ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


03日

安達太良山 2019年1月2日

裏磐梯の雪はかなり増えて山スキーシーズンインとなりましたが、安達太良山はどれくらい雪が増えているのか気になり、行ってみることにしました。朝7時の安達太良山麓です、山頂付近には雲がかかっています。


登山口でもある安達太良スキー場に到着。気温が低く、ここ数日降雪が無かったためか、雪はガリガリ。そして、風が強いです。スキー場でこれだけ風が強いと山頂は踏めないだろうと思いました。


さて、気になる雪の量ですが、スキー板を傷つけずに滑るだけの量はかろうじてある程度でしょうか。


馬車道ルートを進んでいきます。人気の山だけあり、しっかりとトレースが付いています。馬車道をショートかットする登山道に入ると、雪の量が少ないため、木の枝でルートに段差が付いていたりして、スキーでの登高がしずらい場面もありました。


勢至平まで登ってきましたが、かなりの強風です。山頂方面はガスっていて真っ白です。


勢至平の分岐点です。右のルートはくろがね小屋、左は山頂直登ルートです。左へ進むことにします。


こちらのルートに入るとトレースも乏しくなりました。まだまだ雪の量が少なく、木々の枝がうるさくて登るのに苦労します。踏み抜きもありますし、あと1メートルは降ってくれないと、登りは良くてもスキーで安全に滑るのは難しいと思いました。


雪の量と強風を考慮し、勢至平の半ば、標高1400Mポイントから撤退することにします。下りもくろがね小屋との分岐までは、シールを付けたまま降りることにします。


先ほどのくろがね小屋との分岐まで戻ってからシールを外しました。帰りは馬車道でスキーが良く走ってくれて楽しめました。直滑降ばかりでしたが、それでも山のスキーは良いものだなぁと思いました。


今日のGPSトラックです。


下山後は岳温泉の「岳の湯」で汗を流してから帰宅しました。