ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


12月

高旗山 2018年12月15日

日に日に寒くなってきています。若い時に比べれば体力は落ちているとはいえ、山の中で1日8時間くらい行動する気力と体力はまだ持ち合わせているつもりでいます。ところが、その山まで長距離を車でドライブしようという気力は年々落ちているような気がします。山形にドカッと雪が降ったのであれば、出向いて大好きな山スキーを楽しんでも良いなと頭の隅を思いがかすめても、実際には長距離ドライブがおっくうで行動できない・・・

というわけで、今日も近場で低山ハイクです。向かった先は郡山市の高籏山。土曜日というのに登山口の駐車スペースには車が1台も停まっていません、今日も貸し切りのようです。避難小屋などで見知らぬ人と酒を酌み交わすような山旅も好きですが、誰にも出会わないような山旅の方が自分は好みかもしれません。


駐車スペースのすぐ脇に鳥居があり、ここから歩いていきます。先日の女神山はシャーベット雪でしたが、今日は気温が0度くらいと低めなので、雪の感触もさらっとしていて歩きやすいです。


登山口の案内板。ここは、大都市郡山市郊外のお手軽ハイキングコースです。


積雪量は10センチくらいと多くはありません。贅沢を言えば、もう少し多い方が雪道散歩としては楽しいのですが、贅沢は言っていられません。


今年は我が家の裏でも熊が目撃されました。人間に見られただけで狙撃の対象となってしまうなんてひどい話ですよね。いったい日本人は何様のつもりになってしまったんでしょう?この辺の熊たちは無事に冬眠できたのでしょうか?


雪の感触はやっぱり良いものです。これからしばらくは雪の季節、休みの度に雪遊びができるかと思うと明るい気分になってきます。


尾根に登れば、緩やかな散歩道が頂上まで続いています。気温が低くて汗もかかず、快適に歩いていけました。


山頂直下の神社です。


標高968Mの高籏山の頂。


猪苗代湖が見えます。


山頂からは遠く、わが天栄村の二岐山が見えました。反射板のある手前の山は須賀川市の笠ケ森山。


今回のGPSトラックです。


せっかく、郡山市まで来たので、下山後の昼食はお気に入りラーメン屋の「ケラン」。こってり肉醤白麺と餃子にしてみました。美味しかったけど、次回はやっぱり定番の普通の醤白麺かポロネギ味噌にしようっと。

食休みにセブンイレブンの駐車場でコーヒーを飲みながら1時間ほど読書。山崎淳司著
「みんな山が大好きだった」を読了。

岩瀬悠久の里で温泉に浸かっていたらもう日没、冬はあっという間に一日が過ぎてしまいます。



女神山 2018年12月12日

今日は女神山へいくことにします。まずは川俣町の月舘神社へ、ここが登山口となります。


薄っすらと見えているのが女神山です。


女神山の案内板がありました。


雪が積もっていますが、ビシャビシャのシャーベット雪。登山靴では濡れてしまうので今日は長靴で登ることにしました。


さらに、山道へ入っていくと、もう、雪も雨も上がっているのにボタボタと雪解け水が降ってきます。これも想像していたので傘をさして登っていくことにします。


傘と長靴のおかげで、こんなコンデションでも濡れずに登っていけます。ガスっているので周りの景色は見えません。


ついに、標高599Mの女神山山頂に到着。晴れていれば川俣町が見えるのでしょうが、今日は真っ白で何も見えなくて残念。


今日のGPSトラックです。


福島市へ移動。水曜日は飲食店は休業日が多いのですが、中華そば屋佐藤は営業していました。はじめて入店します。白河ラーメン系のようです。


焼豚ワンタン麺に半熟煮卵をトッピング。なかなか美味しかったです。

その後、テレマークブーツを預けていた登山用品店「てくてく」へブーツを引き取りにいきました。そろそろ、雪も降ってきたのでいつでも出動できるようにしておきます。注文しているスキー板はまだカナダから届かないのだそうです。残念。

土湯温泉のこけし湯に寄ってから帰宅しました。



丹波楯山 2018年12月8日

今年はやはり暖冬なのでしょうか、車も11月中旬からスタッドレスタイヤに履き替えて、いつでも雪が降っても良いように準備していたのに、一向に降りません。この文章を書いている12月9日の朝は、天気予報によると雪景色になるかなとも期待しましたが、葉っぱの上が薄く白くなっている程度で道路には全く雪が積もっていませんでした。というわけで、なかなか山スキーモードになれず、今回も低山ハイキングとなります。福島100名山にも入っていない丹波楯山という天栄村の山です。最初は林道歩きです。

 

農業用貯水池まで林道が続き、ここからは山道となりました。

 

地味な山ですが道はしっかりとしていて歩きやすいです。

 

道標にみちびかれながら山頂を目指していきます。

 

小一時間で山頂に到着してしまいました。標高はわずか562M。

 

須賀川市街の眺め、左奥は郡山市へと街並みが続いています。

 

下山後は西郷村のお気に入りラーメン店「二代目いまの家」。今日は味噌チャーシューメンをいただきました。何を頼んでも旨い店です。はやく大雪降ってほしいなぁ・・・

 

 

 

木幡山と旗祭り 2018年12月2日

木幡山の旗祭りは、950年間毎年とり行われてきた歴史的お祭りです。日本三大旗祭りのひとつでもあり、12月の第一日曜日がその日です。福島へ移住して10年以上知ることもなくすごしていましたが、2年前の秋に木幡山という地味な山を登ったとき、この祭りのことを知り、次回はぜひ、祭りの日に登山したいと思っていたのですが、今日、実現しました。午前9時、旗が木幡小学校に集結して出立式が行われているころに私たちも会場に到着しました。

 

お決まりのお偉いさんの挨拶はつまらないので、後方のテントを覗いてみると美味しそうな豚汁が100円!

 

雲一つない快晴ですが、気温は3度と低いです。豚汁あったまりました、美味しいですね~。

 

旗祭りにくっついていても退屈なので、私たちは勝手に木幡山ハイキングに出発することにしました。祭り自体は旗を持った人々が練り歩き、最後に木幡山中腹にある隠津島神社に旗を奉納するというものらしいので、どこかで、帰りにでもすれ違えれば良いかなというスタンスです。写真奥は安達太良山ですが雪は例年に比べ少ない感じです。

車道をしばらく歩くと隠津島神社一の鳥居が現れました。

 

さらに山道を進んでいくと、やっと木幡山駐車場に到着。前回はここから登り始めたのでした。

 

しばらく登ると展望台に到着。二本松の平野と安達太良山が遠望できます。まだまだ雪が少ないです、早くたっぷりと降って欲しいものです。

 

進んで行くと三重塔が見えてきました。

 

前回来た時も、こんな何もないところに何故、立派な三重塔や神社があるのか不思議に感じました。950年続く信仰の山だということが良いくわかります。山形に羽黒山がありますが、ここはそのミニ版のようなものかもしれません。

 

ユキがにいちゃん早く来い!と呼んでいます。最後にはバテて抱っこされる羽目になるとは知らず、やる気満々のダメ犬であります。

 

木幡山の中腹にある隠津島神社です。

 

山の中にあるにしては、曲線美の素晴らしい立派な神社です。

 

隠津島神社から先は本格的な登山道となります。しばらく登ると経塚群がありました。岩にお経が彫られている宗教遺跡群です。

 

更に進むと標高666Mの木幡山頂です。展望はありません。

 

下山は別ルートを辿りました。ここは羽山神社。大きな岩があるだけのようですが、旗祭りの重要な中継地のようです。

 

こちらは胎内くぐり。結構狭くてくぐれなかったらどうしよう?と心配になり試せませんでした。運動神経の良い小学生向きかも・・・50代にはちょっと辛いかな。

 

下山していると、下から旗祭りの行列が上がってきました。まるで、タイムスリップしたような風景です。こんなことが950年も毎年宇繰り返されていたんですね。

 

行列は、なぜか酒臭いのですが、美しくもありました・・・

 

12月の第一日曜日は福島県二本松市の東側、東和地区の更に田舎、木幡山の旗祭りへ行きましょう!950年続いているって凄いですよね。

 

 

今日歩いたGPSトラック。約11キロ歩いて良い汗かくことができました。

 

お昼ご飯のタイミングを逃してしまいました。14時ころ国道4号線沿いの東京豚骨ラーメンという店で食べました。味はまあまあ。