ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


08日

雄国山(中止) 2018年3月8日

今日は雄国山だということで家を5時に出て車でラビスパ裏磐梯へ向かいました。ラビスパからは7時12分発の路線バスに乗って裏磐梯レイクリゾート(旧裏磐梯猫魔ホテル)へ。

 

ホテルからは8時30分発の無料シャトルバスがありますが、待ち時間が50分あるので読書タイム。それをみこしてそれぞれ読みかけの文庫本を持ってきました。

 

8時30分発のバスが来ました。これで猫魔スキー場へ向かいました。

 

登山届を出し、登山用リフト券を買っていざリフトに乗ろうとしたら、今日は強風のためリフトトップまで行くことができるリフトは運休とのこと。登山届を出した時に言ってくれよと思いましたが、確認しなかった自分たちの責任です。仕方なく中腹まで行くリフトに乗ってから斜面を登り始めますがご存知の通り猫魔スキー場の地形は奥に行くほど急斜面になっています。その上、コース横の林間でも吹きっさらしのためガリガリに凍っています。何とかリフトトップまで登ったときには既に10時になっていました。予定では雄国沼休憩舎に居ても良い時刻です。

今日は午後から天気が崩れるとの予報だったので、早めの行動をしなければと心掛けていたのにいきなり出鼻をくじかれました。何だか天気も前倒しで崩れ始めて来ているようでもあります。

車をラビスパに置いて来ているので山を中止するとすれば、バスの本数も少ないので、かなりの距離(あとで測定したところ12キロと判明)をスキー靴で車道歩きしなければならない覚悟が必要です。

延々と車道をスキー靴で歩く不快で退屈だけど安全な道を選ぶのか、時間に追い立てられながら天気が悪天へ向かうのが確実な山を進むのか、同じラビスパへ戻るのならスキーだと滑れる分山の方が楽かもしれないという考えも過りましたが、手堅く山を中止することを決断しました。

 

思った通り、スキー場からホテルまでのシャトルバスは午後からしかありませんでした。スキーは重いのでスキー場に置いて後からピックアップすることにします。後からストックは杖代わりに持って来ても良かったかな、なんて思いながらてくてくとラビスパ目指して歩いていきます。

その後、1時間ちょっと歩いた雄子沢の手前付近で運良く路線バスが来たので手を上げて乗車。止まってくれてありがとうございますと言ったら、いえ、ここは自由乗降区間ですからと言われました。まあ、良かった良かったとラビスパへ11時30分頃戻ることができました。

 

その後、距離を計測しながら車で猫魔スキー場でスキー板をピックアップ。そして、道の駅猪苗代で昼食。軽食コーナーでソースカツ丼とラーメンを食べました。どちらも540円。

 

温泉は磐梯熱海温泉の八景園へ。

まぁ、こういう日もあるよね、という一日でした。