ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


19日

朝日連峰縦走 3日目(2018年9月14日)

狐穴小屋二泊目の朝、今日も良い天気です。小屋の2階の窓から以東岳が良く見えます。朝食はコーヒーとドライカレーとフォーでした。

 

今日は山形県を南北に連なる朝日連峰を南へ進みます。目指すは大朝日岳です。写真は狐穴小屋から歩きだして、北の以東岳方面を振り返ったところ。

 

北寒江山まで登ると、今日向かう行程が良く見えます。連なる尾根の一番先にあり、ひときわ目立つ三角形の山が連峰最高峰の大朝日岳です。残念ながら南の空は薄曇りです。

 

寒江山から北の稜線を振り返ると、まだ以東岳が大きく見えていました。

 

寒江山から西へ伸びる尾根。一番高いピークが相模山で、標高わずか1590Mなのにこの迫力は雪深い東北ならではでしょう。

 

寒江山から南へ伸びる稜線。北を見ても南を見ても、登山者は誰も居なくて山を独り占めしているような気分。

 

読書とケーナ演奏をしながら、さらに南へ南へとのんびりと歩いていきます。時間はまだまだたっぷりとあります。

 

タカネマツムシソウが所々に咲いています。

 

竜門小屋が見えてきました。

 

昨日も同じような天気でしたが、お昼近くなるとガスがでてきました。さらに南へ歩を進めます。

 

今頃なぜイワカガミ?6月から7月ころの花なんですけどね、なぜか一輪だけ咲いていました。

 

西朝日岳の手前で昼食休憩とします。メニューはラーメンです。

 

お昼ころになるとリンドウも開いてきます。この青色は何度見てもきれいな青だと思います。秋にしか見られない青です。

 

西朝日岳到着。大朝日岳はすっかりガスに隠れてしまいました。

 

大朝日岳へ向かって進んでいきます。

 

大朝日岳と避難小屋はガスの中ですが、鞍部から東(写真で左)へ入ったところが金玉水という水場になっています。避難小屋へ行く前に金玉水で3,5リットルほど水を汲んでおくことにします。

 

金玉水付近は水が豊富に湧き出ており、食虫植物のモウセンゴケもたくさんありました。

 

大朝日小屋に到着。昨日おとといは静かな山を楽しめましたが、この小屋は宿泊者が20名ほどと大盛況でした。人が多いと大分山の雰囲気は変わりますね。なぜ、朝日連峰でこの周辺だけ人が多いのだろう?とすごく不思議でしたが、よく考えてみた結果、大朝日岳が日本100名山になっているからなのかもしれないと思いました。

 

今日のGPSトラックです。