ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


04日

大白森山 2017年12月4日

大雪が降れば裏磐梯の西大巓にでも山スキーに行こうと思っていたけれど、降らなかったので近所で数年前から気になっていたルートの偵察に行くことにします。四季の中では冬が一番好き、なぜならスキーが大好きだから。でも、スキー場で滑るのは嫌い。と、何とも面倒くさそうな領域に足を突っ込んでしまって20年、その道のガイドブックに載っているルートを辿れば満足感のある山旅が楽しめるのは確かだけれど、地味で誰も来ない静かな山旅というのもなかなかグーというもの。さて、目に付けていたこのルートはどんなもんでしょう。出発地は甲子峠です。

 

甲子トンネルを越えた会津側に車を停めて、旧甲子峠を歩いて登って行きます。

 

甲子峠が見えます。ここから遥かかなたに見えますが距離は6キロ先のはず、1時間半も歩けばたどり着けるでしょう。

 

廃道となった林道を登って行きます。石がゴロゴロしているわけでもありませんから、どこに足を置こうかと思い煩うこともありません。傾斜も緩いので息があがるわけでもありません。ただ淡々と進んで行きますが、これが大変心地よいです。世間ではこのようなものは登山とは言わないでしょう、では何といえば良いのでしょうか、「山のお散歩?」「山の歩き旅?」「山のぶらぶら歩き?」、まぁ、名前何てどうでもいいんですけどね。雪が増えれば帰りは滑って降りて来れそうです。

 

左側の山が目指す大白森山ですが、まだまだ先のようです。

 

甲子峠に到着しました。ここから登山道を歩いて大白森山山頂を目指します。廃道になる前はオフロードバイクで何度も来たことのある場所だし、那須連山縦走の時もここを通ったことを覚えています。

 

山道に入って最初はスキーでも登れそうな傾斜の山道でした。

 

振り返ると甲子峠の向こうに甲子山が望めました。

 

徐々に傾斜は急になり、スキーで登るのが難しそうになってきます。

 

ツボ足で登りにくい急登を標高差で100Mほど格闘した後、ひょいと山頂付近の平らなエリアへ出ました。

 

予想以上に時間がかかってしまいましたが、なんとか標高1656Mの大白森山頂到着。奥手前が小白森山、その奥が二岐山。

 

大白森山から、鎌房山方面の眺め。

 

大白森山から、那須岳方面の眺め。

 

まあ、まあ、林道メインルートなので・・・移動距離は14キロ、標高差は650Mでした。誰とも会わない禅?のような山歩きを求める方におススメかも。