ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


12日

台湾機車旅游(台湾ツーリング) 2018年10月4日~9日 その3

10月7日

 

ルカイ族の村「霧台」で迎える朝、道路にまたがる宿2階の渡り廊下から村からの眺め。

 

早朝の霧台を散策してみることにします。今日は朝から良い天気です。

 

昨日は村で結婚式がありました。これは花嫁さんが乗る籠です。道端にまだ置いてありました。たくさんの百合の花が添えられていますが、百合はルカイ族にとって特別の意味があるのだそうです。

 

坂道の多い村ですが、道はしっかり石板で整備されています。

 

壁に描かれたルカイ族。

 

村の高台から朝日のあたる霧台村を眺めます。

 

いったん宿に戻って小休止。

 

7時半ころ、朝食がてら今度は霧台村の下のほうへ歩いていってみることとします。

 

これは村の学校、とても立派です。

 

こちらは村の教会です。

 

村の一番下まで降りた街道沿いの食堂でサンドイッチと缶コーヒーで朝食。2人で135元(約540円)。

 

英語で注文するもなかなか通じず、食料品を行商するトラックの台湾人のお姉さんに通訳してもらい何とか朝食を頼むことができました。

 

食堂の前にもルカイ族が描かれていました。みなさん頭に百合の花を付けて踊っています。

 

朝食を食べた後はまた坂道を登って宿へ戻ります。石板つくりの伝統的家屋。

 

宿周辺まで戻ってきました。

 

宿に戻って渡り、2階の渡り廊下から村の様子を眺めていると、教会へ向かう人が多いようでした。そういえば、今日は日曜日です。

 

9時にバイクに荷物をくくりつけて出発準備。今日は霧台をでて台南に戻らなければなりません。

 

9時からルカイ族のくらしを紹介する博物館がオープンするというので見ていくことにします。博物館の女性は流暢な英語を話しました。

 

博物館に展示されていたルカイ族の民族衣装の女性の写真。

 

お土産屋があるわけでなし、食堂と民宿が数軒あるだけの村ですが、9時を過ぎるとさっそく団体の観光客がわらわらと増えてきました。私たちは夕方から翌朝までの静かな村の様子を見ることができましたが、日中はかなり混雑するのかもしれません。

 

山の中の霧台からバイクでクネクネ道を降りていきます。

 

天気も良く、快適なツーリング。

 

道はしっかり整備されていて快適ですが、ガソリンスタンドがなくてだんだん不安になってきました。

 

 

 

選挙ポスターがでかいですね。原住民系の候補者のようです。

 

三地門まで降りてから、再び山の中の多納村を目指します。多納も原住民の村ですが、6年前は台風の影響で道が通行止めになっていて行けなかったので今回のリベンジとなりました。

 

霧台への道に負けず劣らず、多納への道も絶景が広がっています。

 

多納村が近づいてきました。ここは古戦場だったところのようです。

 

多納村が見えてきました。

 

ガソリンタンクがやばい状態なので、多納村でガソリンをさがしてみると、食堂でペットボトルに入ったガソリンを売っていることがわかり、バイク2台でボトル2本購入することにしました。1本1500mlで100元(約400円)は一般の倍以上の値段ですが、この際しかたがありません。売ってて良かったです。

 

ちょうどお昼時だったこともあり、ガソリンを買った食堂でお昼ごはんにすることにしました。

 

子供たちは英語も日本語もわからないのですが、おばあさんが日本語を話せたので助かりました。終戦までの50年間、台湾では日本語が話されていたので年配者は日本語のわかる方が多いんですよね。また、終戦後も原住民の間では、多民族との共通語として日本語が使われていたこともあるそうです。

 

汁麺、野菜の味噌炒め、焼肉で260元(約1040円)。かなり美味しかったです。

 

これが焼肉。

 

汁麺。

 

野菜のみそ炒め。

 

多納では温泉を楽しみにしていたが、今は無くなってしまったようです。やはり台風で流されたのでしょうか。多納から山道を降りて茂林の町へ。ここは冬場に蝶が越冬しに来る町で有名なんだとか。

 

昨日と同様、午前中は快晴なのに午後になると雲が出てきました。台南へ向かって走っていきます。

 

高雄市郊外まできました。田寮月世界という観光地へ来ましたが、しょぼくてがっかり。

 

山の奥からとうとう海岸まで降りてきました、台南はもうすぐです。

 

台南市の海岸部に広がる安平地区に寄り道します。バイクを路駐して散策してみました。

 

安平古堡はオランダ統治時代の城だったところで、安平一の観光地。

 

棟に登って台南の街を眺めます。ツーリングのゴールまであとわずかです。

 

安平古堡の周辺は縁日のようなにぎやかさでした。

 

懐かしい手動のパチンコも子供たちに大人気。

 

夕方6時、台南のレンタルバイク屋へ無事到着。

 

今回のツーリングルート。

2日間での走行距離は291キロ。

 

今日も鉄道旅館に宿泊。晩飯はビールを飲みながらゆっくり味わいたいので、今日も弁当です。今日、あたらしい台湾語を覚えました。テイクアウトは外帯(ワイダイ)といえば通じるようです。

 

台式滷排飯の弁当と魚丸湯をテイクアウト。95元(約380円)。

 

長い一日が終わりました。明日は台北へ戻ります。