ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


04日

一切経山・東吾妻山 2018年6月3日


1週間前にも犬連れで浄土平周辺へ来たばかりですが、イワカガミだけでなくチングルマも咲き始めたとのこと、天気が良さそうなので森林限界を気分よく歩きたいことなどの理由から再び浄土平周辺ハイキングです。今日は、一切経山や東吾妻山にも登ってみる予定です。いつものようにウサギ平駐車場から浄土平へ入りました。山肌の雪解けもずいぶん進んでいます。

 

木道を歩いていると、先週はほんの少ししか咲いていなかったイワカガミがたくさん咲いていました。季節はどんどん進んでいるようです。

 

浄土平のイワカガミ。私の大好きな山の花です。

 

まとまって咲いているのもありました。

 

背が低いのでぶれないように撮影するのはちょっと大変です。おまけに、最近老眼でピントが合ってるのかどうか見えにくくなってしまいました。

 

このような群落がいくつもありました。

 

酸ケ平への登りは一部雪渓が残っていました。1か月半前はここでスキーができたのに、もうだいぶ雪が解けてしまいました。

 

酸ケ平到着。今日は風もなく快晴、一切経山へは問題なく行けそうです。

 

酸ケ平避難小屋周辺にはミツバオウレンがたくさん咲いていました。

 

一切経山への登り。振り返ると酸ケ平と鎌沼、今日登る予定の東吾妻山が見えました。

 

一切経山は火山なので、標高を上げるにつれ草木の育たぬ荒涼とした風景に変化してきます。眼下に吾妻小富士の噴火口も見えます。

 

一切経山の山頂に着きました。頂きからは、別名、魔女の瞳とも呼ばれる五色沼が望めます。今日は天気が良いので魔女の瞳の色も鮮やかで綺麗でした。

 

一切経山からはもと来た登山道を酸ケ平まで戻り、鎌沼経由で姥ケ原へ向かいました。姥ケ原ではチングルマがたくさん咲いていました。

 

チングルマです。

 


姥ケ原からは東吾妻山へ向かいました。雪解けと共に一斉にショウジョウバカマが咲き始めていました。

 

もうすぐ東吾妻山の山頂です。

 

山頂付近にはアズマシャクナゲが咲いていました。

 

東吾妻の山頂で昼食休憩とします。風もなく良い天気です。

 

山頂南側の湿原。山のこちら側は訪れる人も少なくとても静かです。

 

1時間ほど昼寝することにしました。

 

ひどい藪の道を景場平へ向けて下っていくと、マルバスミレが咲いていました。

 

雪解けの水で靴がドロドロになりながら歩いていきます。4月中旬ころ山スキーで来たときには、こんなに藪だというのを想像できませんでした。雪が無くなると景色が一変してしまうものだなぁとびっくりです。エンレイソウも咲いていました。

 

景場平湿原に到着。奥に見えるのは高山です。藪と泥は嫌ですが、好天の日曜日というのに空いているのが不人気ルートのありがたい点です。

 

景場平を過ぎるとオオカメノキも目立つようになってきました。

 

ウサギ平駐車場まで戻り、今日のハイキングも終了です。近くにはサンカヨウが咲いていました。

 

今日のGPSトラックです。約13キロの散歩でしたが天気も良くたくさんの花を見て楽しむことができました。