ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


09日

富良野岳 2019年2月6日

今日も天気は風と雪。十勝岳は昨日偵察し、吹きっさらしの雪が全て飛ばされていたので、行き先を変更して樹林帯の多い富良野岳に行くことにしました。車は十勝岳温泉と吹上温泉の分岐に停めてスタート。


川を渡ってから樹林帯に進んでいきます。雪質は軽くてフカフカで期待できそうです。


どんどん標高を上げていきます。


樹林帯を抜けます。


樹林帯を抜けると疎林になってきましたが、風でフカフカの雪は飛ばされてしまっていて残念。滑りはこの辺りから下でないと楽しめないかもしれません。


さらに標高を上げていきます。行く手はホワイトアウト、雪質はガリガリ、風も強くなってきたので、この辺をドロップポイントとします、標高は1420M。


樹林帯まで降りてくると、軽いパウダーが待っていてくれました。白樺が美しく、やはり本州と違うな、という感じ。


川まで戻って昼食とします。富良野岳へ山スキーに来ているのは8割が欧米人でした。白銀荘に戻ってスタッフに聞いてみると、ニセコなどでは5,6年前から外国人が増えていたけれど、白銀荘には去年あたりから外国人が来るようになったということでした。やはり、北米やヨーロッパより雪質が良いので山スキーヤーが北海道に集まってくるのでしょう。


車を停めた場所まで車道脇を戻ります。


戻ってきました。展望はなかったけど、パウダースノーに大満足でした。


午後は白銀荘から、昨日も登った三段山へ行ってみることにします。天気も少し良くなってきました。


十勝岳と三段山の分岐で記念撮影。


三段山を滑り降ります。


これで、今回の北海道での山スキーは終了です。天気には恵まれませんでしたが、気温が低かったので、北海道らしいパウダースノーを堪能できて良かったです。また、来年の冬も来たいと思います。明日は雪祭り見物のため、札幌へ移動します。


白銀荘の温泉棟、いったいどれだけ雪が積もっているのか。


今日の富良野岳と三段山のGPSトラックです。


富良野岳の動画です。