ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


10月

ベトナムの旅 その1 2019年10月7日

今日から5日間のベトナム旅行です。約4年半ぶりのベトナムです。成田空港発なので、昨日のうちに千葉の実家に犬のユキを預けて車中泊。今朝9時半成田発ハノイ行きのベトジェットエアに乗り込みます。航空運賃はオプションの食事代など、全て込みでひとり往復27000円ほど。最近は本当に安く行けるようになりました。

ハノイの空港に午後2時ころ到着。今日中にサパまで行きたいので、ハノイ市内へは向かわず、ミーディン・バスターミナル行きの市バス109番を待っているところ。30分くらい待っているとようやく市バスがやってきて出発。運賃は8000ドン(40円)と安くて喜んでいるのもつかの間、車掌がスマホでベトナム語を英語翻訳した画面を見せます。何事かと覗いてみると、「CAR BROKEN」の文字。運行途中にバスが故障してしまったようで、皆ぞろぞろと下車することに。日本語の話せる乗客(写真のマスクをした青年)が乗っていて、しかもラッキーなことに行き先は私たちと同じミーディン・バスターミナル。案内してくれるとのこと。別のバスに乗り換えて無事に到着できました。

サパまでのバスのチケットはすぐ買うことができました。4時半出発でひとり26万ドン(1300円)。小腹がすいたのでフォーでも食べようと思ったのに、バスターミナルに食堂などは無し。屋台のバインミーを食べることにしました。

相変わらずバイクでいっぱいのハノイを抜けてバスは走ります。

サパまで同じバスで行くのかと思っていたら、さっきまで乗っていたバスはハノイ郊外までのピストンバスで、郊外からサパまではこの寝台バスに乗り換えるようです。

日本ではあまり見かけることのない寝台バス。ほぼフラットになり、wifiも飛んでいて快適です。

サパには夜10時近くに到着。宿もなかなか快適そう。

町のレストランは閉店してしまったので、商店でビール、スkナック菓子、カップ麺などを買ってきて無事到着を乾杯して1日目は終了しました。

安達太良山 2019年10月2日

今日は安達太良山です。朝から快晴!最近バイクが多かったけど、下山後温泉に入るのが面倒になってしまったり、移動にも体力を消耗するので、今回は楽にキャラバンで移動です。朝7時前に家を出発、本宮市の「松屋」で朝食を摂り、あだたらスキー場の登山口へ。登山開始しようと思って車内を見てみると、ザックを忘れてきたことに気づきました。買い物用の手さげ袋に、食料や水などを入れて出発。

小一時間で奥岳まで登ってきました。ここまで来ると、ロープウエー利用の人もたくさん居ました。私も手さげ袋なので、見た目はロープウエー派ですね。

標高1500M付近の安達太良山直下付近の紅葉が始まっていましたがメインは黄色。赤がきれいな安達太良の見ごろはもう少し先になりそうです。

矢筈森付近の紅葉も始まりました。

山頂への中腹で小休止。この辺りは紅葉の真っただ中。

黄色・・・

赤・・・
色鮮やかです。

安達太良山の頂に着きました。平日というのに大人気。

沼ノ平の爆裂噴火口。

鉄山を眺めながら、カップ麺とおにぎりでランチタイム。

勢至平経由で下山します。矢筈森の振子沢も紅葉が始まっていました。厳冬期は山スキーで滑るお気に入りの斜面。

下山して岳温泉の「空の庭リゾート」で汗を流し、歯科受診して帰宅しました。歯ブラシで歯垢は取れてもプラークは取れないのでメンテナンスしてもらってます。老人ホームのスタッフになり、歯の重要性を痛感するようになりました。今では出勤バックにも歯ブラシを忍ばせ、1日3回歯磨きをしております。

今日のGPSトラック。
たまーに山に来た人なのでしょう、今日のビールは旨いぞ!などと話されているのを聞きながら・・・運動は麻薬なんだろうか?と考えてしまいました。
自分には足りないんですね、もっと激しい運動を求めてしまいます。ヘトヘトになりたいという欲求があるけど歩いても歩いても疲れないので、時間が足りないというのが今の状況です。