあります。傾斜も緩く楽々と登れました。これが、ラッセルだったらかなり辛かったかも、ありがとう、圧雪車!

第3リフトトップまではラッセルとなります。かなりの積雪量があることが確認できました。

第3リフトトップからは山に入って行くことにします。雪の量は1メーター越えです。今夜からまた降るようですし、豪雪の隙間を付いて来れて良かった、良かった。

笹はまだ出ているものの、スノーモンスターの大きさは厳冬期並!

結局、山道を100メートルほど進んでみましたが、木の枝や笹が沈み切ってないまま、1メーター越えの雪がふわりと積もっている状態でラッセルも沈みすぎて超疲れるし、下りも枝が危なくて滑れないという印象。安全策でシールを貼ったままスキー場のリフトトップに戻ってきました。
板を外すと膝上まで雪に潜ってしまうような状態でした。

まぁ、山は滑れなかったけど、とにかく降ってくれて良かった!今後もどんどん降ってほしいです。

後は、スキー場の非圧雪エリアを気持ちよく滑らせていただいて・・・

やっぱり、深雪滑りは気持ち良いですね!スキーの楽しみはやはり、登り9割(イメージを盛り上げながら雪質を味わい、下りを想像しつつ踏みしめる喜び)、その代償として、ほんの1割、短い滑降ですべてが報われ幸せになれるという感覚を思い出せました。
圧接バーンに戻った途端、テンション下がってもう帰ろう、と思っちゃいました。

今日は、登り返したりせず、午前中にスキー場を後にして福島市へ。味噌ラーメンがおいしいと評判の「紺や」へ。辛子味噌ラーメンが美味しかったです。

飯坂温泉で汗を流した後、福島市の山のお店teku_teku(てくてく)へ行って、ウロコ板をピックアップしてきました。今回の新板はヤフオクで見つけた、マズシャスのウロコ板です。懐かしいセミダブルキャンバー。20年ぶりのウロコ板、どんな風に登れるのか、滑れるのか、楽しみです。

テレマーク最初の板は今から20年以上前に買ったブラックダイヤモンドのポーラスターという2メーター以上の細長い板でブーツはイタリア製の革靴でした。

バックカントリー以前に、ゲレンデを滑ることすら難しいのでシーズンパスを買って、この板を乗りこなしたいと試行錯誤していたものでした。

今のように、インターネットも無かったので私は、テレマーカーに5年くらい一人も会うことなく、一人で修行僧のようにどうやったら滑れるようになるか、あぁでもない、こうでもないと試していました。

テレマークスクールなどがあることも知りませんでしたので、誰にも習わずに20年以上自己流でやって来てしまいました。

その後は、フラット板とプラブーツで長年やってきました。今、ビンディングでの革命が起こっていますねぇ。NTNと3ピンという対極の選択肢があるテレマークスキーの自由さって良いですね。

NTNよりウロコに興味津々な今日この頃っす。

天元台スキー場 2020年12月5日

今季の初滑りは12月5日の天元台となりました。
四季の中ではダントツ冬が好き!という全国の山スキーバカの皆さま、あけましておめでとうございます。今季もどうぞよろしくお願いします。いや~ワクワクしますねぇ。単に、2本の板に乗っかって雪の上を滑るだけなんですが、悩みも何も吹っ飛んでしまうくらい気持ち良い。

原点は駄菓子屋で売っていた、長靴に2バックルくらいで括り付ける30センチくらいのミニスキーです。今はあまり見かけませんが。危険すぎて発売中止にでもなったのでしょうか?
あれでアスファルトの上に積もった雪だろうが、木々の込んだ山道だろうが、どこでも滑ったものです。

なまじ、スケートが盛んな土地で育ったため、氷とスケートはコントロール下に置いていましたが、おもちゃのミニスキーは、スピードも行きたい方向もコントロールが難しく、乗りこなせないじゃじゃ馬的な魅力に満ち満ちていました。

スケートは決まりきった枠内をグルグル回るための道具ですが、スキーというものはスキー場というものは一応あるものの、どんどんコースからはみ出して、山を越え谷を越え、どこまでも自分の足で自由に旅をできる道具なのだという感覚を、小学生の時の遊びの中のミニスキーで獲得したんだと思います。まさにスキーの原点ですよね。

自転車とか、バイクとか、車とか、カヌーと同列にスキーがあるんだと思います。
酒を飲みながら書いてるんでツイツイ熱く語ってしまいました。

今年は雪が多く寒そう、という噂が流れてますが、出足は鈍く、豪雪地の月山あたりでもまだまだ、去年より少ないというレポを見ています。本番はこれからなのか・・・頼みますよ!

天元台もオープンしたとは言いましても、一番下のリフトを動かしてるのみで、とても、バックカントリーのツアーへ行こうというほどの雪は積もってません。

古いK2 の板で滑って正解でした。所々雪が少なすぎて滑走面に傷が付いてしまいました。2年前に買ったG3の板だったらショック~となっていました。
毎年、雪不足の時期に頑張ってくれ!K2のBack Up!
圧雪車が入れないほどの雪不足。なので、ゲレンデは降ったまんまのパウダースノー。板に傷がどんだけ傷ついてもOKなので、初滑りからパウダーなの?これでいいの?これでいいのだ?っと最初の数本はウハウハで滑っていましたが、そのうち、雪面が荒れてくると、テレマークではちょっと難しい感じになってきて、ボーダーとか、ゲレンデスキーヤーが難なく滑れる斜面も、自分的にはタジタジになってきて、気持ちがブルーになる前に終了!

結局6本くらい滑ったのかな。もう、お腹いっぱいです。そう、私は登りが好きなのであって、滑りはほんのついでなのだと自分に言い聞かせつつ、荒れたゲレンデにおさらばしたのです。

私は天元台サポートクラブのメンバーなので、メンバー向けの食事券でカレーを無料喰いして退散することにしました。コロナ禍のため、リスク軽減のため、温泉も入らず帰宅することにしました。

大滝根山 2020年12月4日

今日は、阿武隈高原最高峰の大滝根山です。

明るいブナ林の中、標高を上げて行きます。

標高を上げるにつれ、枯葉の上に薄っすらと雪が乗っていました。

山頂近くからの展望。樹氷で真っ白です。

樹氷を間近で見ると、木々の小枝に雪が付いていてとてもきれい。

山頂は神社になっていますが・・・

阿武隈高原の最高峰ということもあり、、航空自衛隊の分屯基地ともなっていて、大きなレーダーもありました。

今日のGPSトラック。

このあと、人気のラーメン屋「さんくるげ」に行ってみるも12時前にもう売り切れで閉店するところでした、残念。これで3回振られました。次回はもっと早い時間に行かねば。

で、須賀川に戻って角田製麺でにんにく味噌ラーメンを食べました。こちらも、美味しいからまあ、良しとしましょう。

川桁山 2020年11月29日

1度目は登山口を探すうちに時間切れで撤退。
2度目は途中で雨が降ってきてやる気がなくなり撤退。
今回は3度目の挑戦の川桁山。

リステル稲苗代辺りに車を停めて、林道をしばらく歩くと登山道の表示がありました。林道が荒れているので、普通車でここまでアクセスすることはできません。

しばらく急登を登り詰め尾根にでたところです。

山頂に続く尾根歩き。後ろを振り返ったところ。会津の1000Mより上はもう冬でした。

尾根歩きを続けると、標高1413Mの山頂に到着。

猪苗代湖が見えました。
雪を踏みしめながら黙々と歩くだけで楽しい休日。日曜日ですが、Go to川桁山だった人は私を含め3名のみだったようです。

川桁山のGPSトラック。標高差880M、往復11キロ。雪もあったのでなかなかの登りごたえでした。次回は周遊ルートで登ってみたいです。

下山後は、磐梯熱海のお気に入りラーメン店「らーめん工房味噌屋」で。ここの味噌ラーメン、本当に美味いです。今日は「味噌屋ラーメン大盛にたまごトッピングの餃子セット」で1300円。美味しいものを食べて明日からまた頑張れそうです。

日曜日ということもあり、コロナ禍のリスクを考え、温泉はパスして、NHKラジオの聞き逃し「山カフェの田部井淳子特集」を聞きながら、家のお風呂に入りました。

宇津峰山など 2020年11月23~24日

今日は近所の宇津峰山へ。

天気も良く、気軽に登れる山、勤労感謝の日で休日なので家族連れで賑わっていました。

1時間ほどで山頂到着。
この日は慰安旅行に招待されていて、奥土湯温泉の川上温泉旅館へ向かいました。

ここが川上温泉旅館です。

半洞窟風呂。

翌日は喜多方市の人気ラーメン店「喜一」へ。塩チャーシュー麺を食べました。

その後は、新宮熊野神社、長床の大イチョウを見物に。大半が落葉してしまっていましたが、地面が黄色で綺麗でした。

その後、帰宅途中に急に胸が苦しくなり体中が痙攣発作を起こし、県立医大会津医療センターへ緊急外来受診。担架で運ばれていろいろ検査をしているうちに1時間弱で元に戻って、そのまま帰宅となるハプニングがありました。

滝川渓谷 2020年11月19日

家の周辺の紅葉は終わってしまったため、県の南部、茨木県境に近い矢祭町にある滝川渓谷を目指します。でもその前に、塙町にある薬王寺薬王堂の大イチョウをみていくことにしました。半分くらい落葉していて上も下も黄色で見ごたえありました。

薬王堂には何故か、左右対称の「め」の字が。

滝川渓谷に到着。片道3キロの遊歩道沿いには渓谷と滝が連続していて、まるで、青森の奥入瀬渓谷の様です。県民愛からか、こっちの方が綺麗なようにも感じます。

遊歩道のゴール地点には、実は別ルートで車道が通じていて蕎麦屋があります。奮発して天ざるを注文。美味しかったです。紅葉見物とセットでここの蕎麦を食べる人が多いみたいで、賑わっていました。

帰りも紅葉と滝を楽しみながら3キロの道を戻りました。

霊山 2020年11月3日

高い山の紅葉はもう終わってしまったので、標高825Mの霊山だったら良いかも?と行って来ました。9時に登山口に到着してびっくり!
駐車場はすでに一杯で、警備の方が混乱しないよう1台づつ路駐へ誘導しています。そういえば、今日は文化の日で祝日だったんだと気付きました。

安達太良山などに比べ、標高も低く気軽のハイキングできて、今が紅葉の盛りの祝日となれば、そりゃあ混むよな、とガッテン!
とは言っても山道に入れば人で一杯という感じはせず、のんびりと歩くことができました。

岩がゴツゴツしているのが霊山の特徴。

岩の中を通て行く場面もありました。
表側は派手な岩山、後ろ側はゆったりとした森、天気も良く爽やかな秋の山歩きを楽しめました。
今日のGPSトラック。

お昼は福島市のラーメン屋「こばや」でにぼ玉中華そばを食べて、岳温泉に浸かって家に帰りました。

安達太良山 2020年10月13日

10月中旬の安達太良山の紅葉は見事なんだけど、なかなか天気とのタイミングが難しいです。今日も時間短縮のため、ロープウエーを利用して奥岳まできましたが、下は晴れていたのに、山にはガスがかかっていました。

時々、薄明かりがさすタイミングを見てシャッターを押しますが、これだけの紅葉を前にするとやっぱり青空が欲しい、残念です。

望遠で滝を狙いました。
赤が多いのが、安達太良の特徴。磐梯山も綺麗だけどあっちは黄色が多い気がします。

平日で天気はガスなのに、ハイカーでいっぱいでした。さすが、紅葉の名所です。

山頂もガス。

強風の馬の背を過ぎて、矢筈森へ。いつもスキーで滑る斜面がこんなにきれいに紅葉しています。

勢至平は前回、道が荒れていてストレスだったので、今回は小屋経由で下山。くろがね小屋周辺の紅葉も綺麗でした。

くろがね小屋を振り返ります。

天気に恵まれず、残念でした。

郡山のらぁ麺おかむらで食べてから帰宅しました。