ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


14日

ひたち海浜公園へ 2018年4月13日

数年前から行ってみたいと思っていた「ひたち海浜公園」のネモフィラ畑、やっと行くことができました。例年だとGWころが見頃なのに、桜同様に見頃が前倒しになっているようです。いつもの年なら、今の時期は休みといえば山スキーに忙しいのですが、今年は早めの花々の開花とは裏腹に磐梯吾妻スカイラインの再開通は4月8以降、雪のため延期されています。スキーがダメならネモフィラだ!と行くことにしたのです。

我が家からひたち海浜公園へは110キロの距離。信号も少なく渋滞とも無縁の国道349号線の快適なドライブでした。最近人気があるようで平日というのに、9時半の開園とともにお客さんでいっぱいになりました。国立の公園なので入場料も450円とリーズナブル。土日は相当混みそうですね。

 

ペットも入場OKとのことで、愛犬連れの方々もいっぱい来ていました。そういう私たちもトイプードルのユキと一緒に行きました。ユキはぽこゆうこのお母さんの飼い犬でしたが、お母さんんが2月に他界して以降、我が家に引っ越して来たのです。

 

2人と1匹で公園内を歩きます。青空だったこともあり、人の多さは置いておくにしても、まぁ、素晴らしい風景が続きます。普通の観光地に比べると、やたらと良いカメラを持っている人が目立ちました。中には、髪の毛をネモフィラ色に染めたすごいカメラ機材を持ったおじさんが居たり、妖精のような恰好をしてモデル気取りに自撮りされている女性がいたり、50センチ以上もある大きなフィギュア越しにネモフィラ畑を撮っているオタク系男子が居たり、普段ひっそりとした山の中で休日を過ごしている我々にはびっくりすることばかりでした。

 

3匹の真っ白なピレネー犬。フランスとスペインの国境、ピレネー山脈からようこそ日本へ。秋田からも世界中へ子犬が旅立ってますものね。

 

菜の花とのコンストラクトもグー。

 

ネモフィラを間近で見るとこういう感じです。この時期、その辺の野原で見られるオオイヌノフグリを園芸用に改良して大きくしたのがこのネモフィラらしいです。オオイヌノフグリは直径5ミリ程度ですが、ネモフィラは20ミリくらいの大きさです。

 

ネモフィラ以外では、今の時期はチューリップが満開でした。

 

昼食は常陸太田市のココスで食べて、矢祭町の温泉に浸かって帰宅しました。こんな休日ばかり過ごしていると身体がなまってしまいそう・・・ガッツリ運動したいです。